あの深い深い ここから這い上がれるのだろうか?と途方にくれていた精神的な落ち込みの片鱗も今は無い | 脳や身体と対話して、細胞レベルで生きづらさ・悩みを解決/心体カウンセラー™️・セラピー 武田美紀

脳や身体と対話して、細胞レベルで生きづらさ・悩みを解決/心体カウンセラー™️・セラピー 武田美紀

心・精神・体の安定は、与えられるのでは無くて自分の中に生まれるものです。
心の安らぎや健康を手に入れるサポートを心体カウンセリング™️・セラピーで行なっています。
不安や恐怖から解放されるサポートをしています。


テーマ:

つくる必要のある資料が幾つかあって

頭の片隅に「つくらないとな~」といつも薄っすらあります。

 

学生の頃はやらなきゃいけないことも手をつけなかった私は

社会に出てからは忘れていない限り締め切りは守るように大変身しました。

 

いまなど、

勤めてもいないので、

誰もその締め切りなどの管理をする他人はおらず

子供の頃の私からは もうまったく想像できない姿です。

 

学校が向くタイプと

社会が向くタイプがあるんですよね。

 

私は既に学校を卒業してからの方が人生が長いので良いですが

これが学校の方が長い社会のシステムなら

私なりの働く能力も発揮されることも少なくて

なんだかな~ と思いながら人生を過ごしているのかもしれないですね(笑)

 

そうだとしたら、それはそれで人生なんだけど。

 

学校は我慢を学ぶ場所でしたね。

社会も確かにそうなんだけど、私の場合は学校の我慢は指折り数えて終わるのを待っていたかも知れません。

私の同年代だって、社会になんか出たくない。って意見もあったし

学校卒業したらもう人生楽しいことがなくて終わりだ。なんて意見もありましたが

それを聞くたびに

学校にいてそれほど楽しいことがあったの?と思ったし

人生は長いのに、もう嫌になっちゃんてんだ。先が長いのに大変だろうな~と思っていました。

 

社会生活に夢を抱いていたわけでもなくて、少々シニカルな感じでしたが

学校よりはマシでしょ。という比較論でしかなかったんですけれど。

 

で、どうだったかというと

社会に出てからも まぁ~~~~痛いことも多かったし、大変なことも多かった。

人間関係にも疲弊した時期もありました。

 

が、

やっぱりストレスケアをするようになったら大変な事があってもまだ楽だし

性格も変わったし、価値観も変わった。

 

ホームページのコラムに書きますね。と宣言している「愛について」など

まさか自分が自分のホームページの中のコラムだとは言え

それについて書く気持ちになるなんてことはまったく想像していなかった。

 

あの深い深い ここから這い上がれるのだろうか?と途方にくれていた精神的な落ち込みなど

今では欠片もない。

 

サッパリしたもんです。

 

人は変わる。

 

最低でも 私は変わった。

 

 

 

 

友だち追加

 

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skype、ZOOM、LINEを利用したスマホ、タブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://coubic.com/takedamiki/387205

 

心体カウンセラー武田美紀 キネシオロジー沖縄・オステオパシーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス