こんにちは、富田れいこです。


今日は、「公開お悩み相談」をお届けします(^^)

 

今回は、「子育て・主婦業」にお悩みの方のご相談です。

 

いつもの通り、ご相談者様の事をA子さんと呼ばせて頂きますね。

 

頂いたご相談はこちらです。

 

 

公開お悩み相談 
お願いします 

 

私は4人子どもがいて 
もうとにかくやることが多いんです。 
 

お母さんなんだから当たり前 
お世話できて幸せ♪って思える時もあれば、 
なんで私だけこんなことばっかやらされて 
家族の奴隷じゃーーー!!私には休みがないんだよっ!!
って全部が嫌になることが多々有ります。 

 

同じ私なのに 
全然違う感情に戸惑います。 

 

幸せを感じてる時は 
こんな私をお母さんにしてくれてありがとうラブラブって女神のような心境なのに 

逆の時は 
自分でも最悪だなと思うほど攻撃的です。 
 

私の幼少期、両親は当時珍しい共働きで  家のことは手伝いの範囲ではなく、やって当たり前。私のやるべき事、のように感じてたように思います
 

今の私の子供たちは 
手伝いなんか言わないとしないし言ってもやらない。 

 

私は子どもの頃も今も 
ずっと家族の世話をし続けてる。 

 

話が滅茶苦茶でごめんなさい 

 

いつも 
喜んでお世話したいんです、本音は。 
でも、出てくるのは不満。 

 

どうしたものかと。 

 

お母さん友達は 
表面上はみんな素敵なお母さんで 
「家族の奴隷と感じてる」なんて言えない。 

 

なんか愚痴みたい 
 

重ね重ねごめんなさい 

 

幸せにお母さんする自分になりたいんです
 

 

【富田の回答ここから】

 

A子さん、ご相談ありがとうございました(^^)

 

このご相談を読ませて頂いて、
A子さん、とっても優しい方なんだなぁって思いました。

 

 

ほとんどの方はね。
「家族の奴隷と感じている」という事を自己嫌悪したりしないもんなんです。

 

 

「私こんなに大変なんです~~!!家族の奴隷なんです~~!!」

 

ってアピールしたくなるもんなんですよ。

 

 

 

「私は不幸アピール」

 

「私は可哀想アピール」

 

したがる人が多い中、A子さんは

「家族の奴隷と感じている」事を、

他人には言えない事と思っておられる。

 

 

それだけ、世間の自立女性のさらに上を行く自立女性なんだなぁと感じました。

 


・・・良くも悪くもですけどね。笑


 

花

 

A子さんの思う

「素敵なお母さん」って、どんなイメージですか?

 


・毎日ニコニコして
・感情的にならず
・家事を完璧にこなし
・いつだって子供の事を愛しいと思っていて
・どんなに忙しくて大変な状況でも不平不満を言わず
・私幸せ♪って思っている

 

 

そんな感じでしょうか?

 

もし、そうだとしたら・・・。

 

 

そんなやついねーーよ!!!!!!!!!


と、言いたい。(  ̄∇ ̄)

 


フィクションの世界ですよ。幻想ですよ。そんな人。笑


ぜひお目にかかりたいもんです

(  ̄∇ ̄)

 

 

そういうお母さんを
「無理して演じているように見える人」なら、
ちょくちょく見かけますけどね。

 

大抵いつか自爆しますよね。苦笑

 

そっちの方が、家族に色々大変な思いさせてしまうかもしれませんよ?

 

適宜、自分の感情を放出してガス抜きできる人の方が、健全です。

 


花

 

A子さんは、もしかしたら周りには感情を出せていないのかもしれないけど、

少なくとも自分のネガティブな感情を自覚しておられる。

 

これは、とっても大事な事です。

 

「理想の自分」を追い求めすぎて、自分のネガティブな感情にフタをし、

無かったことにしてしまいすぎて、感覚が麻痺してしまい、

自分のネガティブな感情を自覚できない人がどれだけ多い事か・・・。

 

 

自分の感情が仮死状態でない事を、どうぞ喜んで欲しいのです。

 

花


A子さんご自身が

「”表面上は”みんな素敵なお母さん」と

書かれている通り・・・。

 

 

そう。みんな、
「表面上は」なんですよ。笑

 

A子さんのお友達だって、色々な思いを抱えてると思いますよ?

 

でも、A子さんには言えないのかもしれないですね・・・。

 

だってA子さん、自分が「家族の奴隷」って思ってる事を、友達に言えないって思ってるんですもん。


A子さんが友達に遠慮しているっていう事は、相手もA子さんに遠慮している可能性が高いです。


花
 

「幸せにお母さんする自分になりたい」と思っておられるA子さん。

 

 

「幸せなお母さんになりたい」


つまり・・・。

 

「幸せなお母さんになりなさい」と、ご自身に指示してるわけですよね?


 

 

そのセリフ・・・一体誰に言いたかったんでしょうね?

 


「忙しくても不満を感じず、かいがいしく子供の世話をするべき」って、

誰に言いたかったんですかね・・・???

 

 


(今、「言葉攻め」を愉しんでいるドSな富田が出没しております。ニヤニヤ


 

 

大抵の方は、

 

「自分のお母さんに言いたいセリフ」を、

 

自分に言っていたりするものです。

 

 

 

だからみんな、自分を許せないんですよね・・・。

 

自分を許しちゃうと、自分のお母さんも許さないといけなくなるから。

 

そんな事したら、子供時代の傷ついた自分の居場所がなくなっちゃうような気がするから。

 

・・・そんな方が多いんですけど、A子さんはいかがでしょうか?

 

 

花

 


>今の私の子供たちは 
>手伝いなんか言わないとしないし言ってもやらない。


と、ありますが、という事は、A子さんは、子供の頃、親に言われなくても自分から進んでお手伝いをしていた人ですか?

 

 

そんな子供時代を歩んでこられたご自身の事を、A子さんはどう感じておられますか?


少なくとも、ポジティブには受け止めていないように、私は感じました。

 

 

 


そんな子供時代を歩むしかない環境にしたご両親を責めておられたりしますか?

 

もし、そうだとしたら、こう考えてみて欲しいのです。

 

 

「私は、何かしらのメリットがあってそうしていた」

 

 

・・・ちょっと抵抗を感じる言葉かもしれませんが、残念ながら、これは事実です。

 

 

「お手伝いは嫌だ」と抵抗する事で起きる面倒くさい事を避けたかったのかもしれない。

 

進んでお手伝いする自分でないと、ほめてもらえないと思っていたのかもしれない。

 

 

・・・色々仮説はたてられますが、断言できる事は、今回の件に限らず、人って

 

「何かしらのメリットがあるから、その行動をしている」んですよね。

 

 

 

 

「だから、悲劇のヒロインをしないでください」っていう話ではないですよ?


もし
「ああ、私、好きでやってたんだ」と思う事で、ご両親への恨みの感情が軽くなって、
 

ご自身の辛い気持ちも昇華できるのであれば、そう考えてみて欲しいという、ご提案のひとつです。

 

 

 

上の言葉がしっくりこないなぁと思うのであれば、

前回のお悩み相談の方と同様、

ご両親への恨みつらみを書き連ねた「お恨み帳」をつけてみるのもオススメです。

 

 

あとは、「幼い自分への手紙」も良いですね。

幼い頃の自分に、かけてあげたい言葉を手紙に書いてみるという方法です。

 


最後に・・・。

A子さんの、「人に言われなくても自分から進んで行動できる」というのは、「強み・長所」です(^^)

 

 

A子さんは、ご自身が自然に出来るから「当たり前」と思っているかもしれませんが、出来ない人も多いものですよ~。
 

私も出来ません。(  ̄∇ ̄)笑

 

 

A子さんは、そのせいで しんどい思いをしたかも知れませんが、

そのおかげでA子さんは

 

「人の気持ちを察する事が出来る、空気を読める、カンが鋭い」

 

という才能を育むことが出来ました♪

 

 

 

そこもぜひ、認めてあげて欲しいなぁって思います♪
 

 

【富田の回答ここまで】

 

 

今日はここまでです。
ではまた♪

 

ベルメルマガ・LINE@では、読者様限定の無料お悩み相談受付中です

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、全て読ませて頂いていますが、お返事は出来ない場合もございます。
また、許可なくブログやメールマガジンに掲載させて頂くことがありますので、掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

