必殺事業仕分け | クリエイジ コラム ◆ 一週一冊良い本を読もう ◆
2009-10-23 10:00:03

必殺事業仕分け

テーマ:制度
 予算の無駄を洗い出す鳩山政権の目玉組織「行政刷新会議」は22日、11人の議員が初会合を開いた。12月までに4回開催する予定である。約30人の民主党議員で作る3つのワーキンググループも設置され、一般会計と特別会計をあわせた207兆円の約3千事業(事業平均7百億円)のうち240事業について、事業目的の妥当性、財政資金投入の必要性、手段としての有効性や効率性、優先性などを検討する。そして廃止や一部見直しなどの「事業仕分け」を情報公開のもとで11月中に行ない判断基準を作り、残りの事業にも適用する。
 約3千事業のABC分析による行政の無駄削減と分析過程での情報公開により国民にすべてがオープンになることを期待したい。ただし業務改善改革には事業仕分けだけでなく組織再編やIT投資が必須であり、その視点でのチェックと改善を是非お願いしたい。

(推薦書籍)
行政の解体と再生-ニッポンの“公共”を再構築する
行政改革 新版
生活者起点の「行政革命」
非営利組織の成果重視マネジメント-NPO・行政・公益法人のための自己評価手法
地方自治体行政情報システム再構築のための最適化マニュアル-あなたの自治体はこれでIT化は大丈夫
公務改革の突破口-政策評価と人事行政
公会計改革-ディスクロージャーが「見える行政」をつくる
民間を超える行政経営-住民基点と使命中心の最適な行政
浮き足立ち症候群~危機の正体21

creage-bookさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス