フィードバックを取る時に大事なのは? | 遠隔気功師きしのWorks

遠隔気功師きしのWorks

遠隔気功ヒーラーとして活動するサブカル系クリエイターのブログです。

こちらでは、気功ヒーリングを受けられる際に

フィードバックを返してもらう事を必須としています。

 

 

理由は、ヒーリングを受ける前と後での変化に気づくことで、変化を加速させるからですニコニコ

 

では気づかない場合はどうなるの?というと、

脳のホメオスタシス(恒常性維持機能)で

ヒーリングを受ける前の状態に簡単に戻ってしまいます汗

何故かというと、脳は基本的に楽をしたがる傾向にあり、そして変化を嫌います✋🚫

また、生命維持活動としてはいつも通りの状態が最適だからです。

 

例えば、私たちは意識していなくても呼吸をし、

眠っていても心臓が鼓動を打つのが当たり前の状態です。

 

これが知らないうちに呼吸や心臓が止まったりすると、生命維持が出来なくなってしまうので、

意図的に変えようとしたり、外部から何らかの刺激でもない限り、

脳はこの状態を維持し続けるよう体に指令を出しています。

 

また、体温も通常36~36.5度ぐらいなら、それを維持するように出来ていて、

これが37度以上になると「熱がある!下げなければ!!」という意識状態になりますし

 

心拍数がいつもより早くなったり乱れた時には

薬を飲んだり休養を取るなどして、いつも通りを取り戻すとホッとしますよね。

 

このホッとする状態をコンフォートゾーン(安全領域)と言います。

 

そして、ヒーリングを受ける前というのが、現状のコンフォートゾーンなので、

ヒーリング後の変化を意識に上げないと、引っ張ったゴムを放すように元に戻ってしまいますガーン

 

ですが、こうならないための方法は2つありますウインク

 

前回の記事でも書いた「ゴール設定をする事」

そして「フィードバックを取る事」です。

 

ゴール設定をする事によって、コンフォートゾーンをずらしていく事が出来るのですが、

ここでのポイントはゴール達成をしている自分ではなく

ゴールに向かっている自分の姿に臨場感を持っている事。

 

なので、少しの変化でも意識に上げる事で、

その臨場感が高まりコンフォートゾーンが

ゴールに向かって動いていきます。

 

それは、時に薄皮をはがすような、わずかな変化かも知れませんし、タイミングによっては

明らかに分かるような変化の場合もあります。

変化の大小にかかわらず、この変化に気づく事が重要なので、

フィードバック内容は、ほんのわずかな変化であってもOKですウインク

 

ただし、「なんとなく気持ちよかった」程度では

ゴールに向かう臨場感があるとは言えないので

設定したゴールに対してどんな変化があったのか

丁寧に繊細に観察してみてください。

 

 

個人セッション受付中です!詳細はメニュー表をご覧くださいね。


ランキング参加中です★ぽちっ👇と押してもらえると嬉しいです♪ニコ

※なお、ボタン画像に何かを封入してみました。いい香りがしてきたら成功✨