NGT48の1:NGT事件のこと知ってる? | クラフトPとろのブログ

クラフトPとろのブログ

クラフトPという名前で、ボーカロイド曲を作っています。
出戻り組です。よろしくね。

数年放置してましたが、
NGT事件見過ごせなくてまた書こうかなって

数年ぶりにブログを書くことにした。

 

久々に書くのはボカロのことではない。

ちょっと前によく報道していたNGT48の事件のことだ。この事件を追っていたらあまりにかわいそうで、あまりに理不尽で書かずにはいられなくなった。

 

NGT事件はもしかしたらただの女同士の確執とか、ファンとの距離感とかそういう問題だと思ってる人は多いかもしれない。

 

ところがこの事件は、追っていくと全くそんな次元の話ではないことがわかる。

 

 

そもそもNGT48を知らない方のほうが多いと思う。多いよねきっと。うん、AKB系のアイドルグループのひとつである。

 

新潟にできたAKBと解釈してもらってかまわないが、ボカロ好きな人には、ライブPが現在の表題曲を作ってるというと、ちょっと興味がわく人が多いかもね。

 

そう、「m9」「レンラクマダー」の人であり、同じ鏡音使いとして尊敬する人だ。

 

今現在表題曲の「世界の人へ」という曲は、作曲者がMr,LIVEとなっている。これまさにライブPのことです。

 

 

で、事件の話だけども、

ちょっと注意が必要で、いや、書くのにねw

書くのに注意が必要なんです。

 

というのが、あまりに話がでかすぎて、「いやそれ、トロさんだまされてるよ」とか、「そのうち地震は某国の陰謀説言い出すんじゃね?」とか、誤解されかねないからだ。

 

そこを恐れずにざっと事件を書くと、こゆことである。

 

 

 

NGTに超真面目なメンバーと

不真面目なメンバーがいました。

 

真面目な山口真帆さん、

ある日男2人に襲われます。

実行犯は他の不真面目メンバーの彼氏でした。

彼氏っていうか大金を使う太客でした。

 

NGT運営は何故か不真面目メンバーと

実行犯の味方でした。

 

男どもは真面目なメンバーがウザいので、

山口真帆さんを複数でレイプしようとしたけど、

失敗して警察に通報されました。

 

でも運営がもみ消しました。

 

ちょっと書いててまたイライラしてきたぞ。

 

支配人の今村さん、

山口真帆さんと話し合って

不真面目メンバーの処分約束しました。

でも軽くぶっちしました。

 

山口真帆さん、

キレてネットの生配信で告発したら、

途中で生放送強制切断されました。

 

すぐにツイッターで、

襲われたこと、

他メンバーの関与のことを呟きました。

でも、すぐに運営に削除されました。

 

この辺で事態に気づいたネット民が

情報収集始めました。

 

情報集めてたら、

週刊文春が実行犯を雇ってることわかりました。

 

テレビの報道での追求待ってたら、

犯人の週刊文春が書いた記事でした。

がっつり事実を隠蔽してました。

 

翌日のライブで山口真帆さん出てきて、

騒がせてすいませんと謝りました。

謝ってる目の前の客席に、

実行犯の仲間いました。

 

支配人の今村、転勤とのことで

東京本社に行きました。

NGT運営、

第三者委員会で報告させると言い出しました。

 

今、この第三者委員会の報告を待ってるところ。

でもわかるよね。

まともな報告があるわけないのよ。

 

時間見つけてもっと細かいところを書きます。

これ全部かいてたらワンクール以上ありそうなんだ。