日本酒と私@天満 | ディックの独白 / Dick's Monologue
新型コロナウイルスに関する情報について

ディックの独白 / Dick's Monologue

50代も半ばに差し掛かった私 ディックが、五感に響いたことを綴っていくブログです。その大半は食べ物紀行ですので、興味を持たれましたら一読ください。洗練、繊細、緻密、丁寧、細やかさが感じられるモノとコトに大いに惹かれます。





日本酒と私 天満店。
なんばの人気店が天満に進出してきて、はや2年。日本酒が常備40種類ほどあって、しかもグラス1杯が290円と、日本酒好きにはなんとも嬉しい限り。決して分かりやすい場所とはいえない立地なのに、いつもお客さんで賑わっているのは当然と言えば当然のこと。


でも僕は何度も来てるにも関わらず、未だにお店を見つけるのに四苦八苦。方向音痴ではないのに何故だろう? あっそうか、いつも来るときは数軒目なので酩酊していることが多く、道を覚えていないんだな。




そしてこの日もBEER BELLYを後にして、このお店に向かう。これで4軒目なので、またお店を見つけることができず、エスコートしているはずのMさんに発見してもらう始末。なんとも情けないこと…😱



40種類もあると、どのお酒も飲みたくて目移りしてしまう。結局決めたのは、日本酒グラス3杯+酒の肴ちょい盛り。もちろん二人とも。




ここに来て、遂にMさん本領発揮。角打ちに行っても常連さんの追従を許さない飲みっぷりへとギアを上げる😆 僕はこのペースについて行けず、いつも脱落するんだな。



この日はワインに始まりハイボール、ビール、そして日本酒。お店毎に飲むお酒はほぼ統一していたけれど、お腹の中では結局チャンポン。そりゃ酔いまんがな。
 


美味しいお酒をより一層引きたてるのは美味しい肴。いや実に美味しい。




ピリリとした刺激が楽しい川中島。



二人とも大好きな雁木。入ったお店で見つけると必ず注文するんだよな。



流石に飲み続けなのでチェイサープリーズ。お酒に弱い人ね と言わんばかりのMさんの笑顔。






いいお酒を堪能しました。もとい、したようです。ほぼ後半はいつもの通り酩酊していましたので、評価なしはご容赦を。
このお店はいつ来ても間違いがないから、また来ますね!

ようやくこれでこの日の7時間にも及ぶ飲み会終了。コロナ自粛の反動でしょうか、本当によく飲みました。こんな飲み会が出来る様になった日常に改めて感謝です。