視点が大切 | リピートが続くハンドメイド教室の作り方~現役ハンドメイド講師がお伝えします
新型コロナウイルスに関する情報について

リピートが続くハンドメイド教室の作り方~現役ハンドメイド講師がお伝えします

趣味の延長でなく仕事として、自宅で教室を開業運営していく方法や
好きなことを仕事にする方法をお伝えします。
「体験から本講座につながらない」「リピーターさんを作りたい」「教室を軌道にのせたい」など、相談できる相手がいない講師さんの力になります。

自分が作ることができれば、教えられると思ってる方も多いみたいですが・・・

 

 

こんにちは。リピートが続くハンドメイド教室サポーター エコクラフトバンド紙バンド教室主宰 村上秀美です。

 

 

先日、新しいクラフト工房トリリアムの認定講師さんが誕生しました。

 

その方がおっしゃってた言葉が印象的だったのでお伝えしますね。

 

 

クラフト工房トリリアムの認定講師となるためには

認定講師講座を受けていただき、その後、試験を受けていただきます。

 

講座では、基本の作り方にプラスして

“ここに気をつけて、こんなふうにお伝えしてください。”

と言うことをお話しします。

 

 

でね、新しく認定講師となったHさんがこんなことをおっしゃっていました。

 

 

1回目のテストを受けるまでは、作り方(作る手順)が大切だと思って

必死にそれを覚えていました。

 

でも、テストを受けてみて、そこではないと言うことに気づきました。

 

どこに気をつけてお伝えするかですね。

 

今までは、生徒目線でした。

 

先生目線にならないといけないんですね。

 

 

 

さすがHさん!

 

すばらしいところに気づかれたと思います。

 

教えるって手順を伝えるってことじゃないんですよね。

 

“どういう手順でやるか”は生徒目線です。

 

それを伝えるだけだったら、ちょっと編める人なら誰でも先生になれます。

 

 

 

でも、本当の先生としてやっていけるかどうかは

 

■どうしてこうやるのか

■なぜここに気をつけなくてはいけないのか

 

という、直接生徒さんに伝えない部分までしっかり理解しているかどうか

が大切になってくるんです。

 

 

 

 

すでに認定講師さんとなったくださった方で

他の分野の教室をやられている方がいらっしゃいます。

 

その方は、紙バンドの経験が浅いにも関わらず

認定試験の答案がとても的確でした。

 

的確というのは

答えはあっていなくても

“ここをみて欲しい” “ここを答えてほしい”

というところがわかっていたということです。

 

やはり、お教室経験があるので

先生目線で物事を捉えることができていたんだと思います。

 

 

ただ作れる人、作る手順を教える人なのか

 

手順だけではなく、その奥にある理論的なことまで

きちんと理解してお伝えする先生なのか

 

あなたはどちらの先生に習いたいですか?

どちらの先生になりたいですか?

 

 

今日もお読みくださりありがとうございました。

 

◆お教室をステージアップしたい先生へ

【無料メール講座】あなたのお教室がぐんぐんステージアップする新講座の作り方

6ヵ月継続個別サポート

 

◆エコクラフトバンド教室の先生になりたい方へ

【無料メール講座】ぶきっちょさんでも大丈夫!紙バンドを楽しむ基礎講座

紙バンドクラフト講師養成講座

 

お問い合せフォーム

 

ライン@で情報発信中