 

ちょうど今、NHKのドラマでも取り上げられている、
「過干渉の親」「束縛の激しい親」などの、母娘問題。
 

ドラマの母親に厳格さはありませんが、
しつけの厳しい親に育てられて傷ついたと感じている人は、日本では多いと思います。

そして、その悲しみを大人になっても忘れることが出来ない人も少なくありません。

今日は、そんな話をしたいと思います。

 

 

こんにちは、富田れいこです。


今日は、LINE@に頂いたお悩み相談にお答えしたいと思います。


今回も、ご相談下さった方の事を「A子さん」と呼ばせて頂きますね。


頂いたお悩みはこちらです。

 

<1回目のLINE>

富田さん、こんにちは。 
これがネタになるかどうかはわかりませんが(笑)相談をさせてください。 

富田さんには一度LINEセッションをしていただいたのですが、
そのときの悩みとはまた別の悩みを相談させてください。 

私はもうすぐ現在38歳なのですが、昔高校受験を失敗してしまいました(´Д`|||) 
頑張って落ちたのなら胸を張れるのですが、
全く勉強しなかったのでそりゃ落ちるだろうよ~(。>д<)と昔の自分に突っ込みまくりたくなります。 

でも、当時は母親から勉強をさせられている感があって、
私の気持ちよりも母の世間体を重視しているかんじがすごく嫌だったみたいです。 

なぜ母のために勉強をしたらないかんのや???って当時の私は思っていたみたいで。


今、考えたら自発的じゃあ全くないですよね。

自分の人生なのに母親に舵を預けているくせに思い通りにならないからと反抗してるかんじで…。
子供っぽいなぁ~と今なら思います。 


大人の私から見たら自分の人生の責任を自分で取ろうとしなかった私の責任なんですが、
心の中では高校受験に失敗したのは母親のせいだー?と思っていています(。>д<)

なのに父母やまわりは失敗を私のせいにして蔑みやがって!って思ってしまいます(´Д`|||) 

どうしたら高校受験の失敗を乗り越えることができるのでしょうか? 

ビシビシ!アドバイスお願いいたします(。>д<)(。>д<) 
厳しめお願いいたします!
 

 

<富田からの返信>

A子さん、おはようございます。 
お返事遅くなってすみませんでした>< 

お悩み相談のご協力ありがとうございます(^^) 

A子さんは、高校受験の失敗を、今でも引きずってしまっている・・・という事でしょうか? 
それとも、高校受験の失敗は一例で、お母さんに対する不満があって辛いという事でしょうか?

 

<2回目のLINE>

ありがとうございます。 

私の相談がわかりにくくてすみません

どっちかなと言うと両方だと思います。 

高校受験に失敗した私は
ずーっと恥ずかしい!申し訳ありません(´Д`|||)地下でひっそりと生きます
みたいな気持ちで日々暮らしてるかんじがします。 


地域性もあると思うのですが、
田舎なので高校受験に失敗する人は少なくて、
頭悪いのにいいところ受けちゃってってかんじです。 


多分、高校受験に失敗した自分を今でも受け入れられないんだと思います。 
そこを笑いにできないし、人に指摘されたらずーっと覚えているし(呪うレベルで(笑))。 


小さい頃から母親にスパルタ教育を受けてきたのですが、期待に応えられたい私でした。 


机の横でビターッとマンツーマンで勉強を教わっていて、
ちょっとでも間違うと罵倒される日々だったので、失敗が許されない状況でした。 

小さい頃から母親はあんまり私を見てくれていないかんじで、私に合わない要求をしてはできないと怒られていました(´Д`|||) 


もしかしたら高校受験失敗は私にとっての最大の反抗だったのかもしれないと思っています。 
失敗により市外の私立の高校に行き、
寮生活をしたので母親からは離れられて嬉しかったなと思い出しました。 


でも、それからは母親の評価で生きている自分がいてそれが苦しいなと思いました。 
ちょっと親に否定されたら、めちゃめちゃ落ち込んだり焦ったりするし(´;ω;`) 

高校受験失敗した私=母親に認められない私 

なのかなと思います。 


わけわからなくてすみません(´;ω;`)(´;ω;`) 

