脳と身体をつかって悩みを解決/心体カウンセラー™️・セラピー 武田美紀

脳と身体をつかって悩みを解決/心体カウンセラー™️・セラピー 武田美紀

心・精神・体の安定は、与えられるのでは無くて自分の中に生まれるものです。
心の安らぎや健康を手に入れるサポートを心体カウンセリング™️・セラピーで行なっています。
不安や恐怖から解放されるサポートをしています。

NEW !
テーマ:

星 お知らせ1 星

お知らせしていた

10月の東京での個人セッションの募集について。

お申込を頂いたので一旦募集を中断します。

 

時間調整などがつきましたら再度募集させて頂きます。

ありがとうございます。

 

星 お知らせ​​​​2 星

10/8、9の深層リンパドレナージュ 家族コース2days講座は

受講生さんを募集中です。

お金を頂く「お仕事」にしなくても、周りの方に施術したらとても喜ばれますし

施術する自分も癒されます。

 

ご参加くださいねハート

 

お申込・お問合せフォームはこちらです。

下矢印

https://goo.gl/forms/d6cOYxG1o98t9Yok1

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

沖縄カウンセリングラジオは 今回はYouTube配信復活です。

 

昨日のラジオはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=l7qkGjml-8I

 

昨日番組内でかけた曲

 

元々番組のテーマ曲にしている私が(も)愛してやまない名曲

 

 

 

どうですか!

懐かしいでしょ?口笛

 

 

 

曲を聴いていると、体が動きませんか

 

 

 

 

1年以上前に ピットブルと聞いてもピンときませんでしたが

これか! とやっと気がついたのでかけました。

私が好きなテンポと音量より 割とオーバーしてるけどたまには良いよね。

 

 

 

ご紹介が遅れていましたが7月最後の回がこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=_ktgl--7sXY

 

聞いてくださった方が、音声がブツブツ途切れるとお聞きしていましたが

まさにその通りです。

お聞き苦しいです。

申し訳ございません。

 

まだ髪を結んでいて、マッシュルームカットにする前ですねウインク

 

 

この時はこんな曲をかけました。

な、な、懐かしい?でしょ?

 

ノリがいいし口笛

 

これってかなり昔の曲よね?

 

 

 

 

 

これも名曲

声も素晴らしい!

耳障りが良い!

 

カバー曲は山ほどあれど、声と耳障りが違う(と、思う)

 

言葉がわからないのに、心に訴えかけられるようです。

 

 

 

この曲のリズム? メロディー?がたいそう大好きですが

どうやら 夜向けの曲、アーティストらしいです。汗

 

ラップは好みではありませんが、

今回のブログで紹介した曲って 結構ラップ率高い?

また、男性の高めの声は好みではありませんが、この方は色っぽいですね。

だから夜向けなのかなキョロキョロ

 

 

 

 

これも愛してやまない曲

Sting!ハート

 

 

 

メロディー好きルンルン

 

 

 

7月31日の放送の最後の曲はこれでした。

 

この2つ以外の回は、なにかと上手く連動していないようで

シェアができなくて申し訳ございません。

 

 

友だち追加

 

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込

 

https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skype、ZOOM、LINEを利用したスマホ、タブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://coubic.com/takedamiki/387205

 

 

NEW !
テーマ:

クラッカー東京で10/7、10/10に個人セッションをご希望の方はご連絡ください。

https://goo.gl/forms/d6cOYxG1o98t9Yok1

 

クラッカー10/8、9は深層リンパドレナージュ 家族コース2日間を開催。

募集はあと3名様。

将来認定セラピストコースを受講希望される方は

一度家族コースで 深層リンパドレナージュをスタートしてみてください。

 

ハートハートハート

 

難しいことばかり

額にしわを寄せて考えていませんか?

 

そんな時間も大切ですが

今日はまた笑った映画をご紹介。

 

今日はタイトルがわかっています。

 

 

 

ハハハ~ニヤニヤ と思わず声に出して笑いました。

 

茂木健一郎氏がハリウッド映画に非常に辛口なのは

この本を読んで知りましたけれど

ジムキャリーも槍玉?に上がっていました。

(正しくは、ジムキャリーが出演した映画 トゥルーマンショー)

 

 

 

しかし、笑ったわ。

 

ペンギンを秘密で自宅で飼っているジムキャリーが

「ペンギン? それって家で飼っちゃダメでしょ?」というようなやり取りの時に

 

「ハトだ」

 

と間髪入れずに答えたのを見て笑ってしまった。

 

 

違うシーンでは

「雪ネズミ」と言うあたりは 今度はそうきた!?口笛 って。

 

 

