歯医者さんに行く前に読むブログ

歯のセルフケアなどに悩みを抱えている方へ
歯科衛生士の視点から発信しています。


テーマ:
 
歯科衛生士のkaoriです。



歯磨き粉に入っている「フッ素」という薬用成分はご存知でしょうか。


フッ素は主にむし歯予防に効果があります。


最近では新たに高濃度のフッ素が含まれる歯磨き粉が販売されています。

フッ素の濃度が上がることで
より虫歯予防効果が期待されるのです。


なので、

○不規則な生活の人
○被せものが多い人
○唾液が少ない人

などのむし歯になりやすい人には
高濃度の物を使ってみるのもいいかもしれません。(^^)



ドラックストアなどで探すならば、
こちらがおすすめです。
 





こちら↓は歯医者さんかロフトなどでみつかるかと思います




注意するポイントとしては、
6歳未満の子どもへの使用は避けることでしょうか。


フッ化物は取りすぎると急性毒性と慢性毒性が起こります。


虫歯予防として日常的に使用する分には急性中毒の危険性はありません。


海外の、水道水などにフッ素が含まれている地域ではフッ素を長期に摂取しており、
小児がフッ化物の配合の歯磨き粉を使うことで
「斑状歯」とよばれる症状が多く指摘され、問題視されてきたのです。

そのためISO、WHO、米国歯科医師会(ADA)などでは
6歳未満の子どもに対するフッ化物配合の歯磨き粉の使用に制限を設けています。


日本では水道水などにフッ化物は含まれてませんので
正しい量を使っているかぎり心配ないのですけどね。
 
 




テーマ:

歯科衛生士のKaoriです。


こどもには虫歯をつくらせたくない!


あの痛い思いをしてほしくない!


と思っているお母さんお父さんは

たくさんいらっしゃいます。


大切な自分の子には虫歯ゼロでいてほしいですよね。  



私の8ヶ月になる息子も
下の歯が生え始めました。


うれしいのと同時に、

大切な歯を虫歯にしてしまわないように

頑張っていこうと気合いが入ります!笑




まず1番最初にするべきことなんですが、


なんだと、思いますか?




それは

「自分の歯をキレイにすること。」




専門的にいうと


「自身のプラークコントロールをする」


ということなんです。




なぜ子供の虫歯予防のために

自分の歯をまずキレイにしなくてはならないの?

といいますと、


お母さんのお口の中にいる虫歯菌が

チューや食事のお皿の共有などで
赤ちゃんにうつってしまうからなんです。



赤ちゃんは生まれたての頃、
お口の中は無菌状態です。



ママやパパのお口の中を綺麗にしておけば

そのリスクを減らすことができます。





愛するわが子の歯を守ろうと思ったら、

虫歯菌を移してしまわないように

ママやパパのお口のコントロールから

はじめてみましょう!




現在、ココナラというサイトにて
歯のお悩み相談を受け付けています。
気軽に試してみてくださいね。


歯科衛生士として、歯磨き方法のコツや
その人にあった歯磨きツールなどを
お伝えしていきたいと思っています。





テーマ:

歯科衛生士のKaoriです。


少しずつですが、歯に関する情報を
発信していきたいと思います。



より多くの人がキレイな歯を保てますように…!!




先週末は【プチ講座】を行いました(^^)


講座といっても堅苦しいものではなく、
簡単な歯の知識をお伝えしたり
気になっている素朴な疑問などを
なんでも相談してもらいました。



美容・健康意識の高い方がたくさんで
わたしも話しいて楽しかったです。



「歯医者さんでは聞きにくかったことが聞けてよかった」

「初めて知ることがたくさんあり勉強になった」

「これからさっそくやってみたいと思う」


などなど、うれしい反応をいただきました。




自分にあったケア方法がわかれば

口元に自信が持てます。



は一生もの。

その歯を支える歯茎もとても大切です。



一度歯を失って、その部分で噛めなくなると

他の歯にも悪影響を及ぼしてしまいます。



2本、3本とドミノ倒しのように次々と

歯を失ってしまうのは

想像するだけで恐ろしいです。



骨や皮フと違って、歯には再生力はありません。

なので一度抜けてしまえば同じ場所には生えてこないのです。


おじいちゃん、おばあちゃんになっても

自分の歯でおいしいご飯を食べていたいです。





現在、ココナラというサイトにて
歯のお悩み相談を受け付けています。
気軽に試してみてくださいね。


歯科衛生士として、歯磨き方法のコツや
その人にあった歯磨きツールなどを
お伝えしていきたいと思っています。



テーマ:

歯科衛生士のKaoriです。


oralcare(オーラルケア)さんの企画する
goodbyeperio活動に参加しました。




多くの人にフロスの必要性を伝えたい



歯磨きには歯ブラシと歯磨き粉を使うのは

当たり前だけど、フロスを使う人は

まだまだ少ないと思います。




12コのフロスが届きました。

クールな感じでかっこいいです!



デンタルフロスを使うことで

歯ブラシだけでは落としきれない部分の汚れを落としてくれます。


実は、歯ブラシで落ちる汚れは約6~7割程!