まとめてみると 
高校受験の失敗をしたことは母親に対する最大の復讐だったみたいなのですが、
それにより逆に自分を苦しめている結果になっていることに今も苦しんでいるのかなと思います。 


高校受験を失敗したけれども、母親にそんなダメな自分もひっくるめて認めてもらいたいのですが、
今もダメ人間扱いされる自分が辛いです。


長い(´Д`|||)(´Д`|||) 

 

 

【 ここからが、ご相談への私の回答です 】

 

A子さん、ご相談ありがとうございました(^^)

全然わかりにくくなかったですよ~~♪♪

 

 

「無料お悩み相談」を再開して2つめのご相談だと言うのに、

すでにビシバシキャラが定着しているという。笑

 


皆さんノリが良くて大好きです( ´艸`)

 

 

 

私がこのご相談を読ませて頂いて、思ったのは、

 

「ああ、A子さん、めっちゃお母さん大好きなんやなぁ・・・」


という事でした。

 

 

 

お母さんを責めながら、ずっとずっと、自分の事を責めて生きてこられたんだろうなぁと。

 

 

私がA子さんにお聞きしたいのは、
 

「高校受験に失敗した私」で、今現在、いったいどんな不都合があるのか?

という事なんですね。

 

 

・・・あんまりないはずなんですね。笑

 

 

カウンセリングの現場だったら、「高校受験に失敗した私」に対して、どんな事を思っているのか、もっと丁寧に、丁寧にお聞きしていくのですが、今回は、頂いたメッセージから、私が感じた事を書かせて頂きます。

 

 

メッセージを読ませて頂いて思うのは、やっぱり

「お母さんごめんね、お母さん大好き」なんです。


 

「お母さんの期待に応えたい」と言う気持ちと、
「いい加減、親離れしなきゃ」という気持ちが綱引きをしているようなイメージです。

 

 

もうひとつ、「お母さんの期待に応えられない私も丸ごと愛して欲しい」という気持ち・・・。

 


小さい頃、私たちにとって、父親、母親というのは、万能の存在でした。

正義のヒーローであり、聖母マリア様のような存在。

 

 

それが幻想であり、フィクション(苦笑)なんだと、大人になった今は理屈ではわかるのですが、どうしても感情ではそこを求めてしまうものなんですよね・・・。

 

 

 

>高校受験の失敗をしたことは母親に対する最大の復讐


私はね。
復讐というよりは、最後の希望だったのかも?なんて想像しちゃいましたよ。


「高校受験を失敗した私でも愛して欲しい」って。


「復讐」という動機はダミーで、

「なんだかんだ言ったって、お母さんはダメな私でも愛してくれるんじゃないか」

という事を確認したかったんじゃないかなって思うんです。


・・・潜在意識って、ホントいじらしいですよね。


受験に失敗する事で招く不都合なんかそっちのけで、

全力で欲しいもの(無条件の母の愛)を手に入れようと動いちゃうんだもん。

 

 

でもね、ちゃんとお母さんの愛、あったんですよ。

 

A子さんの望む形での「母の愛」とは違ったかもしれないけど。

 

だからこそA子さんは、成人して生きているわけですよね。

 

 

もっとわかりやすい愛、欲しかったよね~~!!

私もずっとそう思ってました(〃▽〃)

 


でももう、私たちもいい大人だしさ。笑
そろそろ親離れしていかなくちゃですよね。

 


カウンセリングの現場では、A子さんの気持ちをきちんと昇華するお手伝いをした後、お母さんを「許す」というプロセスを進めていきます。


これはちょっと、ブログの文面では難しいし、その「許し」の内容を現時点で載せてしまうと、

とっても不快な気持ちになってしまうでしょうから、ここでは書きません。


 

もし、必要であれば、カウンセリングを受けてみてくださいね(^^)

 


メールの文面で出来るご提案としては、「お恨み帳」をつける事でしょうか。

お母さんへの恨みつらみを100個、書き出してみる、という方法が有名です。


 

かなりのひどい虐待を受けて育った人でも、たいてい40個ぐらいで一旦ペンが止まるそうですが、そこを頑張ってなるべく100個書いてみるんです。

 

まあ、最低でも50個・・・かなぁ。

 

 

それが書けたら、今度は「あんな母親だったけど」お母さんがやってくれた事を100個目指して書いていくんですけど、・・・まあ、そこは今は考えなくていいです。笑

 

 

 

まずはお恨み帳、気が向いたらチャレンジしてもらえると嬉しいです(^^)

 

 

色々な気づきがあると思いますよ~~。
 

 

リンク ご相談者さまの感想メッセージはこちらです

 

 

 

 

 

ベルメルマガ・LINE@では、読者様限定の無料お悩み相談受付中です

 

メール メールマガジン

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

LINE LINE@

友だち追加数

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、許可なくブログに掲載させて頂くことがありますので、ご了承下さい。どうしても掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

 

 

 

こんにちは。 
富田れいこです。 


先日、 

「LINE@、メールマガジン読者様限定で、無料お悩み相談受け付けます!」 


・・・と言う名目で 


「ブログのネタを下さい」

というヘルプコールをした私。 笑



「ズバズバ真実を言いますよ~。 
ただ慰めて欲しいだけの人はご遠慮ください」 



という感じの内容を書いたにも関わらず、その日のうちに何人かの方がメッセージを下さいました♪ 




ウルウル。 
ありがとうございます~~!! 
私の読者さん、みんな優しい人ばっかりで幸せです♪ 



・・・え?ドМなだけなの? 


もっと幸せラブラブ

 

なんてね。笑



では早速いってみましょう(^^)

 

今回は、LINE@でお返事くださった方からのご相談です。
 

おはようございます😃 


れいこさんへ連絡しようと思ってたところに このライン😊 

ありがたくメッセージ送らせていただきます💖 

連絡しようと思ってた内容がですが 私の中の男女の間の 
恋愛や結婚に対しての 潜在意識のことです。 

婚活と称して 
恋愛したり 
お見合いしたりも いろいろして来ましたが 

この1週間くらい 
気付いていたけど 
もう本当にマズイなと思っていたのが 

どうも やはり 
私の中での 潜在意識が 
暗いというか 
否定はしてないけど 
きっと否定してるみたいな感じが 
見えて来て 

特に 生活の中での悩みもなくて 
穏やかですし 
困ることもないし 

友達には 
わたしが男なら 選ぶ女とか言われるけれど 

実際には 全然選ばれない私がいて 

確かに 離婚して 長年ひとりで生きて来て 
決断力もあり 
何でも出来ちゃうかも知れないけれど 

ひとりは もうイヤって思ってて 

誰かと人生を歩みたいと思っても 
なかなか 選ばれない自分がいるんです。 


再婚したいと思ってても 
人に話すと 

え〜 再婚しなくても ひとりで大丈夫じゃない? 
って言われる始末です。 

鏡の法則から言えば 
自分の潜在意識では 
必要ないと思っているのかも知れないなぁと感じ始めています。 

意識は 再婚したいけど 
潜在意識は 再婚したくないと思ってる?のか。 

再婚は 目的なのか 
何なのかさえ だんだん分からなくなって来ています。 

ご縁がないなら諦めますと言うほどの 努力もしてないのかも知れないし 

努力など いらない気もするし 

友達だけが 増えていく現実に 
疲れてきました😅 


きっと 誰でも良いと思えば 
結婚は出来る気がします。 

結局 選んでいるから出来ないのかなぁ〜とか。 

解決したいんです。 

いろいろな気持ちを手放したら 
手に入るのかも知れないとも思ってるし 

いつまでも 
ぐちゃぐちゃしてる私に 
喝をくださいませ💖 

 

 


いやんラブラブ

「喝を」だなんて、ドSモードに目覚めちゃう( ´艸`)

 

 

 


今回も、ご相談者様の事をA子さんと呼ばせて頂きますね(^^) 


A子さん、私がデビューした時からのクライアントさんで、LINE@でメッセージを配信するとすぐにお返事を下さったり、とっても大事な人なんです♪ 



そんなA子さんからのご相談ですから、かなーーーり真剣に答えさせていただきますね。 




A子さん・・・。 





あの・・・。 









「とりあえず、しばらく恋愛禁止❤ 










・・・・・・・・・ニヤニヤ





・・・・・・・・・ニヤニヤ






あは ラブラブ

(  ̄∇ ̄) 