まるで正解かのような伝わり方をする多くの法則話がありますが、

何かを隠そうとすると、

嘘が嘘を呼び大変な事になるという現象は

法則認定しても良いと思うんだけどね。

 

そんなのも笑って見られるって良いんじゃないかと思う。

 

高級アパートメントの1階にコンシェルジュも

ペンギンを見てみぬふりをするにはチップがいると請求するんだけど

少ないとペンギンが見えちゃってて

チップを増やしても、(満足していないから)まだボンヤリ見えてると。

 

満足するチップを貰うまでそのやり取りを続けるんですが

これがコメディーなのかどうかとか

判断基準が厳しい方もいらっしゃるでしょうが

私は無考えに楽しみました。

 

茂木氏の本にも映画に関する価値観が書かれていました。

 

私はあんまり茂木氏のことを存知あげなかったのですが

何かと主張するというか、吠えていらっしゃるんだな~と認識しました。

私自身とは主義主張が全然違って

そこまで食いつく?ともし思う事があっても

やっぱり主張するって大切だと思うんですよね。

 

場所や環境を選ばず主張すればいいと思っている訳じゃないけど

その主張の場がブログや書籍や

コメントを求められている場だったりというのは

それを見るのも受け取る側も自由がありますものね。

 

そう、なにか少し前に

お笑いについて意見をいって、炎上したんでしたっけ?

 

炎上ってイメージしやすい言葉ですね。

 

そもそも炎上しているそれに良いも悪いも もし無くても、

炎上で 大多数VS誰か という悪役を創りだすことで正義という仮面をかぶった意識が暗躍する合法的袋叩き(そんなものはないのに、生み出しちゃう。生み出されちゃう。)かも知れない行為も

自分の背景には正義という後ろ盾がある。皆一緒だし。という他力本願をあてにしている時がありますね。

 

意見が違うということに、ド級に感情的に反応するということに

それってどうなの? と思っていた私の価値観もちょっと変わってきまして

それが個人の特質で、

その反応を起こす自分が変わりたいなら変わっていかれるのだろう。

(変わることの良し悪しではなくて)と私自身も反応が変わってきました。

 

炎上していることもテレビやSNSなどを目にしなければそれも見る機会がないですが

その正義を振り下ろしたいという欲求の対象になるのは避けたいですね。

聴いていても楽しい話じゃないし。

私に対してのご意見、ご不満の話ではなく、炎上を利用して感情の発散相手が欲しいだけなら避けたい。お断りした。(笑)

 

 

意見を言うのと、感情の発散相手が欲しいのは随分違うんですよね。

正義をバックにした感情の発散相手が欲しい時はたいてい楽しい話じゃないことが多いからね。ウインク

 

 

空飛ぶペンギンという笑った映画の話から

随分脱線しました。

 

おそまつ

友だち追加

 

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込

 

https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skype、ZOOM、LINEを利用したスマホ、タブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://coubic.com/takedamiki/387205

 

 


テーマ:

お祝いお知らせお祝い

8月後半に、京都と名古屋で

ヘッド&フェイシャル経絡トリートメント

深層リンパドレナージュ 家族コースの練習会をいたします。

 

10月8、9日は東京・文京区で深層リンパドレナージュ 家族コースを開催します。

受講生はあと3名様募集中。

 

練習会を希望される方はお知らせ下さい。

 

image

 

魚しっぽ魚からだ魚あたま 本文 魚からだ魚あたま

タイトルにも書きましたが、肝心の映画のタイトルが思い出せません。

 

アメリカ人の男性が

禅の修行をするというシーンがある映画の中で
 
禅を教えている先生というのか、師というのか、という
(日本人の設定か、中華系の設定か忘れましたが)男性に向かって
「ファーザー、ファーザー」と呼んでいました。
 
ファーザーは神父さんの呼び方ですよね。
 
そうか~~ そう呼びたくなるんだね~と笑ったし
その禅の師は
「ファーザーとは呼ばないのですよ」と教えた時の
そのアメリカ人の青年の顔・表情も笑った。
 
 
 
このアメリカ人の青年が
ストレス発散にバスケットボールばかりやっていて
禅の先生(師?)の
「君はバスケットボールばかりしていて、修行?瞑想?にさく時間が少ないのでは?」というような問い答えに
「ストレス発散にバスケットボールをしているのです。」とケロッと、胸を張って答えたんですよね。
 
そしたら
「修行とはそういうものではない」とかなんとかお答えになりました。
 
 
笑った。
 
禅の修行をしているとストレスが溜まる。
だからバスケットボールをしてストレス発散をしている。というその異文化の思考と価値観と、
それに答えた映画の中のその師の顔・表情が傑作でした。
 