全て汚れを落としきることは出来ないんですね。


歯ブラシのみでお掃除を終わらせてしまうのはもったいない。


これからはフロスを仲間に入れてあげましょう(^_^)/



コツを掴むまでは

時間がかかってしまうと思います。



うまくやり方のコツをつかめば

ササっと出来ちゃいます。


可愛いフロスも増えてきていて

ポーチに入れて持ち歩くのもいいですね。



わたしはピンクのケースの

デンタルフロスを使用しています。


目安は1、2日一回



もうフロス無しでは

スッキリしない

出離せない大切なアイテムです。





まわりの人に配って

フロスのやり方などを

レクチャーしていきたいと思います。



テーマ:
 
こちらのブログでは主に
 
ホワイトニングや笑顔の作り方などを
 
歯科衛生士の視点からアドバイスをしていま
す。
 

 
しばらく更新が空いてしまいました。
 
初めての慣れない育児に追われ
 
あっと言う間に時間が経ってしまいました。
 
 
 
息子も4ヶ月になり
 
少し余裕が出てきたので
 
 
歯に関する情報を徐々に
 
発信していきたいと思います。
 
 
 
 
わたしの長期的な目標は
 
「予防歯科を広めること」

「口元美人を増やすこと」

「歯科衛生士の認知向上」
 
です。
 
 
一個人として出来ることから
 
はじめていきたいです。
 

 
 
特に、ホワイトニグに関しては
 
私の得意分野です。
 
 
ホワイトニグに関心が高い女性は
 
年々増えてきているなーと感じます。
 
 
 
ロフトや薬局でホワイトニグ関係の商品が
 
たくさん売ってますしね^^
 
 
先日はなんとコンビニで歯の専門雑誌も発見!
 
 
関心が高まっていることを実感します。
 
 
 
ただ、
「自分にあったホワイトニグ方法は何なのか」

が分からない方って多いのでは?
 
 
 
そんな人たちのサポートをしていきたいです。
 
 
そのためにも、今は来年に向けて
 
コツコツ準備中です。
 
 
 
 
ちなみにこちらでは
 
個人的な相談も受け付けております。
 
 
 
歯磨き方法のコツや
 
その人にあった歯磨きツールなどを
 
お伝えしています。
 

テーマ:
いつもいいねや読者登録ありがとうございます。



ほとんどの方は、痛みや出血がない場合

「毎日きちんと磨いているから問題ない。」
と思っていらっしゃると思います。




ですが、多くの場合
磨き方に自分特有のクセがあり
どうしても磨き残しが出てしまいます。


その残した部分が将来悪くなっていく可能性がとても大きいのです。



ここで知ってほしいのが
「歯を磨く」という作業。



多くの歯科衛生士さんが言っているのは


[プラークコントロールをする]
という意識をもってほしい


ということです。


つまり、「口の中の菌を取り除く」というイメージですね。



一度自分に合った方法が身につけば

虫歯や歯周病のリスクを大幅に抑えることができます。



口の中の菌は全身の病気にも影響することもわかってきているので

プラークコントロールをすることは今後ますます重要になってきますね。




現在、ココナラというサイトにて
歯のお悩み相談を受け付けています。
気軽に試してみてくださいね。


歯科衛生士として、歯磨き方法のコツや
その人にあった歯磨きツールなどを
お伝えしていきたいと思っています。



テーマ:


ホワイトニングに関する情報はあふれかえっていますが、
どれを信じてよいかわからないのが現状、、、。




私が実際にやってみて
効果のあった方法を公開しますね。


この順で行えば、大抵の方は白い歯を手に入れられると思います。




では、手順をお伝えしていきますね。


①ホームホワイトニングを2週間~半年
②ホワイトニング系の歯磨剤を使う
③後戻りが気になったら再度ホームホワイトニングを行う



①ホームホワイトニングを2週間~半年

まず、歯医者さんに行ってホームホワイトニング用の型を取ります。
約1~2週間ほどでマウスピースが出来上がります。
ホワイトニング用のジェルをマウスピースに流し入れて使用します。
歯医者さんで説明があるとは思いますが
使用時間は約2時間、毎日装着します。


ホームホワイトニングは変化がゆっくりなので
使用開始から2週間を過ぎたころから白くなる感覚がもてると思います。




②ホワイトニング系の歯磨剤を使う

白い歯をキープするためにホワイトニング用の歯磨き粉で磨いてください。
併用することで後戻りを遅らせることができます。


③後戻りが気になったら再度ホームホワイトニングを行う

後戻りが気になってきたら、今までと同じ様にホームホワイトニングを
行ってください。頻度は毎日でなくても2日に1回、といったペースでもかまいません。




以上です。
とってもシンプルですよね。



ただ注意点があります。
ホワイトニングはしみやすい点、
生活歯のみに限られる点、
後戻りがある点、
などが挙げられます。



あとホワイトニング直後は
着色が付きやすい食べ物、飲み物は避けましょう。



私はホワイトニングで白い歯を手に入れてから

口元に自信が持てるようになりました。


時間ができたら、小矯正も始めたいなぁなんて思ってます(*^^*)



