2011年12月03日(土)

【学祭レポ】各大学の初心者的茶道部巡り 2010年版ちょっと改訂

テーマ:学園祭サークル
今年は各大学の茶道部を一通り廻ってみた
学食のカレーとバカ日記【バカレ】

僕自身、まったくの作法を知らない初心者で
茶道なんぞ「お茶にごす」、「へうげもの」という漫画しか知らないのだけれど

試しに入ったところ、静かにお茶を飲むの事が思いのほか心地よく
作法を知らなくても、これはこれで楽しいと思えたので

レポを素人なりに書いていく
途中で作法を覚えようとも思ったが、初心者のまま比較検討するほうが良いと思え、どこも前知識なしで飲み比べた


看護大学校

茶道部
300円
茶道部前の廊下に椅子が置かれている
人数も少なく、椅子席で正座するわけでもないのだが
凛としていた
終わった後は練習室も見学できる


駒澤女子大学(りんどう祭)

300円
【バカレ】学食のカレーとバカ日記
茶室の横に池があって雰囲気が良い
が、お茶を飲んでる時は座敷の方なので見ることはない


武蔵野大学
300円
【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
カードは2種類

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
場所は紅雲台という学内の建物
待合室に作法の書かれたラミネートカードがあって親切だった

学祭初日は表千家で、2日目は裏千家らしい

学習院大学

500円
【バカレ】学食のカレーとバカ日記

富士見会館四階の一室にて

こちらは男子茶道部員が茶室を自前で組み立て
女子茶道部員が和菓子も自前で作るという徹底振り

聞くところによると…学祭前は本物の茶室は学祭実行委員が寝泊りに使ってる云々と噂を聞いた
あくまで噂である

しかも、待合室に作法が書かれた紙を配っていたり
部員が写真をみせながら茶道サークルを解説して、初心者には親切

自作で作るというのが学祭展示的にも魅力があったと思われる
サークル人数60人


国際キリスト大学

ICU祭秋季茶会
500円
【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
泰山荘の茶室、もしくは書院にてお茶が飲める

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
けれど、茶会には人数も多く入れるのでそれほど緊張感はないし、僕自身は途中から入って参加した

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
びっくりしたのは外国人の茶道部学生さんにお茶出された事
さすが、ICUと思ったりした


法政大学

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
茶道研究会
250円
教室の一室を使っており
お茶を立てる時もサークルの方の服装も背広や着物ではなく普段着だった
僕のような素人はかなり入りやすい
お客がいない時に注文すると、その場でお茶を立ててくれる(お茶会が始まる)
作法が分からないと聞けば、解説しながら教えてくれるアットホームさもある


東洋大学
(白山祭)
白山祭添釜茶会
500円

【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
茶道部の部室にて

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
待合室では梅こぶ茶が出ました

その辺は良いのですが、初心者にはハードル高いとこ
作法と雰囲気が一番きっちりしてた

参加者が僕とこちらOBが2人と計3人だったからかもしれないし
僕自身がお点前(一番初めにお茶請ける人)だった事もあり
ピリピリに緊張した


早稲田大学

わせだ茶会
無料
場所:大隈庭園

【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
お茶会のカードが早稲田祭の法被を模していて可愛い

会場は
【バカレ】学食のカレーとバカ日記
大隈庭園という学内の庭園で行われ
そこに御座を引いている

【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
早稲田大学をイメージした飾りがあった
無料で、しかも和菓子が付く
初心者お勧め

他の大学と比べて雰囲気が和やかだった
和やかだったのは、早稲田茶道部の担当教授が同席しており
場を和ませたからであろうとも思われる
サークル人数100人

上智大学

ソフィア祭茶会
500円
【バカレ】学食のカレーとバカ日記
こちらのカード

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
他大と比べて大きい

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
SJガーデンという中庭にて

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
薄茶席一年生、二年生と

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
立礼席(テーブル席)四年生で計2回お茶が飲める

こちらも外で飲む分、開放感もあってか緊張感は少なく飲みやすい
2度飲めるのはお買い得感もある

一橋大学

一橋祭茶会
600円
【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
カードは小さいながらも上品な仕上がりです

【バカレ】学食のカレーとバカ日記
兼松講堂横の庭で茶室を作って行われており

茶室作りは草むしりから始めるそうです

完成した茶室は
【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記 【バカレ】学食のカレーとバカ日記
こんな感じ

囲炉裏が掘ってあるのが趣がある
これも土掘り返しいるとか

こちらはサークル人数30人


お茶の水女子大

御音祭
500円
表千家・裏千家と2種あり
さらに裏千家は茶室と立礼席の2種類ある

学食のカレーとバカ日記【バカレ】-微音祭
こちらは表千家。写真を撮らせて頂いた

裏千家は芳香庵という茶室で行われた
芳香庵はまだ建てて間もないようで新築のようでもあった

学食のカレーとバカ日記【バカレ】-微音祭 学食のカレーとバカ日記【バカレ】-微音祭

左上のしおりが表千家で、下二つが裏千家のものどちらも丁寧な作りだ


東京都立大学

東京学芸大学第58回小金井祭
400円
学食のカレーとバカ日記【バカレ】
飯島会館にて行う
待合室は外で庭が見えて気持ちが良い

学食のカレーとバカ日記【バカレ】
お茶の券
和風のしおりも貰える
五って書いているのは荷物札


学食のカレーとバカ日記【バカレ】

こちらは立礼席で
足のしびれもなくお茶が飲める

東京大学

第61回駒場祭
500円

学食のカレーとバカ日記【バカレ】 学食のカレーとバカ日記【バカレ】
上の黒い札が裏千家
下が表千家である

裏千家は東大内の柏蔭舎にて行われる

学食のカレーとバカ日記【バカレ】
学食のカレーとバカ日記【バカレ】

待たされている間に梅昆布茶に金平糖が出て、ちょっと洒落ている
ここのお茶会ではたまたま若い東大OBの方が2人お茶を飲みにきて

ここの茶室について語ったり
お茶をかき混ぜる音を聞いて「やはり名器は違うねぇ」なんてギターの試し引きみたいなことを言ってウケを取っていた
しかし、それがお茶会の雰囲気を壊すわけでもなく、茶会の会話とはこういうものだったと感心した


続いて表千家

学食のカレーとバカ日記【バカレ】

教室の中に落ち葉を敷き詰めて秋を感じさせる風になっていた
趣がある




値段一覧
看護大学校    300円 裏千家 初心者○
駒沢女子大学   300円 裏千家 
武蔵野大学    300円 裏千家 初心者○
学習院大学    500円 裏千家 初心者○
国際基督大学   500円 裏千家
法政大学     250円 裏千家 初心者○
東洋大学     500円 
早稲田大学    無料  表千家・裏千家 初心者○
上智大学     500円 初心者○
一橋大学     600円 表千家 
お茶の水女子大学 500円 表千家・裏千家
東京学芸大学   400円 
東京大学     500円 表千家・裏千家

※初心者○というのは僕が飲んだ結果、まぁ飲みやすかったり、あるいはお茶会の雰囲気を気にせず緊張せず飲めたとこを選んだもので 確かなものではない



 |  リブログ(0)

だれさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。