毎日新聞 夕刊にSTUDY FOR TWOの活動が紹介されました。


「勉強したいと願う全ての子どもたちが勉強できる世界に。」


このキャッチフレーズをテーマに、日本の学生と開発途上国の子どもたちが、学習機会を手にすることを目的として活動している学生社会起業団体です。

DIYライフのススメ。しあわせを呼ぶカイテキ手作り生活!
↑写真をクリックすると拡大して読むことができます。


過去にも、新聞・雑誌・ラジオなどのメディアに紹介されたこの団体の注目される理由とは何なのでしょう?


このビジネスモデルはとてもシンプルに考えられている為、誰にでもすぐに理解することが出来ます。

そして、これに関わるすべての立場の人たちが、しあわせになるという仕組みを創り上げたことが、この団体の魅力だと感じています。


本を寄付する人・・・ボランティアとして貢献できたコトになります。

本を買う人・・・高額な教科書を安価で購入してトクをします。

スタディフォーツーに参加した人・・・社会活動への意識向上や実践販売の醍醐味、他大学の同士・仲間達が増えて人脈財産が生まれます。

協賛する企業・・・学生へのブランドイメージ向上やCSR活動の一環として社会貢献に役立てるコトになります。


起業するということは、

責任を負うという事でもあり社会人になっても大変役立つ経験になります。


一度しかない人生。

何か夢中になることを見つけられたなら、

それはとてもしあわせなことでしょう。


この学生社会起業「スタディー・フォー・ツー」の創設者、


私の息子なんです。


親ばかでスミマセン。



いっぺん夢中で生きてみい。

by 明石家さんま


関連記事:

日本経済新聞に載ったウチの子と仲間たち

身内のラジオ出演


↓このランキングに参加しております。
クリックを頂けると励みになります。
にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村