ここ2年ほど、facebookを中心とした情報発信がほとんどで、ブログ更新をしていなかったのですが、「その後、Macbook Airは使えてるのですか?」と、お声掛け頂いたりしているので、更新です。


結論、更新していないということは何事もなく使えているということで、日常使いに重宝しております。


いつまで、使い続けられるのか・・・今後は、ちょくちょくアップしていきたいと思います。




2月の確定申告真っただ中の時期ではありますが、独立行政法人中小企業基盤整備機構 主催の「認定支援機関向け経営改善・事業再生研修」の松本会場のメイン講師を、2月19日~21日の3日間務めさせて頂きました。



所長のブログ


今回、中小機構さんの委託を、ふだんお世話になっている㈱TKCさんが落札したということで、私自身も企画側でお手伝いさせて頂き、北海道から沖縄まで、文字どおり全国で行なわれるこの研修のため、年末から年始にかけては、この準備で大忙しでした・・・



所長のブログ


迎えた本番、松本会場です。写真は開始前なので、人もまばらですが実際にに始まりますと、50名の定員は満席です。


参加者は長野県、山梨県の税理士・公認会計士の先生、金融機関の融資担当・再生担当の方々、商工会議所の指導員、民間コンサルの方々・・・と、その道のプロばかりです。こういった方々を前に3日間お話するのですから、講師側の緊張感たるや、大変なものでした。ましてや、国の事業ですから、皆さんの納税されたお金を使ってやる事業です。失敗は許されません。


3日間研修の内容は、認定支援機関向けに講義、ディスカッション、DVD視聴と3日間の長丁場を過ごして頂ける様、多彩なメニューを用意致しました。

なぜ、この時期に3日間も?という疑問もあるかと思いますが、3月末の中小企業金融円滑化法の期限切れに備えるには、この時期でないと間に合わないからです。国も本気です。


また、単なる講義に留まらないのは、地域におけるネットワークを構築してほしい。という中小企業庁担当者の切なる願いがあったからです。3日間もカンヅメで研修すれば、それは「戦友」ができますよね。


大変な研修でしたが、地域の先生方から「こんなに金融機関と突っ込んだ話が出来たのは初めてで、良い研修が出来たよ。」と、お声掛け頂き、とりあえず当初の目的は達成できたのかなと思っています。

会計事務所も金融機関もお客様は地域の中小企業ということに変わりはありません。


今までもそうですが、これからは今まで以上に、全国で会計事務所や商工会議所、民間コンサルといった方々が、「認定支援機関」という立場で金融機関の皆様と強力なタッグを組んで、ご支援できる様な体制が構築できると思います。


ご期待下さい!


所長のブログ


2013年。あけましておめでとうございます。


本年もよろしくお願い申し上げます。


長野県駒ヶ根市は「アルプスがふたつ映えるまち 」がキャッチフレーズなのですが、昨日の大晦日の夕日は西の駒ヶ岳に、そして初日の出は東の仙丈ヶ岳から見ることができます。


天気があまり良くなかった昨日と比べて、今日は天気も快晴。


今年もしっかり初日の出を拝み、写真に収めることができました。


さあ、2013年。年明け早々、1月は許容オーバー気味な予定が入っていますが、充実の1年となりそうです。


頑張っていこうと思います!