ぜひ参考にしてみてくださいね♪






テーマ:

あえて厳しいことをいいます。
でもとても伝えたいことなので
言います。


最近、歯に関心が高い人が増えてきています。ネットからいくらでも情報は得られるから、歯にとても詳しい方も多くいらっしゃいます。


一方で全く関心の無い人もいます。

口の中がボロボロでも気にならない人。
先進国でありながら、歯の予防に関する知識が無い人は多く存在します。


それは本人だけの問題ではなく、
低い意識にした歯科関係者の責任でもあるし、行政にも問題があります。


すべての人が歯に関心をもてば、
健康な毎日を送ることができる。
寝たきりになることもなく
医療費削減や、介護問題も解決できるのでは、と思います。


そのような環境を作り上げるには、
北欧のように国を上げて対策を進めなくてはならないと思う。


わたしは、関心が無い人たちを無理やり
歯に興味を持たせたいとは思いません。
他にもっと気にすべきことがあるのかもしれないし。




関心のある人たちをサポートしていきたい。




このままだと歯科格差は広がっていく一方でしょう。



私は正しい情報を必要としている人たちに精一杯応えていきたいと思います。



テーマ:

いつもいいねや読者登録ありがとうございます。


最近、歯の質問をよく受けるようになりました。


歯の関心が高まっていることがとてもうれしいです。(^^)


同時にわたしが少しでもお役に立てたことがとてもうれしいです。


今後もセルフケアなどに悩みを抱えている方の力になれるように頑張りたいと思っています。



では、先日頂いた質問を紹介しますね。


*******

『最近歯間ブラシを使い始めたがうまく使いこなせない。
上手に使うコツを知りたい。』



回答>>補助用具である歯間ブラシが使いにくいと感じる方はこれまででもたくさんいらっしゃいました。


歯ブラシに加えて歯間ブラシなどを使うことは
とても素晴らしいことだと思います。


特に歯間にすき間ができ始めてきた方は
歯ブラシだけでは汚れは落ちないのでぜひ使ってみてください。


使用時のコツは、
下の歯であればやや上向きに通すと
歯茎を傷つけにくいです。

内側(舌側)から差し込むのも結構難しいのですが、針金状の歯間ブラシの先を
少し曲げて使うと通しやすいです。


初めのうちは慣れないため
歯肉から出血することもあると思います。

そんな時は我慢して使い続けるのではなく
使用を控えてみても構いません。
焦らず使ってみてくださいね。

*******


現在、ココナラというサイトにて
歯のお悩み相談を受け付けています。
気軽に試してみてくださいね。


歯科衛生士として、歯磨き方法のコツや
その人にあった歯磨きツールなどを
お伝えしていきたいと思っています。


テーマ:
いつもお読みいただきありがとうございます。

歯の黄ばみが気になる人、結構多いです。。


気になっているものの
どんな方法があるのかわからない
自分に合う方法がわからない
と言う方もまた多くいらっしゃいます。


なので今回は歯を白くする方法には
どんなものがあるのか
お伝えしますね(^^)




歯を白くする方法はいくつか種類があります。


その方法は大きく2つに分けられます。

「歯そのものを白くする方法」

「歯に外から何かを施して白く見せる方法」 

が挙げられます。




①歯そのものを白くする方法

薬剤を使って歯を白くしていきます。(ホワイトニング)
主に歯科医院で行う方法で、さらに2つに分けられます。

・歯科医院で行うオフィスホワイトニング
・自宅で行うホームホワイトニング(初めに歯科医院で型を取る必要があります。)
 

以下に、メリットとデメリットを
書いていきますね。


■オフィスホワイトニング…即効性はあるけど、しみやすい。色ムラ、後戻りしやすい

■ホームホワイトニング…効果が出るまでに時間がかかる。自然な白さがでる。比較的後戻りしにくい。
 


②歯に外から何かを施して白く見せる方法

自分の歯を薄く削って、白い薄い板のようなものを張り付けるタイプです。
そのほか歯のマニキュアなどがあります。
 

削るタイプは短期間で好みの白さに変えることができます。
マニキュアも即効性はありますね。

ただ、一度健康な歯を削ってしまうと
元には戻りません。
補綴物になるので虫歯になるリスクも高まります。


私はお客様の希望にもよりますが、
できるだけ自身の歯を削らずに済むホワイトニングをお勧めします。(^^)
 

営業の方や、
講師業など人前に立つ方、
美意識の高い方はホワイトニングを始められる方が多いです。



ちなみに市販の歯磨き粉では歯を白くすることはできません。。。


大まかにですが
歯を白くする方法についてのお話でした。


もしご不明な点があれば
メッセージお待ちしてます。(^^)

現在、ココナラというサイトにて
歯のお悩み相談を受け付けています。
気軽に試してみてくださいね。

【ココナラ】サイトへ

歯科衛生士として、歯磨き方法のコツや
その人にあった歯磨きツールなどを
お伝えしています。


今日もお読みいただきありがとうございます。少しでも共感いただけたらいいねや読者登録の応援をしていただけると嬉しいです。
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。