-新年あけましておめでとうございます、大三元ツモ夫です。

 

「グラドル研所長のひでまろです。本年も引き続きよろしくお願いいたします」

 

-さて、新年になりましたので、今回は2019年のアイドルについて展望したいと思います。

 

「でもまずその前に、2018年の状況を簡単に振り返ってみましょう」

 

-オリコンのアーチストセールスを見ると、2018年の1位は安室奈美恵で190億円。2位が乃木坂46の103億円。3位がAKB48で78億円となっています。

 

「ちなみに、4位は嵐、5位はJ Soul兄弟でした」

 

-シングル年間1位がAKB48の『Teacher Teacher』で182万枚。アルバムはアムロ『Finally』で64万枚でした。

 

「相変わらずAKBは人気あるね。ただ、アルバムトップの売上がたった64万枚とは、LP時代に戻ったような数字だね」

 

-2019年度から合算ランキングが始まりましたから、テレビの総合視聴率みたいに、今後は数字がまたデカくなるんじゃないですか。

 

「ちょっと注目だね」

 

-というわけで、レコード業界は今年も『A系=秋元康系』が引っ張っていきそうだ、ということでよろしいですか?

 

「んだ、んだ」

 

-次に、スポーツ界に眼を転じてみますと、何と言っても超新星はフィギュアの紀平梨花ですよね。

 

「強い上に可愛いのが凄いよね。今までのエースとの相対評価はもちろん、水泳のエースと比べても、ねえ」

 

-あっちはガタイが良すぎて、アイドルでも格闘系って感じですもんねえ。

 

「昨シーズン、本田真凜が残念だったところを一気に全部持ってっちゃった」

 

-女優系では、石原さとみ、新垣結衣、綾瀬はるかの三大アラサーや、北川景子、佐々木希、武井咲の三大人妻wwwは別格として、やはり広瀬すず、有村架純、土屋太鳳、高畑充希、永野芽郁あたりでしょうか。

 

「グラビアで強かったのは武田玲奈、吉岡里帆、橋本環奈、まあ筧美和子あたりだったけど」

 

-吉岡里帆は売り出しのためのグラビアだったから、もうやりたくないとか言ってます。

 

「こちらの認識としては、みんなグラドル上がりなんだけどねwww」

 

(つづく)

 

 

 

-こんばんは、大三元ツモ夫です。今日は何故かイヤホンのレビューに召喚されたのですが、所長、なんで今回は入門機を取り上げるんですか?

 

「グラドル研所長ひでまろです。いやあ、確かに、1万円級のイヤホンはとうに卒業してるんだけどね、今回は断捨離のし過ぎでイヤホンが足りなくなっちゃってさ」

 

-はぁ…

 

「で、SHURE製のUSB-C接続DAC内蔵イヤホンケーブルRMCE-USBに合わせるヘッドに、釣り合いを考え同じ1万円級のSE215SEを調達してみた次第です。SHUREのイヤホンって聴いたことなかったし」

 

 

-で、この際、SHUREを聴いてみようと。

 

「そう。念のためポイントで買ったけどwww」

 

-まあ、その方が外れた時のショックが小さくなりますからね。で、いかがでしたか?

 

「いやあ、ソニーに近いドンシャリ系の音で、想像外に好みの音が出てきてびっくりしました」

 

-所長は以前「入門イヤホンのレビューを書くつもりで、フィリップスやゼンハイザーの5千円級モデルを買ったけど、音が気に入らなくて挫折した」ってぼやいてましたよね。

 

 

 

「うん、その時はやっぱ安いのはダメだ、と思ったけど、SE215SEを聴いて、ああ、値段じゃなくってメーカーの音作りとの相性なんだな、って気付きました(^^ゞ」

 

-何を今更、という気もしますが…

 

「結局麿が好きなのは、SONY、STAX、Westoneあたりの音作りで、SHUREもそれに近かったってことかな」

 

 

-で、SE215SEのどこが気に入ったのですか?

 

「ドンシャリで低音厚め、周波数特性が狭いわりに高域の籠り感もないってところかな。グルーブ感もよかった。流石に解像感とか音場とかは上位機に適わないけど、SHUREの上位機種を聴いてみたいと思わせる音でした」

 

-なるほど、となるとSE846、買っちゃいますか。

 

 

「いやあ、流石にSE846買うならIER-M7かN5005買うと思うよ。後継機種が出れば考えるけど、つーか、5桁制限設けちゃったせいで、XBA-Z5の後継がなかなか決まらなくて困ってるのよ、いま」

 

 

-とかなんとか言って、IER-Z1Rが出たら結局なんやかや理屈をつけて買っちゃうんじゃないんですか。TA-ZH1ESもまだお持ちですから、ドライブ環境も問題ないですし。

 

 

 

「でも、Z5からそこまで上げるのもなあ。一年早ければ迷わず即買いだったんだけど、今は断捨離モードなので…」

 

-幸い?、IER-Z1Rの発売も遅れているようですから、所長の気が変わるのを待ちましょう。

 

「そういえば最近、ソニーのMDR-EX155を買ったんだよね」

 

 

-それって、5千円どころか2千円でお釣りがくるモデルじゃないですか。

 

「うん。でもちょっと雑用で使うのに一本欲しくってね。作業でパソコンの音を聴く時とか」

 

-で、どうでした?

 

「いやあ、ちゃんとソニーな音が出て、意外に聴けてびっくりした。ながら作業用でBGMを聞き流す分には、音楽もこれで十分だね」

 

-ちっちゃいしケーブルも細いですから、取り回しも楽ですしね。

 

「うん。結局まろは、単に『ソニー耳』だったということが改めて分かったよ(^^ゞ」

 

お正月ですので、表紙登場部数の合計も見てみましょう。


■主要20誌
■2019年1月2日付
■表紙登場部数ベストテン

1 (3) 齋藤飛鳥 110 (2)
2 (10) 武田玲奈 76 (1)
3 (3) 与田祐希 65 (2)
4 (1) 大原優乃 60 (3)
5 (3) Aqours 58 (2)
6 (3) 白石麻衣 56 (2)
7 (10) えなこ 51 (1)
7 (3) エリカ・マリナ姉妹 51 (2)
7 (10) 安藤咲桜 51 (1)
7 (10) 池間夏海 51 (1)

 

※左から、部数順位・(表紙順位)・グラドル名・部数・(表紙回数)

 

 

こちらでは目出度くベストテン成立(^^ゞ

 

登場回数とは一転、部数の多いマガジン・ジャンプ系登場グラドルが上位を占めています。

 

 

こちらの1位は乃木坂46いち小顔の齋藤飛鳥。部数に強い武田玲奈が今年も2位に入りました。3位も乃木坂の与田祐希。

 

 

 

部数並び1位の大原優乃はこちらでは4位発進。浅川梨奈女帝に至っては、こちらでは圏外…。隔週誌に強いコア層向けグラドルの逆面目躍如でしょうか(^^;)。

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。


本年もグラドルランキングをよきよきのほど<m(__)m>

 

さて、集計期間内に4誌ほど発売されたので、予定を変更して、2019年最初のグラドルランキングを発表させていただきます。

 


■主要20誌
■2019年1月1日付
■表紙登場回数ベスト9

1 浅川梨奈 3
1 大原優乃 3
3 与田祐希 2
3 齋藤飛鳥 2
3 白石麻衣 2
3 華村あすか 2
3 エリカ・マリナ姉妹 2
③ 山下美月 2
③ Aqours 2

 

 

 

新たにレコ大二連覇歌手乃木坂46の山下美月と、『ラブライブ!サンシャイン!!』の人気声優グループAqours(アクア)がベストテン入り。でもまだ9組(^^ゞ

 

 

ただ、次週はかなりドラスティックに動きそうですので、正月休み明けを乞うご期待!って感じです。

 

-おはようございます、大三元ツモ夫です。大晦日になって急遽召喚されましたので、2018年のグラドルについて振り返ってみたいと思います。

 

「グラドル研所長のひでまろです。本年もお世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いいたします」

 

-グラドルランキング的には、浅川梨奈・大原優乃・小倉優香の三大童顔巨乳グラドルが超高得点でしのぎを削り、僅差で浅川梨奈が年間V2を達成しました。

 

「年に一人出るか出ないかの登場20回越えが、今年は三人も出る超ハイレベルな斗いだったねえ」

 

-で、今年も昨年に続き童顔巨乳第二次黄金期、かと思ったら!

 

「思ったら!?」

 

-な、な、なんと、ベストテン入りグラドルの平均バストサイズが、昨年の86.5cmから83.3cmへと、早くも3cm以上縮小しています。

 

「いやあ、びっくりぽん」

 

-世間一般では、オリコン写真集ランキング年間ベストテンのうち9席を坂系が寡占しましたけど、グラドルランキングでは坂系は3人しか入らなかったので、AKB全盛期のような、つるぺたパンデミックはなかったんですけどねえ。

 

「RaMuみたいにオーバー90cmもベストテンに入ったしねえ」

 

-というわけで、昨年のグラドル年間ベストテンとの異同を見比べてみました。

 

「昨年から圏外に落ちちゃったのは、天木じゅん、宮脇咲良、馬場ふみか、西野七瀬、忍野さら、葉加瀬マイ、磯山さやか、橋本マナミ、白石麻衣の9名」

 

-一方、新たに入ったのが、大原優乃、牧野真莉愛、与田祐希、長濱ねる、武田玲奈、齋藤飛鳥、RaMu、川崎あやの8名でした。

 

「今年は結構入れ替わったね」

 

-逆に2年連続は浅川梨奈、小倉優香、久松郁実の超一流童顔巨乳だけでしたね。オーバー90cm組の天木じゅんと忍野さらが今年は圏外ですから、その影響ですか?

 

「でもまあ、今年はRaMuが入っているし、三大童顔巨乳と久松郁実もいるから、童顔巨乳グラドルの地殻変動が原因ではないね」

 

-坂系も、2→3と微増だからそんなに影響していない。となると…

 

「となると?」

 

-おやっ!?

 

「そうなんですよ、川崎さん」

 

-ちょ、ちょっと待ってください、山本さん。

 

「いや、実はですねえ、昨年ベストテンに入っていた、葉加瀬マイ、磯山さやか、橋本マナミの巨乳オバサー組が、今年はごそっと抜けているんだよね。代わりに武田玲奈と川崎あやのクビレ系(=カップはあるけど数字は小さい)が入ったから、大きく平均を落としたんだ。おかげで平均年齢は、24.0歳から20.4歳まで、一挙に3歳以上若返ったけどね」

 

-オリコンで唯一、非坂系でベストテンに入ったのが石田アラフィフゆり子というのに、時代に逆行していますね。

 

「そうなんですよ。じゃなっくって、実はこれは、グラドルランキングが時代を先取りしていた、ということなんじゃないかな」

 

-ということは、今年のランキングは、2019年は童顔巨乳が坂系を駆逐して天下を取ることの予兆である、ということでしょうか。

 

「ということにしておきましょう」

 

-この予言がいい波のってんのか超ギモンですが、そろそろ時間となりましたので、それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

 

「今年はあざまる水産でした。来年もよろしくお願いいたします(^^)/」

 

 

 

 

 

最後に総評と、2018年の展望です。

 

 

【2018年の総評】

 

終わってみればオーディオ関係には大断捨離が実行されていました。

 

何と言ってもMacBook Proの退役が最大のトピック。音質を多少犠牲にしてまで利便性や空間の余裕を選ぶとは、自分でもびっくりです。ジブラルタルシャーシもマッサオ(謎)。

 

この流れが続くと、いよいよ来年はSONY TA-ZH1ESがNW-WN1Zの後継機に入れ替わりそうですね。10年近くMacを使ってPCで高音質を追求してきましたが、脱PC→専用再生機への先祖返りが来年は起きるかもしれません。

 

また、ワイヤレスイヤホンブームがこんなにあっさり去るとは思ってもいませんでした。電源がいるものはひとつでも減らしたいモードなんでしょうねえ、今の麿は…(^^;)。この流れだと、来年は腕時計もApple Watchから専用機wwwに先祖返りするかもしれません。

 

というわけで、去年は物欲大賞にAirPodsを選びましたが、今年は大賞ナシです。突出して萌えるものがなかったので…

 

 

 

【2019年の展望】

 

お日柄の問題でイヤホン系は購入価格に5桁制限を設けたのと、MacBook Proを断捨離しちゃったので、オーディオ系には大きな動きはない予定です。もっとも、現時点でも中古ならアンドロメダやIER-M9が5桁で買えますし、新品でもN5005とIER-M7は5桁で買えますので、ま、そのうち何か買うでしょうwww。

 

また、パソコン本体は、メインマシンはXPS15の3年目突入が決定。メインモバイルもSurface Pro LTE Advancedを導入したばかり、なものの、最近、レッツノートがまた恋しくなっているのでwww、来年XZやRZが「7」になったら買うかもwww。逆にiPad Pro 11は絶対発売日即買いと思っていました、が、12月末になってもまだ買っていません(^^;)。iPad Pro 9.7に全く不満が無いので、もしかして買わない鴨。

 

オーディオ系PCも、前述の通り、やっぱメインマシンXPS15に全てを集約するのはちょっとと思いますし、MacBook Proよりはちょっと音質が落ちるので、最高級ウォークマンの次世代機が出たら、TA-ZH1ESごとチェンジしちゃう鴨しれません(^^;)。さすがに軽自動車より高い巨大ウォークマンwwwは買わないと思いますが。


ま、ともあれ全ては「物欲」ですので、果たしてどうなりますやら。2019年もいろんなデジモノが楽しませてくれることを大いに期待しています(^^)/

 

 

AV関連に引き続き、次は今年三半世紀wwwぶりに復活した、鉄道模型関連です。

 

 

【鉄道模型関連】
①現美新幹線 6両セット(TOMIX)
②特急はと青大将 基本7両セット(KATO)
③特急はと青大将 増結5両セット(KATO)
④マイ38青大将 2両セット(KATO)
⑤EF58青大将(KATO)
  ※②~⑤で14両編成
⑥165系 急行アルプス 8両セット(KATO)
⑦サハシ455(KATO)
⑧サハシ165(KATO)【HOゲージ】
⑨鉄コレ 銀座線 2両セット(TOMIX)
⑩供奉車330(KATO中古)
⑪マシ35(KATO中古)
⑫スハ43(KATO中古)
⑬キロハ25(TOMIX)
⑭猫屋線DB1+ホハフ11(TOMIX)
⑮猫屋線DB2+ホト2+ホワフ3(TOMIX)
⑯車掌車ヨ8000(KATO)
⑰駅コレ 三江線 宇津井駅 ライトアップVer

 

※特に記載のないものはNゲージ新品

 

 

 

現美新幹線は単純に乗った記念ということなのですが、残りは一見脈絡がないですね(^^;)。で、ひでまろの心情を解説しますと、

 

 

①マイテの模型が欲しくなったところで、ちょうど青大将セットに入っていたのでついでに大人買いしたとか、

 

 

②サハシは昔から大好きなので復活記念に買ったとか、

 

 

 

③銀座線は渋谷駅工事で一部運休した時に関連区間を乗りに行った記念に買ったとか、

 

 

なんらかの理由は一応つきますです(^^ゞ

 

 

でも実はまだ線路とパワーユニットがありませんwww。ジェイ・モデリングのNゲージ ジオラマ複線ケースを買い、4両を交代で展示していますです(^^ゞ

 

(つづく)

 

PC関連に引き続き、次はAV関連です。

 


【ビジュアル関連】
①Panasonic DMR-UBZ2030


【イヤホン関連】
①▲SONY WF-1000X
②STAX SRM-D10
③RMCE-USB
④▲Jabra Elite 65t
⑤▲INAIR M360bt
⑥SHURE SE215SE
⑦SONY MDR-EX800ST(中古)

  ▲=すでに手放したもの

 

【オーディオアプリ】
①Audirvana Plus3.x
②Audirvana Plus for Windows10

 

【オーディオ本体】
①ウォークマンA55

 

 

 

今年は、9年ぶりにBDレコーダーを新しくしました。パソコンやイヤホンは年に何個も買い、スマホも年に1個は買うのに、何故かBDレコーダーは壊れかけるまで放置していました。ま、日本の家電が優秀なおかげですが、明らかにムラがありますね。アナログ時代は半年に1台ビデオデッキを買っていたんですが…(^^;)。デジタル時代になって、ビデオ機器への関心が薄れた(というかパソコンにシフトした)んでしょうね(^^;)。

 

 

次にオーディオ関連ですが、まずイヤホンは、『おもいでのイヤホン・ヘッドホン2018』で総括した直後に大きな動きがあり、BTワイヤレス系が一網打尽に断捨離(WF-1000X、Jabra Elite 65t、MUC-M2BT1をイーイヤして、唯一AirPodsだけ生き残りに)。そして何故か6年ぶりにEX800STを中古で買い戻し、ウォークマンもA55を新たに買って、携帯オーディオが「Apple Watch+ワイヤレスイヤホン」から「ウォークマン+有線イヤホン」に先祖返りしちゃいました(^^ゞ

 

 

音楽再生アプリでは、Audirvana PlusのMac版を今頃になってVer.3にアップデート。スキップしてもよかったのですが、SoXアップサンプラーを使ってみたかったので(^^ゞ。

 

また、7月にはAudirvana Plus for Windows10も出て、結果的にMacオーディオ生態系を駆逐してしまいました。

 

Audirvana Plusは、ダイレクトモードで動かしてこそ真価を発揮するのですが、2年前、2016年9月にmacOSが Sierra(OSX10.12)になって以降は、脱獄っぽいことをしないとダイレクトモードを使うことができなくなりました。で、ひでまろは頑張ってOSX El Capitan(OSX10.11)のまま使っていたのですが、この秋、ついにmacOS 10.14が出て10.11がサポート対象外になってしまうという事態に。加えて、使っているMacBook Pro自体も5年経ってだいぶ古くなり(ちゃんと動きますが)、ひでまろのMac系音楽システムは重大な岐路に立っていました。

 

そこに登場したのがAudirvana Plus for Windows10でした。リリース当初こそ、曲のソート順が謎だったり、ファイル名の文字化けが頻発したり、音切れが多発したりしていましたが、秋にはかなり完成度が上がり、使う時に感じるストレスはほぼなくなりました。

 

また、音質面でも、いくつかのマシンを試した結果、XPS15を母艦とした音がMacBook Pro母艦の音と遜色ない感じになったので、ひでまろはついに、母艦をWindowsマシンに切り替える決断を下しました。

 

この結果、MacBook Pro+iTunes+iPhone+Apple Watch+AirPodsというエコシステムが崩壊。

 

ウォークマンA55を導入し、ひでまろのポータブル環境は、ウォークマン+有線イヤホンに先祖返りしました(^^ゞ

 

 

 

あと、何気に今更ですがSE215SEを買い、RMCE-USBのヘッドにしてみました。SHUREのイヤホンには今までご縁がなかったのですが、なかなかいい感じですね。もっと早くご縁ができていれば846とかも買ったかもしれないのですが、今更転向する気もないので…。

 

 

 

あと、ZX100もイーイヤしちゃいました。ZX300との差が明確についたし、流石にもう使わなくなったので、元気なうちに新天地に送り出しました。なわけで、今ひでまろの手許にあるウォークマンは、初代メモリースティックウォークマン、ウォークマンX、A847、A17、ZX300、A55あたりになりました(掘れば古いのがあと何台か出てくると思いますが、よく覚えていない(^^;)。ちなみに現役はZX300とA55だけです。


(つづく)

 

3週ほどお休みをいただいていた週刊グラドルランキングですが、早くも月末となりましたので、2019年度最初のグラドルランキングを発表させていただきます。


■主要20誌
■2018年12月26日付
■表紙登場回数ベスト7

1 浅川梨奈 3
1 大原優乃 3
3 与田祐希 2
3 齋藤飛鳥 2
3 白石麻衣 2
3 華村あすか 2
3 エリカ・マリナ姉妹 2

 

 

2018年度の勢いそのままに、昨年度1位の浅川梨奈と2位の大原優乃が並びトップ。

 

a-books gravure 2018 a-books gravure 2018
1,800円
Amazon

 

二番手グループも、与田祐希、齋藤飛鳥、白石麻衣の乃木坂組が顔をそろえました。週プレいちおしの華村あすかもランクイン。

 

 

 

 

 

しかし、早くも2019年の台風の目になりそうなのが「エリカ・マリナ姉妹」。動画投稿サイトTikTokからブレイクした年子のJK姉妹(エリカ高3・マリナ高2)ですが、12月はヤンマガとフラッシュに登場。また年末には若動物wwwにも登場予定と、音羽系から大プッシュを受けつつあります。

 

 

個人的には、ミスマガGPの沢口愛華タンをもっとプッシュせいや、と思うのですが、エリマリが第1四半期に旋風を巻き起こすかもしれませんね。

 

 

なお、今週はまだ複数回登場が7組しかありませんでしたが、次回、年明け発行時にはベストテンを形成できる見通しです。

 

 

というわけで、グラドルランキングの年内更新も今回が最後。2018年も大変お世話になりました。2019年もグラドルランキングをどうぞご贔屓に<m(__)m>

 

 

それでは、みなさま、よいお年を(^^)/

 

年末恒例の、物欲懺悔コーナーですwww

 

今年は、昨年に続き動きの少ない一年でした。物欲が枯れたのかなァ(嘘)。

 

というわけで、それでは早速、今年新たに購入したマシンをご紹介しながら、背景の解説なんぞもさせていただきましょう。

 


【PC本体】
①Surface Pro LTE Advanced

 

【PC関連】
②Surface Pro Type Cover Special Edition Marimekkko/KAIVO
③Surface Precision Mouse
④ロジクールG903
⑤ロジクールMX MASTER 2S


【スマートデバイス】
①Apple Watch Series 4 GPS+Cellularモデル

 

 

 

ひでまろはこの2年ちょっと、メインのモバイルPCとして NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ330/DAS を愛用していましたが、流石にCore m3-6Y30ではツラくなってきたのと、バッテリーがヘタってきたので、この夏 Surface Pro LTE Advanced に更新しました。

 

本体重量が798グラムから約1,100グラムと大幅に増加しましたが、結果的に全く気になりませんでした。むしろ性能大幅アップでウハウハです(^^ゞ

 

ついスカして、マリメッコのタイプカバーも買ってしまいましたが、これもなかなかいい感じ。キー配列も、基本は変わっていませんが、Fnキー周りのレイアウトがPro4のタイプカバーより使いやすく進化したのもよかったのです。

 

 

ちなみにひでまろがSurfaceシリーズを買うのはこれで3台目。いつの間にかSurfaceマニアになってますね(^^ゞ。前はレッツラーっぽかったのにwww(ちなみにレッツノートは5台買いました。現役はゼロですが…)。Surfaceはなにげにマウスもダイヤルもペンも持っているので、これを機にフル実装してみましょうか(^^ゞ

 

ただ、メモリーは8GB以上必須ですね。Surface3(メモリ2GB+LTE)とSurface4Pro(メモリ4GB)は投げ売り品を安く買ったので、結果的に安物買いの銭失いでした。Surfaceを所有するという物欲は満たしましたけど(^^;)。Surface Pro LTE Advancedも今や旧世代になってしまいましたが、こちらはメモリー8GB積んでいるのでまあまあです。でもやっぱ次買う時は32GB必須かも。

 


閑話休題。次の話題です。

 

ひでまろは実はマウス大好き。今までに100個以上買っています(^^ゞ。で、いまの現役は、ロジクールMX MASTER2、MX Anywhere2。マイクロソフトSculpt Comfort Mouse。マッドキャッツRATマウスあたりだったのですが、RATマウスが死んだので、後継候補に高級マウスを2個購入。しかし、結果的には両方お蔵入りの憂き目にあってしまいました…orz

 

Surface Precision Mouse Surface Precision Mouse
9,825円
Amazon

 

まず、③Surface Precision Mouseですが、こちらは何と言ってもホイールの横チルトができないのが致命的でした。左サイドの真ん中のボタンを押しながらホイールを回せば横スクロールにはなるのですが、なんか慣れることができませんでした。USBレシーバーも欲しかったですね。

 

 

次に、④ロジクールG903。これは私の確認不足でしたが、今時Bluetoothで接続できない上に、USBレシーバーがあんなバカデカイってどーゆーこと?、ってなっちゃいました。もちろん、ゲームで最高のパフォーマンスを出すためなのですが、ゲームをやらないひでまろには誤スペックでした。名機を無駄にしちゃって申し訳ございませんm(__)m

 

 

なお、⑤ロジクールMX MASTER 2Sは、3年半使った初代MX MASTERの親指スイッチが死に、ホイールの精度も落ちたので買い替えたものです。で、新品にしたら、ちょっとしたポインティングやスクロールのズレとか、チャタリングとか、微妙に感じていたストレスから解放されてびっくり。マウスってやっぱ消耗品なのね、と改めて思いました。(残念ながら3年を過ぎていたので無償交換の対象にはなりませんでしたが(^^ゞ)

 

 

 

そして最後に、Apple Watch Series 4 GPS+Cellularモデルです。ヲチは2から3、3から4と、2年連続して買い替えてしまいました。ちなみに、ファーストモデルは買っていません。当初は、4は全く買う気はなかったのですが、Mac Fanの特集に載っていたデイトナっぽくレイアウトしたデザインにハートを射抜かれてwww、発売日に買ってしまいました。やっぱ、大きいことはいいことデス(^^ゞ


(つづく)