「星を使って人生をデザインする」

仙台の占星術サロン&スクール アバンダンスです。

6月22日、日付が変わってすぐの0時54分、夏至を迎えました。
 
夏至は、陽のエネルギーが最大限に極まり、陰のエネルギーに転じる日です。
北半球では、一年で一番昼が長く、夜が短くなる日ですね。
 
占星術で言うと、蟹座の始まり(太陽が蟹座に移った日)が夏至になります。
 
春分に蒔いた種がすくすくと伸び始め、秋分までの3ヶ月間、収穫を楽しみにしながら手をかける時期になります。

貴方の今までの努力が社会的に認められるような星の配置です。


太陽は、蟹座に移りました。
貴方の大切な人を守り育むために、必要な知識を学んだり、そこで得た知識を伝えていきましょう。
積極的に出かけ、いろいろな人に出逢い、様々な情報を得るような過ごし方をすると良さそうです。
 
貴方自身の価値観や生活に、大きな影響を与えるような出来事が起きるかもしれませんが、それが良い刺激となって、上記の行動が後押ししされるでしょう。
 
山羊座、そして「仕事」や「社会的な完成」、「天職」を表す領域に、冥王星、土星が鎮座しています。
 
貴方の社会的役割が固まるような時期になります。
不要なものは手放し、貴方の天職となるものを磨き上げていく。
今まで地道に積み上げてきたことを、貴方の感性で貴方にしかできないものに変える、変容させる。
そんなイメージです。
 
「自らの努力によって到達できる最高地点」を表すMCという感受点に、土星がタイトに重なっています。
 
今までコツコツと積み重ねてきたことが、安定して発揮できるタイミングが来ました。
 
もしくは、社会が抱えている課題や問題点に目を向け、それを貴方の持っている能力で解決したり、貴方の感性で生み出したものを地域に還元する、そんなことが出来るようなタイミングです。
“地域や社会”という意識と、“貴方の能力”という2つの視点を意識すると良いかもしれません。
 
この時期は、
現実的な思考が働き、また忍耐強く持続力があるので、コツコツと目標に向かって進み、着実に結果を手にする、そんな時期です。
 
そして、家族や心の拠り所としている人たちとの関わりも大切です。
心の基盤を整えておくことで、安定して社会で自分を発揮することができます。
 
また、山羊座・10ハウスの冥王星・土星蟹座・4ハウスの水星・火星が対角線上にありますが、このラインにノード軸(ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル)が重なっています。
 
もう少し俯瞰した目で見た時に、
人を守り育む、気持ちを分かち合う
ということがテーマとして浮かびます。

「人を守り育む」と書くと、自分よりも弱い存在を守るというイメージがありますが、一見強そうに見えても助けを必要としている人もいます。
 
その例えとして、「ライオンに恩返ししたネズミ」というイソップ童話があります。
たまたま先日のブログで書いたばかりですので、良かったらお読みください。
 
 
例えば、世間的によく見える方であっても、このライオンのように助けを求めている場合もあるかもしれません。
 
貴方の周りで助けを求めている人はいませんか。
貴方が助けの手を差し伸べてあげられる人はいませんか。
このことを意識してみてください。

それが、これからの貴方の居場所にもなり、仕事にもなるでしょう。
自分で場を作り、仕事を作る。
そのようなイメージです。

これからの時代、自分の力で収入を得る力が必要になります。
老後に2,000万円、いやそれ以上必要だと騒がれていますが、自分で収入を得る方法を身につけておかないと、生活に困窮することも考えられます。

その時に、
誰かを守ること、育むことが、
社会で身を立てることにつながるかもしれません。

誰を守りたいのか、守ることができるのか、このことを、常に意識してみてください。

そうは言ってもよく分からない…という場合は、
直感やシンクロ(共時性、意味のある偶然の一致)を感じてみてください。
この時期は、直感やイメージが降りてきやすい時期です。
 
私自身、今まで直感などとは無縁の人でしたが、ここ最近、よく直感が働きます!
 
私が直感を感じるのは、主に「言葉」です。
ふと目にした言葉や、やけに気になる言葉、何人もの人から言われる同じキーワード
 
これらを常に意識していると、シンクロが増えていきます。
シンクロが増えると、描いていたことが実現するスピードがどんどん早くなっていきます。
 
まさに夏至の今日、嬉しいお知らせをいただきましたが、そのお知らせが実現するには、実に多くのシンクロがありました。
 
なんせシンクロが多かったので、2%の突破率のそのお知らせも、案外「当然の結果」として受けとめています。笑
 
シンクロを意識すると、うまくいくことだけではなく、うまくいかないことも、分かりやすく目の前に表れてきます。
うまくいかないことの場合、サイン(兆候)を無視して推し進めようとすると、大概うまくいきません。
私自身、サインが目の前に何度となく表れているのに、無理に進めようとして、結局2ヶ月も時間をかけたのにダメだったということがこの春にありました。笑
今思えば、「あんなに分かりやすいサインもないのに…」という感じなのですが、それに執着している間は自分ではよく分からないものです。
 
逆に、手放そうと思っているのになかなか手放せないでいることは、貴方の本質に合っているもの。
真摯に取り組りんくでいくべきことになります。
 
ホロスコープは、大まかな方向性を示してはくれますが、あとは自分の自由意思。
ホロスコープに描かれている目的地と時刻表を意識しておくと、途中多少の失敗はあっても、本質から大きくずれるということはありません。
 
ホロスコープで大まかな方向性をとらえ、サイン(兆候)を意識し、風を捉えて宇宙の追い風に乗りましょう。
 
特に、この3ヶ月、視野を広げ、叡智を授かり、またそれを貴方が伝えていきましょう。
そのことを通して、貴方独自の価値を築くことができるでしょう。
 
この時期の在り方として大切なのは、貴方自身を認め、他者を認め、志を同じくする友人たちと未来を描くこと。

秋にどんな実りを得たいのか、現実的な視点で思い描きながら、コツコツと取り組んでいく、そんな3ヶ月です。
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
産業カウンセラー、メンタルコーチ、ヒプノセラピスト
Kaori

最新の情報はこちらから。