美の曲線 ホーガスカーブ | creationdefleurのブログ

creationdefleurのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

16世紀、ロココ時代のイギリスの画家

 

ウイリアム・ホーガス

 

ホーガスが美の曲線として考案したのが

S字ライン

 

「人は直線より曲線が多いほど美しいと感じる。 

 思わず目で追いたくなる様な複雑さに心魅かれる」 との言葉

 

 

フラワーアレンジにおいても

直線ばかりだと強すぎる

曲線ばかりだと、柔らかすぎてしまう。。

 

スッキリとした直線に柔らかい曲線を混ぜる事によって

作品に深みや奥行きが生まれてきますよね

 

 

この日のディプロマクラス初級レッスンは 

ホーガスカーブにアイディアを得て考案された 「S」のブ―ケ です。

 

 

 

S字ブーケの花材

最も、有名なのは「ユーホルビア」。 なかなか手に入りづらい花です。

市場へ前々からお声をかけさせて頂き入荷できる感じです。

 

他には

グニユーカリの葉など、曲がり易いモノを使います。

 

 

この日は「グラジオラス」が基本のラインに使い

彩りの花はフリージア、 フォーカルpointの花はバラ。

赤とパープルの組合せです。

 

 

基本ラインの位置と角度に最も気を使い

上と下が一直線上に繋がるように挿していきます

 

 

 

 

綺麗なカーブのラインが出来ましたね!!

 

 

クラシックスタイルは基本のラインの位置や花の挿す場所が

比較的定まっているので覚え易いアレンジなんですよ!

 

 

 

**********************

 

 

そしてロワールのお花装飾アレンジは・・

 

幾何学的なライン上にお花を挿して行く

BIEDERMEIER   ビダマイヤー              

 

 

 

この日のマルシェでの仕入れには

赤いお花しか目に入って来なかったみたいですね

 

冬=赤

 

 

のようなイメージ !!

 

 

 

 

では

またお会いしましょうね

 

 

 

************************************************

 

クレアシオン ド フルールは12月のレッスンは

体験レッスンのみ受け付けております

 

1月はフランス出張の為

1月29日(火曜日)よりレッスンスタートです

 

どうぞ宜しくお願いします

 

 

クレアシオン ド フルール ホームぺージは こちらからどうぞ

 

花束の作り方 メルマガを5日間 無料にてお届けいたします

 

ご希望の方はこちらから お名前とメールアドレスだけ明記し

お申込みくださいませ!

 

Cre'ation de fleur さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス