善悪の基準は何故必要なのか科学的に考えてみる | 新しい再出発

新しい再出発

注…携帯からの投稿は不可。

HNの方は設定の方も今使っている方に変更できました。ブランクの為ドタバタしていました。

尚、通りすがり等匿名を臭わせるHNは使わないでください。

 

 

この記事は前の記事より前に書いたものですが、保留にしたまま忘れてたので順番が前後しました。ですので香港の民主派メディアと法輪功について、中共による陰湿で過激な弾圧の現実と、それでも理性を失わない崇高な思いを紹介したい。私にはとても真似できません。

 

私は子どもの頃から孤独が辛すぎるという言い訳はしたくなるものの、本当に彼らはすごいと思うしか無い。しかし、私も非凡な能力を与えられている以上、安易に諦めるわけには行かないし、どうにか生き延びてきたでもありますからね。善悪に関連することとして付け加えました。

 

そんな香港の民主派メディアですら一時期Youtubeから権利を迫害されかけたこともあります。しかし、これほど過酷な中でも良心を保っているのに権利を剥奪するような真似は更に民意の怒りを買うことになり、運営も継続はできなかったと思われる。無関心にならないことが一番重要であろう。(追記分終わり)

 

個人的にネットで見かけることが増えた意見の中にとても不愉快なのがあるが、キリスト教価値観から善悪の定義を押し付けていると豪語する人達の意見ですね。

 

そもそも善悪の定義を持つのは種族としての人間の多くが普遍的に持つものであり、キリスト教は関係ないはずだ。世界中のどの宗教にも広く見られます。それぞれの善悪の定義に差異があるからこそ宗教同士の対立から戦争につながるのも長い歴史にありますけどね。

 

それでも私は人間という種族に善悪の定義は必要だと思っている。何故そうなのかについて知的生命体への進化の定義を哺乳類に限定せず考えたら見えてくるものだと考えている。

 

プレイしたことはありませんが北欧から興味深い設定のゲームが出ており、多彩な母星環境と種族を選び、銀河中の星系の天下統一を目指すという、信長の野望や三国志などの国盗りゲームを銀河規模にまでスケールアップさせたような設定ですね。今の時代も軽くすっ飛ばしている感じで。

 

現実の人類は哺乳類から進化した知的生命体です。地球以外の知的生命体は発見されていませんが存在しないほうが確率は間違いなく低い。今の時点では想像したり予想するしか無いだけです。

 

生命が進化する可能性を人間にとって都合の悪い環境も含めて想定しますと、昆虫がそのまま知的生命体に進化する可能性も否定できなくなります。そうなると最も怖いのは、哺乳類由来の知的生命体とまるで正反対の価値観と習慣になると思われること。

 

哺乳類から進化した人間が戦争を継続したまま科学が過度に発展してオーバーテクノロジー化すると、強大過ぎる武力によって自滅する危険性は極めて高くなります。これは過去の冷戦で証明済みです。何度かその危機は現実に乗り越えていてまだ継続中です。

 

しかし、昆虫から進化した知的生命体だったらオーバーテクノロジー化して強大過ぎる武力によって自滅する危険性は人間よりはかなり低いと思います。ただし人権という概念は間違いなくないと思われるのでその前提です。良くも悪くも合理性しか考えないからでしょう。

 

人間にとっては個体前提を無視した合理性で同族を安易に切り捨てる事はできません。種族として刷り込まれた本能レベルであまりにも違います。だから人間には善悪の基準がないと自らを保てなくなります。戦争の原因にすらなる危うさを抱えていてもです。でもだからこそ、感受性豊かな多様な文化を持てる事実もあると思われる。

 

私は小さい頃から全く価値観が合わないところで苦しみながら育ってきたからこそ見えてきた視点でもあると思う。日々の孤独感の辛さが一番辛いですし。