浅草「紙博」で見つけたハンドメイドネタ | やってみたい!手作りをサポート~【横浜戸塚・泉】ハンドメイド・ワークショップのクラフトケーション

やってみたい!手作りをサポート~【横浜戸塚・泉】ハンドメイド・ワークショップのクラフトケーション

神奈川県横浜市を中心にハンドメイドのワークショップを開催しています。
お子さまからご年配の方まで楽しめる講座を企画・ご提案します。
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅すぐの会場での定期講座も準備中です。

日曜に、クラフト講師仲間でご近所さんでもある
716(ナナイロ)クロップのミサコさんと、
都内で開催された
「紙博」と「スタンプワンダーランド」に
行って来ました。



紙とスタンプ、
一緒のイベントにすればいいのになんて
思ったりしましたが、残念ながら開催地は別々。
午前は浅草の紙博、
お昼頃から浅草橋のスタンプワンダーランド
というスケジュールになりました。

実は過去に2回ほど「女子文具博」なる
イベントに行ったことがあり、
紙博は文具博と似たような構成でした。

今回気になったアイテムはこちら。

●根強い人気のマステ(マスキングテープ)
柄やサイズが豊富でいくつあっても嬉しいマステ。
イベント限定柄が販売されていたりするので
ますます欲しくなります。
プラバンやレジンでアクセサリーにするのは
おなじみですが、
丈夫な素材や質感を生かして、写真のように
イヤリングやネックストラップに加工して
着用している店員さんを見かけました。
真似してぜひ作ってみたいです。


●グラシンペーパー
昨年冬の文具博ではあまり見かけなかった
グラシンペーパーという、光沢のある紙。
展開規模が拡大されていて驚きました。
ブーブー紙、紙風船の紙、トリュフチョコの下に敷いてある紙
というと分かりやすいでしょうか。
ツルツルしているので、字や絵などは書きにくいんですよね。
柄が豊富で丈夫、ラッピングに活用するだけでは
もったいない!
こちらもクラフトに活用できそうです。

●紙のカルトナージュ
元々は厚紙に布を貼って箱などに仕立てる
ヨーロッパ由来のカルトナージュですが、
紙博とあって、和紙など素材や柄に特徴のある紙を
使ったカルトナージュ作品が目立ちました。
子供の頃、千代紙を貼って作った引き出しも
言うなればカルトナージュですよね。
お気に入りの柄の紙を使って
ボックスやトレイを作ってみたくなりました。

その他、
活版印刷や、レトロ柄のペーパーなど、
温もりを感じさせる懐かしい
アイテムも目につきました。

外は雨にも関わらず、たくさんの来場者で賑わっており、
人々の紙や文具への関心の強さを感じました。