DAFA ディプロマ授与式 2019.1.22 | creationdefleurのブログ

creationdefleurのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2019年1月22日フランス農水省後援・フランス国立園芸協会

DAFA資格授与式において

正式に公認プロフェッサー就任を認められました事を

ご報告させて頂きます

 

 

             DAFAの意味:

             Diplome d'Animation Florale Artistique 頭文字4つの略

             つまり、「芸術的なお花を創造する」卒業証書という事になります。

 

             此処には、フランス農水省会長、国立園芸協会会長、アートフローラル部門会長の

             サインがされており、これに私のサインを加えるのみ。 

             (サインは充分吟味してからいたします)

             

             2012年3月、DAFA1資格試験に合格して以来、私の強い目標・願いであった

             DAFA3合格を昨年6月に果たし、授与式も無事に終える事ができました。

             此処までの間、沢山の先生、友人、生徒さん、そして家族の協力と理解が

             あったからこそ叶えられた願いだと心から感謝しております。

             DAFAの卒業証書は頂きましたが、アートフローラルの美への追求は深く

             今後も自分に足りないものを補うべく、お花への勉強、探求を続けて参ります。

 

             どうも有難うございました。

 

 

                        ******************************

 

 

 

                    それでは授賞式までの道のりをご紹介しますね!

 

 

パリ入りは1月16日(水)。今回はオペラ座、プランタンとラファイエットの裏手にあるアパートメントホテル。

かなり賑やかで1月セールの真っ最中。  

朝日に恵まれるのはAM 9:00。 陽が暮れるのも早く常に薄暗く寒い月です。

近くのモノプリで食料品を買込み、キッチンで自炊をしていたので、

自分のペースを守り快適な日々でした。

 

 

             

 

授賞式で使う花材は、以前から強く希望していた「青竹」。 日本の新春を祝う門松にちなんで私の門出に合わせてみました。

大田市場でお世話になっているフローラルジャパンの店長のご紹介で

青山にある竹加工のお店を訪ね、デザインの構想や竹の素材をどの様に作ってもらうか、昨年の11月頃からスタートしました。

出来上がって来た青竹の皮は正確で薄く、しなやかで、

ほんのり青竹の苦い香りがする見事なものでした。

ただ竹やさんは、12月に門松の制作がある繁忙期。 

実際、手に入ったのが出発の一週間前というハードなもの。

 

翌日はパリ在住歴16年。講師の中村ゆみこ先生にホテルにおいで頂き、

デザインの最終打ち合わせを行いました。

 

今回のテーマは「冬の詩」

私は冬の激しいイメージ作品 ・「吹雪の旋風」をステージで、 

反対に静かなイメージ作品 ・「雪の結晶」をお出迎えのブーケを竹を使って制作します。

 

 

    

 

竹は手のひらで温め曲げると言う事を聞きますが、自然反発の力も強く、思うような流れを出すのに悪戦苦闘!!

お出迎えブーケの雪の結晶は、ゴールドワイヤ―で花びらを作り、

溶かしたグルーガンを流し込みお花を作りました。

粉雪の上をキラキラ光るバラの花にぼんやり明かりが灯っているところを表現しています。

 

しかし、問題が・・!

日本から持ち込んだお花も、凍てつく寒さで痛みが・・・・ 

翌日、ゆみこ先生とランジス市場へ早朝仕入れに行って頂きました。

 

             フレッシュなお花に恵まれました!   何故か「天ぷら」の赤ちょうちん・・?

 

                

 

順日は前日のお昼過ぎから一斉にスタート。  夕方までと時間が無いので皆さん真剣です。

当日の午前中にも準備はOKです。

 

   

 

 

 

                            22日は雪の授賞式となりました

                            まさしく「冬の詩」ですね!!

 

                           

 

                   授賞式前は何が作られているのか紙で覆われオーディンスには秘密・・

                   園芸協会会長より授与式のご挨拶がスタート

 

  

 

               最終、私のデモンストレーションが始まりました。

               無我夢中ですが、とても楽しかった気持ちです!

 

                    

 

            

             会長より直接ディプロマをひとりずつに手渡しされ記念写真

             今年は日本人3名、フランスの方おひとりの受賞となりました。

 

                

                              

 

 

夢のような嬉しさでいっぱいです!

今年からディプロマが白い額に入って

デザインもリニューアルされたようですね!

 

 

 

「吹雪の旋風」

 

 

 

「雪の結晶」

 

 

 

 

最後に・・

どんな方にも平等に誠実に優しく、厳しく

正しい意見を貫かれる強い信念をお持ちの

中村ゆみ子先生に心から感謝の気持ちをお送り致します。

 

 

 

 

 

本当に有難うございました。

 

 

 

クレアシオン ド フルールのホームぺージ  こちら よりご覧下さい

 

Cre'ation de fleur さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス