リナちゃん出張

テーマ:

アップランチは定休日の今日、リナちゃんは出動でした。



全く知らない環境に行っても、放牧されたらすぐに草を食べだして・・・ゴロゴロと寝転んだり、おくつろぎのリナちゃん。

もっと緊張するかと思ったけど、度胸のある子だわ。


ここは、JRA宮崎育成牧場。


今日は、獣医師会の方々の講習会が開催され、その実習馬にご指名いただいたのでした。


ワクチネーションのしっかりしていて、良い馬(牝馬)ならば宮田さんところが一番いいでしょう、とある先生から言われたのは嬉しかったです。


セン馬(去勢馬)とかなら、いろんな乗馬クラブにもいますが、牝馬は圧倒的に数が少ないですね。


なぜならば、性格の面や気質なんかで、調教が難しくなってくるから。


でも、うちは牝馬率がとても高いです。なぜならば、Tomさんの調教がベースにあるから。


私がいうのもなんですが、良い牝馬が多いのは確かです(笑)


・・・これは、詳しくはまた別の機会に書くとして・・・。



すぐに沈静の効いたリナさん。千鳥足です。


枠場に寄りかかっています。





今回、繁殖牝馬についての講習会でしたので、尻尾を吊られ・・・。




エコーの診察や、直検での触診などを、参加者の方々、熱心に見ていらっしゃいました。


数名の方は、腕まで手を入れて、体験されていました。


私たちも、疝痛の時などは、石鹸などをつけて腕をいれてボロを掻き出したりすることもありますが・・・


リナみたいなでかいヒップの馬はちょっと嫌だなあ・・(苦笑)


腕を入れた時に馬が暴れて肩を脱臼したって話も聞いたことあるし・・。



JRAの遠藤先生、日高の方でも繁殖も手がけておられたそうで、とても詳しく。


いろんなお話を聞けて、またまた勉強になりました。



リナさんにとっては、多少迷惑な一日だったかもしれませんが、卵巣などにも異常ないことも分かり、診て頂いてありがたいことでした。


前回の交配で着かなかったので、この春に、また掛けようと思います。


なんにせよ、たくさんの獣医師の方々のご意見が聞ける環境というのは、とても恵まれていると思います。


こんなに恵まれた施設や頼もしい馬専門の獣医師が、馬運車で30分の距離というのもまた、ありがたいことだなぁーと、しみじみ思いました。




AD

今昔物語、人間版

テーマ:

カウガールズコレクション!!


(コレクションて何や??)


キリッとした朝の空気の中、馬に跨る私たちは・・・16年前に出会ったご縁で今、この瞬間があるのです。


・・・というと、ちょっと大げさかな?


昔、私が初めて勤めた牧場、観光牧場でしたが・・その当時、乗馬教室で来ていた子供たちなのです。


・・といっても、もういい年のお姉さんたち。それもそうだわね、私が、いいおばちゃんなんだから(笑)


一人はうちのメンバーになってくれて、今、とっても乗馬ライフを満喫しています。


二人とも泊まりがけで遊びに来てくれて。


そして実は、今、シーガイアで頑張ってくれている男性スタッフも、当時、同じ牧場で働いてた同志。


なので、昨夜は、プチ同窓会?OB会?みたいなので、焼き鳥屋で昔話に花が咲きました。



私たちは、いい時間を過ごしてきたなぁ・・・つくづくそう思います。


今があるのは、過去の全てがつながっているということ。


いいことも、悪いことも。。


みんな、紆余曲折を経て今があるけど、それが素晴らしいと思う。


これでいいのだ!と思えてくる。


うーん、なんかワインがまわってきた・・・(笑)


今の自分があるのは、あの牧場、あの社長のおかげ、と胸を張って言える。


(バリボーママ、見とるか?笑)



この話は、とてもどこまでも長くなるので、この辺で割愛しましょう。


また、別の機会に・・。









話変わって・・このかわいいボクちゃん。。


あんまり見慣れない障害を調査中・・・??


ではなく・・・・・・。



センダンの実を調査中(笑)





センダンの実。。。。。。。。



1センチくらい??


こんなちっちゃなものを、目視なのか、匂いなのか(私には感じない)器用に鼻先で探しては、ポリポリかじる・・。


調馬索の時は、しっかり走る、でも。


いったん止めてリリースをあげると、ほっぺたの奥からまた種を取り出して、奥歯でポリポリかじる・・・(笑)


時々ゴリゴリ音がしたり・・・。大丈夫かいな?


本当に、オッサンみたいで、とても面白い。


毎回、この馬には笑わせてもらう・・。


ボロするときには、う~~~~ん・・・とモロに声に出して気張るし・・。


黙ってできんのか?と毎回いうけど、できんみたいや。


本当に、かわいい子です(笑)

AD

今昔物語

テーマ:


我が家を支えてくれたジプシー。

だいぶ体調が良くなってきたので 放牧してあげました。
と言っても 馬場ではなく、自由です。

どこにでも行けます(笑)

*この写真見て、目の前の階段、危険じゃない!?と思った方、ジプシーなら大丈夫です。

 サラや若い馬たちなら、何かに驚くと駆け下りることもあるかもしれません(その前に放しません)が、ジプシーは、よく考えて足場を慎重に選ぶ子なのです。 ここでしばらく立ち止り、迂回しました(笑)





実はその昔、10年以上も前かな、何もない時代は ジプシーたちはよく こうやって 敷地内を自由自在に闊歩していたのでした。

ジプシーは その頃を思い出して しばらく歩き回り、、なんと 古い厩舎に入ろうとしました(!!)

きっと 昔を思い出したんでしょうね。

でも、そこにはみんな住人がいて。。ごめんよ!


しばらくすると、今の自分の部屋(新築の立派な馬房)も分かって、ちゃんと自ら帰っていきましたよ。

当時は こんなでかいログハウスもなく、こんなたくさんの馬も居なかったから 多少 戸惑いがあったかな?

あの頃のうちは、本当になぁーんにも無くて・・。

厩舎とトレーラーハウスと、簡易トイレとプレハブ1個。

とてもシンプルだったなぁ(笑)


あの頃を知る、数少ない当事者、ジプシー。


本当にいとおしくなるくらい賢い子です。



AD

健康一番

今日は、Tomさんと、人間ドックに行ってきました。


私は、何年か前受けたことあったけど、Tomさんとは初めてで。


いつもTomさんは忙しすぎて、いざ受けようというと、予定が分からんとか、看護婦がカワイイとこがいい、とかなんのかんの屁理屈をこねるので、そんなの知らんわ、と、今回、強制的に私が申し込みました。


全身くまなく検査してもらって、今日分かった範囲では、異常なし!!

血液検査の結果は、また後日。


でもよかったー!!


Tomさんも、最近痩せたので、周りから心配されてたようですが・・


健康そのもので、理想体重は、まだ痩せたほうがいい、と言われたようですが、仕事が仕事なので、馬に負けない程度には、筋肉を保ってほしいものです。


ダイエットしろて言ってて、今度は筋肉つけろって勝手なことばっかり言う・・・と言われましたが(苦笑)


まあ、なんにせよ、健康体があってこその幸せ。


お金はあんまりなくても、元気な体があればまた稼げるからね。


健康が一番!!


こないだ思った。


腰痛とか頭痛は、ある程度、気合で我慢できるし、乗り切れるけど・・・

こないだみたいな、めまいとかは、頑張る気力さえ失われてしまう病気。


この私が、成すすべなしの超弱気になってしまうのだもの。おそろしやー・・・。




そして今日の午後は、東京のテレビ朝日の取材。シーガイアにて。


先日は、MRT(宮崎放送)の取材は、うちのスタッフの田村さんに出てもらった。


そして今日、帰ったら、とある大手雑誌の取材依頼。(情報にうとい私が知ってるくらいの)


Tomさんは、毎月、乗馬雑誌エクウスの編集、校正に忙しい。


思えば忙しくなったもんだ(笑)ますます、体を大事にしなければ!


(でも、実は私は自分の体よりもジプシーの回復が思わしくないことの方が気がかりなんだけどね・・)













幸せな犬たち

テーマ:

ある休日の風景。



のんびり日向ぼっこのリアン。

・・・の後ろ、分かりますか?


丸馬場でのんびり日向ぼっこのお馬。


たぶんジェントリーだったかな?


なんとも平和な光景。癒される~(笑)


馬や犬たちが幸せなのが、私の幸せなんだなぁと感じる瞬間です。



Tomさん、かわいがり方をなんか間違ってるよ?(笑)


されるがままのリアン(笑)


この後、私も抱っこしてみようかと思ったけど、かなり重くてこんなことで腰にきたらいやなのでやめました(笑)


今何キロあるかなぁ。。24,5キロかな?


最近動物病院も行ってないからわからないなぁ。


先代のルーシーやレイチェルは、放し飼いだったので、ご近所めぐりでたいがい太り、マックス32キロくらいだった記憶がある・・・。


ある日、レイチェルが食パンをくわえて茂みの中から戻ってきたことがある。


パンもろた~♪って、ご機嫌な顔をして・・・。


そのパンはまた、ホテル食パンみたいな、高級そうな分厚いパン。


私は血の気が引き、もしやこの子は、人様のおうちの台所にまで上がりこんだのでは!?と勝手に想像し、こっぴどく怒り散らかした。


もちろん、ホテル食パンは没収して・・。


その後、どこのおうちか分からないので、心当たりのあるご近所数件に手土産もってお詫びに回ったところ・・・。


あるお宅のご夫婦が、毎日来るのが楽しみなんですよ・・・と。


なんとわざわざ準備してくれていたらしい(苦笑)


うちの茂みから続くその庭には、ちょっとしたテーブルの上に、ごはんとトンカツ!?が準備してあったのです!(笑)今日の夕食はトンカツか!なるほど、うちのフードを食べないわけだ(笑)



また、ある日は、ルーシーのチェーンの首輪が抜けたかなんかで首輪なしの時があり、買わなきゃなぁと思っていたら、誰かのお下がりのような首輪をして帰ってきたり・・(笑)


私も新しいのを買って、首輪を二つつけて、お古のほうに、お心遣いありがとうございました、と手紙をつけて放してたら、お古の首輪はまた外されていたり。


伝書犬!?面白かったなぁ。。(笑)


うちのアイリッシュセッターズの思い出話は、まだまだあるけど、今日はこの辺で。。




立派に現役!

テーマ:

うちの凸凹コンビ(笑)


最年長と最年少。その年の差、26歳!!1歳と、27歳だからね(笑)



寒い朝でも、この二人は気が合って走ったりじゃれたりするので、馬着は脱がせてます。

引っかかったりしたらあぶないので。。





この二人の面白いところは。


いつもベティ(ちびちゃん)のほうが先頭にたち、ジェントリーじいちゃんのほうが、心配そうに後を着いてまわるのです(笑)


普通、弱い子が強い馬のあとをついていくものなんだけど。。


もしや、ベティのほうが強いんだろうか(笑)






なんというかもう。。保護者ですね(笑)


しかしベティ、良血のクォーターホース。すでに胴回りが、じいちゃんに追いつこうとしてる!?


じいちゃんも、だいぶ肉付きよくなったんだけど。(ねぇ、Mさん!?)



でも!!


ジェントリーじいちゃんも、まだまだ若いのには負けませんよ!


立派に現役、ファンも多いのです!


最近、ますます絶好調なじいちゃんです(笑)




ちなみに、私が乗ってるのはクォーターホースのスタリオンです。


首、太いでしょ!?(笑)

相棒、ジプシーのこと

テーマ:


かわいいジプシー。


もう書いてもいいかしら。(予後がどうなるか分からなかったので、怖くて書けませんでした)


この一週間、寝付けない夜を過ごしていたけれど・・。


先日、思わぬ私の不注意で、ジプシーに大変なケガさせてしまったのです。。


もしかしたら命にも関わるかも・・というあわや大惨事、の出来事でした。



どうやら、最大の山場は乗り越えたようで。。



いつもシーガイアの観光乗馬で頑張ってくれていたジプシー。


いつか、おうちに連れて帰りたいな、と最近考えていたところでした。


久しぶりに連れて帰った我が家は、新しい厩舎も出来て、知らない仲間たちがいっぱいいるけど、ここはジプシーのおうちだからね、あんたが一番偉いんだからね、と話しかけました。


なぜ一番偉いのかというと、ジプシーが、私とTomと同じくらい長く一緒にいて、カウボーイアップランチの礎を築いてきたからです。


6歳でうちにきたジプシーも、今年でもう21歳。


共に頑張ってきた大切なパートナーです。家族でもあるけど、仕事の相棒、というのが近いかな。


とてもプライドの高い彼女は、当初なかなか一定の距離を崩しませんでした。


その頃、子馬がいたからもあると思うけど。(先日書いた、ディディコイ)


今は阿吽の呼吸で、気持ちは通じ合えるようになったけど、彼女の気高い気質は今も変わらず。


それを知っているので、ジプシーを可愛がる時も、私は馬房に長居はしません。


とても物静かで、非常に賢く、人間に気を使うジプシー。


彼女は、馬房で一人静かにしている時が一番落ち着き、リラックスできるのです。


だから夜、様子を見に行く時も、少しのにんじんとリンゴを持って行き、首筋を撫でて少しだけ話しかけたらそれで終わりです。

(本当は、かわいいジプシーをずっと眺めていたい気もするけど)


長々と、馬房に居座るのは、人間が可愛がってるつもりでも、ジプシーには迷惑でしかないのがわかっているから。


遊び好きな若馬や、人間大好きな構ってちゃんの馬なら、長く馬房にいても大いにアリだと思いますが。


傷の治療、沢山の注射や消毒も、痛いのを我慢してじっと耐えて協力的なジプシー。


どこまでも静かで、微動だにしないジプシー。


それがひとたび、外乗や流鏑馬となれば、全力で応える。


それもしっかり、人間の指示の基に。


これほどまでに、静と動を併せ持つ馬は、そうなかなかいません。


過去に、譲ってくれという話も何度かあったけど、売らなくてよかった。


これから、傷の回復を待って、もうしばらく手元に置いて、じっくりと体を回復させてあげたい。


シーガイア行って、ある意味、私の手元を離れてしまって、ずいぶん筋肉も落ちてしまったから・・。



これまでうちを支えてきてくれたお礼に、出来る限りのことをしてあげたいなあ。

どんなに高いサプリメントでも、この馬のためなら惜しくない。

今があるのは、ジプシーのおかげ、といっても過言ではないから。



ちなみに、今日、傷を見に来てくれた獣医師の方は、なんと(ジプシーの着ている)Mizunoの馬着を開発するのに携わった獣医さんでした!

こんな先生にも診て頂けるなんて、感謝、感謝です!!


傷の治療法にしても、いろんなお話にしても、目からウロコで、大変勉強になりました。

本当に、ありがたいことです。

















講習会

テーマ:



じゃがちゃん、寒い夜に帰ってきて、ごろにゃん甘えてきたので、おうちにいれてあげました。


ますますゴロゴロご機嫌でしたよ。




そして今日は、鹿児島の九州種馬場というところで馬の講習会でした。


今回の題目は育成期の疾患について。

沢山の症例と症状、治療法や使用する薬品まで。かなり専門的な内容でしたが、分かりやすく説明してくださったので、大変為になりました。


X線所見をどう見るか、内視鏡所見をどうみるか、など、獣医師向けのような内容も大変興味深いものでした。


競走馬の疾患も多いですが、うちにいる乗馬でもあるある、という疾患もあったので、今後に生かせそうです。


JRAという大きな組織の中で、大変な時間や労力や費用を費やした研究結果を、こうして無償でご教授いただけて恩恵にあずかれるというのは、なんとありがたいことでしょう。


本来なら、うちのスタッフたちも全員連れて行きたかったのですが、残念ながら人手が足らなかったので、資料とお弁当をお土産に持って帰りました。


常に勉強し続けなければ。調教にしても、飼養管理にしても、満足したら終わりです。


よりよくするために、いつも最新情報のアンテナを張って、より多くの獣医師や馬仲間のネットワークを大事に、これからも日々馬のためにがんばっていこうと思いました。







馬にウマ

テーマ:

はじめまして。

・・・って、君、誰?


午年の使者?僕もウマなんだけど。。



フンフン・・・食べ物じゃなさそうね







僕なんか、訳わかんないヤツ背中に乗せられてるけどー・・・



ねえ、もういいでしょ・・・?


さっき、運動がんばったから背中汗かいたんだけどー。。


早くシャワーしようよー。





はいはい、わかったよ(笑)


ヒカルさんが、ウマのぬいぐるみ持ってきもんだから、ついつい遊んでしまいました(笑)



全ては馬のために

テーマ:

最近、トレーニングの組み立て方が上手くなった。


気がする。(笑)


何が、といわれたら難しいけど。


今、自分の下にいる馬の問題点が浮き彫りにされてきた、というのか。


よく見えてきた。


例えば、レイニングホース。ラージファストの出し方とか、バックアップの仕方とか。


Tomさんに指摘されて、乗り方を少し変えたから今はちょっときついけど、これが自分のものになればたいしたもんだ。


馬達が、目が覚めた、というのか、覚醒してきた(笑)


今、すごく楽しい。


調教のまだまだな若い馬に乗っても、ある程度、転用がきくのがうれしい。


その時、完璧じゃなくても、次に繋げそうないい動きがきたところで終る。


本当なら、プロのプロならもっと上を目指すべきなのかもしれないけど。


うーん、残念ながら私はまだ、セミプロくらいかな。アマチュアではないと思うけど。


もしも限りなく100%に近い完成度を目指したスライディングストップをしようとするなら、間違いなく肢がパンクする方が先かもしれない。


自分の欲望に負けず、(もっと上を目指したいという気持ちはもちろんあるから)今日の最高点、で終るように心がけてる。


スライディングストップなら、Max10本。もしくは、それ以下でいい動きをしてくれた時が止め時。


だいたい、6,7本目で、Good boy!!(Good girl!!)と褒めるストップが来る。


本当は、もう1本、やればもっといいストップがくるんじゃないかな?と欲望もわくけど、そこはまだ我慢。


ハッピーエンドが待ってるはずの次の扉が、奈落の底に・・というのは嫌と言うほど分かってるから(苦笑)


お客さんにも、いいところで終りましょう!とよく言います。


もっと、私の技量が上がったらトライしてもいいのかもしれないけどね。



ジャンピングホースも、1頭、試乗で気に入って頂き、即決で新しいオーナーさんが決まった。


フラットワークで、実に良く作ってある、と。


正直、あんまり自信はなかったのだけど、そう言って気に入って頂けたら、悪い気はしない(笑)


もう1頭、予備馬がいるので、今、スタッフと、この馬を良くしよう、と企て中。


馬が良くなる=馬の幸せ。


全ては馬のために。


頑張ります!