この禅の師は、
この青年がなにをやらかしても、にこやかというか
ちょっと困ったような笑顔で会話をして指導するんですが
素晴らしい演技で笑えました。
 
タイトルが思い出せないんだけど
時々これを思い出しては、クスクス心の中で笑います。
 
 
 
 
 

友だち追加

 

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込

 

https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skype、ZOOM、LINEを利用したスマホ、タブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://coubic.com/takedamiki/387205

 

 

 
 

テーマ:

この記事は「こすも」のサイトの記事のシェアです。

https://cosmos358.amebaownd.com/

 

 

魚しっぽ魚からだ魚あたま

 

実は前回の記事はもっと長い文章だったのですが

ふいっと消えてしまいまして

その消えた後半は書き加えずにアップしました。

 

消えてしまったそこには、

チャネリングやリーディングってそんなに必要なのかな?

ということや

メッセージってそんなに頻繁に必要なの?

という従来からの疑問点を書いていました。

 

というのも、

メッセージを受け取るということと、自分の思考から発していることと

この2つに違いがあるということにしますと

そこには、自己との分離、解離という現象をちゃんと考えた方が良いと思えるようなケースが多いと思っているし

これとは別で、解離の進行したケースで明らかな数名の性格が内包しているようなケースですと

自己の思考というものも捉え方によってはその行動をとる根本原因によっては

一層分離と解離が進みます。

 

メッセージを受け取る

チャネリングする

リーディングするということよりも

それを控える方が精神の健康には近道だというケースも多いと感じている。

 

こんなことが、現在(以前からの考え方だけど、将来変わる可能性もある)の私の信念?方向性?です。

 

アカシックレコードを読む必要があるのなら、もう読んでいるだろうし

読むために能力開発だ!ということよりも、メンタルヘルスケア・ストレスケアが結局近道だろうし、

なんならそういった事をやめて、人生を大切に生きることについて意識を向けた方がいいとも思える。

 

アカシックレコードを読めても、人格者になるわけじゃない。

不思議全般な仕組みがわかっていても、人格者とは限らない。

 

かえって、「知っている」というその自己認識が面倒なことに繋がる時がある。

 

知っている。ということは(自分は知っているという認識をすることは)、別に選ばれていることじゃないと思う。

そう思っているのは「自分」だし、

アナタ知っていますね。というのは、相手がその分野について正しい情報というものがあるのならば、その量が不足しているだけだろうし。

 

そして、こういった「知っている人」「知りたい人」という関係は

バランスが悪いとコントロールと洗脳ということになったりするんだけど、「知りたい人」がそもそもコントロールされたい、染まりたい。という心理があると当面は続く。

超強力バイアスがかかるから、熱病みたいなその状態が冷めるまでは続く。

 

その信奉したくなるその方も

知っていると認識していることを、それが本当か精査せずに盲信しているだけかもしれないし、

大抵は本当だと思っているから信じるんだろう。

信奉しても別人格だから同一化するわけじゃない。

 

 

あってもいい、ないかもしれない。

という私の現在のスタンスですと、

「ある」とするには自分なりのハードルがあるし

「ない」とするのもわかりやすく説明してもらえると助かります。(笑)

 

前回、

 

脳内映像のジャンルが変わってきた。と書きましたが

あぁこの映像のジャンルは懐かしいなぁ と思うような体験をする時もまだあります。

 

先日も施術中にトンネル状のものが登場しました。

 

真っ白いトンネルが向こうの方に登場

 

 

しばらくして(この間数分)ふと気がついたらその中に施術ベッドごと私もクライアントと一緒に入っていました。

(実際にはそんな白いトンネルは現実にはありませんから、私の脳内映像の話です。)

その中に入っている最中に

「あぁ これはトンネルじゃなくて、MRIの時のような検査器械かな~」と浮かんで、

その後には、「検査とかじゃなくて、SF映画に出てくるような『そこに入ると治っちゃう手のアレか』」なんて頭によぎりました。

 

この映画の中にも、あったようなね。

(他にもSF映画の中にはこの手のマシーンは多いですが)

 

これは巷に言われているアカシックレコード云々とは趣が違っているようにも感じますが、

答えはないので「体験記」の箱に入れておきます。

 

 

 

 

 


テーマ:
出先のスマホでは
リンクが探せませんでしたタラー

録画はしたので、
それが無事アップされたらリンクを後ほど貼りますが
今日は関東の女子大生さんが
インターンシップでいらしてました。

そして、ご出演。

人生初の公共の電波での声出しという
ハレの良き日、良き時間に立ち会いました。


可愛かったな〜〜ニコニコ




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス