凸(でこ)@ 新梅田食道街 | ディックの独白 / Dick's Monologue

ディックの独白 / Dick's Monologue

50代も半ばに差し掛かった私 ディックが、五感に響いたことを綴っていくブログです。その大半は食べ物紀行ですので、興味を持たれましたら一読ください。
洗練、繊細、緻密、丁寧、細やかさが感じられるモノとコトに大いに惹かれます。

新梅田食道街は本日から地酒まつりです



T嬢さんとの飲み会録に差し込みます。

所用で梅田に来たので、PayPayによるキャッシュレス決済にトライ。しかし取り扱っていないと言われ撃沈。でも交通系のピタパは使えました。でも消費税は安くなってないし、ポイントもついたのかが定かではないので、もしかしたら単なるカード決済になっただけかも。また色々とトライしてみます。


さて帰り道  新梅田食道街を歩いていると、凸の扉が大きく開かれていたので、こんばんは〜と顔を出してみることに。そういえば前日にaikoさんが来られていましたね。
日本酒の日の前日は新梅田食道街そのものが閑散としていたそうですが、この日はいつもの様な人の賑わいでした。凸には先客がお二人。常連さんの様です。



早速マスターに、このお店で PayPay使えるかを確認すると、やはり取り扱っていないとのこと。現金オンリーです。



おっ、まだやってるんだ。スクラッチカードが無くなったら終えるよ と言っておられたのが、ちょうど1ヶ月前。



ならば今度こそ当ててしんぜよう。マスター覚悟しといてね と言いながら削る。



はい、ハズレ(°▽°)
残念ですね  と言うマスターの顔がほくそ笑んでいるような。



次は当てるよ と悔し紛れに言ってみる。



つきだし。
和食出身のマスターだけあって、こういった煮物は本当に美味い。出汁がとてもいい。



本日のおすすめは  と見ると、以前来た時とあまり変わらないような。マスターに聞いてみると、ヒラメですかね、今日のは  あとはいつもと一緒かな  とまるで人ごと 笑。こんな雰囲気がきっとお客さんに好かれるのでしょう。





肉厚ハムカツ。目の前で揚げているので、まさにできたての熱々。



美味い! でもこれ肉厚? でもええねん、マスターが肉厚といったら肉厚だから。



ハイボール2杯目にチャレンジ。
子供の頃、駄菓子屋のくじ引きで鍛えた眼力を本気で出す時が来たようです。封印を解き放ち、カッと目を見開き、カードを凝視。
見えた、このカードだ!



マスター、お主なかなかやるな。二度もハズレを引かせるとは。




出し巻。
輝くような黄金色で、トロトロの柔らかさ。そして甘めひかえめで玉子本来の味を楽しむ一品。
大箱店とは違って、丁寧な仕事ぶりがこの一品からわかりますよ。うん、素晴らしいね。



たらこポテトサラダ。
 身をほぐした たらこが混ぜ込まれている品。見た目が綺麗です。ジャガイモのかたまりが所々に見えるので、マッシュはひかえめなのかな。



完全に裏切られました。見た目と違って、ジャガイモのゴツゴツ感は全くなく、むしろ舌触りは滑らかな部類。たらこの塩分がいい具合に効いています。これ美味しい、お酒によく合います。



というわけで、三度ハイボールフェアにチャレンジ。本気で当てにいきます。途中から来られた女性の方、僕はアタリが見えるんですよ このカードだな と言って引くのをみて目を丸くされていました。
アタリがわかるんですか⁈    と尋ねる彼女に、黙って削ったカードを見せてあげました。開いた口が塞がらない をまさに体現する彼女。





マスター! 面目丸つぶれやん、またハズレとは。アタリは本当にあるのですか? と先日のT子さんの様に詰め寄ると、この前 二人当たりましたよぉ としらを切るマスター。



本日のちょこっと3品盛り合わせ の中にカキフライの文字を見つけたので、単品でカキフライをお願いしました。まだ小さいですよ とマスター。いいんです、カキフライは大好物だから。



この日は広島産の牡蠣。いつもは日生(ひなせ)のを使っているんですけどね という話をトリガーにして、僕が毎年 日生に牡蠣を食べに行っていることを伝えると、いいなぁ 行きたいなぁ と羨ましそうなマスター。
日生ツアーをしましょうか と誘いかけてみたら、是非とも との答え。愛子さん、どうですか 牡蠣ツアー。マスター行く気満々ですよ。



楽しい時間を過ごすことができました。マスターありがとうございます。
ご馳走様! また来ますね。


この記事を天満飲み会録に差し込んだのは、今日から新梅田食道街で新潟地酒まつりが始まることをお伝えするためです。トイレ近くの広場にてやっているそうなので、近くを通られた際には顔を出してみてはいかがでしょうか。