ついでに、私のせいなのもわかってるけど、潜在意識の事を考えるのも禁止ですウシシ 



潜在意識の事のなんて、よっぽど切羽詰まった時か、よっぽどヒマなとき以外考えなくて良いですから~。


私たちカウンセラーが潜在意識の事を考えるのは、趣味と言うか「癖(ヘキ)」ですからねニヤニヤ

 

 

変態さんの仲間入りはしなくて良いです。笑



花 花 花


この相談が、男性関係ご無沙汰な方からの相談だったら、 



「しばらく『仮氏(仮の彼氏)』でも作ってリハビリして~」

とか言うんですけどね。 



もういい加減リハビリも飽きたでしょ?笑 



とりあえず、 



「本気で自分の事を愛してくれる男がいない、今のままで幸せになる事」を考えてみてはどうでしょうか。 





A子さんにとって、 

 


「恋愛って、【今は幸せじゃない私】 を幸せにするツール」 



になっちゃってるように見えるんですよね。 



仮に、今の心境のまま再婚してくれる人が現れたとして、再婚できたとしても・・・きっと、他の問題にぶち当たってブツクサ言ってると思いますよ(^^;) 



DVとか、夫が働かないとか、ギャンブルばっかりとか・・・そういう事態になっちゃう可能性大です。


「自分の不足感を埋める存在」 を求めて男を探してると、そういう恋愛にハマりがちです。

 

 

 

心理学用語で「共依存」って言います。

 

「だめんずメーカー」って言った方がわかりやすいかしら。

「ウォーカー」の上を行くのが「メーカー」ね。





そういう女に寄ってくる男は・・・そりゃ、「不足感満載で、とりあえずこの不足感を埋めてくれそうな女を探している男」になりますわなぁ・・・。 



だって、恋愛って波長が合う人とするんだもん。 




A子さんが逆の立場だったらどうですか? 


「俺、今幸せじゃないんだよね・・・。寂しくて寂しくてたまんないんだよ。誰でも良いからこの寂しさ埋めて欲しいんだけど、とりあえずA子さんお願いできる?」

 

 

って言われたら、 
「ふざけんな」って思いません? 



上のセリフにキュンと来てるようじゃ、

ホントに「だめんずうぉーかー」確定ですよ~~。




花 花 花

 

 

ちょっと古いかもだけど、

「ベターハーフ」とかって言うんですか? 



なんか知らんけど自分1人では欠けた状態で、パートナーと結ばれて初めて「1個」的な考え方がありますけど、私、あれは賛成できないです。 



自分1人でまず「1個」になる事。 



・・・というか、「今すでに、自分は欠けてなくて1個の完全な状態なんだ」って気づく事。 



男も女も、それぞれが欠けてない1個の状態で出会って結ばれる方が、素敵な恋愛が出来るんじゃないかなぁ・・・。 



まずは、「今の1人のまま、幸せになる事」にチャレンジしてみませんか? 



それって、

 

「誰にも頼らない」という意味ではありませんよ? 

 

(↑↑↑ここめっちゃ大事です!!)



必要に応じて誰かにヘルプコールをする事も含めて「自分の力で幸せになる」と決めて欲しいんです。 



今、どんなにA子さんの事を愛してくれて、優しくしてくれる人が現れても、きっと今の状態のA子さんでは、その状況を素直に受け入れることは出来ないんではないかと思うのです。 



「男がいなくても幸せ」って思えた時、本当に幸せな恋愛が出来ると思います(^^) 



ずっと応援してますよ♪ 


辛口でごめんねラブラブ

 

 

 

メルマガもLINE@も、読者様限定の無料お悩み相談まだまだ受付中!!

 

 

メール メールマガジンはこちら♪

ご登録(無料)はこちらからお願いします

 

 

LINE LINE@はこちら

友だち追加数

 

 

 

 

 

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

 

 

facebook 【Facebook個人アカウント】

 

 

※頂いたメッセージ、コメント等は、許可なくブログに掲載させて頂くことがありますので、ご了承下さい。どうしても掲載不可の場合は、その旨を記載しておいて下さいネ。

 

 

 

 

 

こんにちは。

心理カウンセラーの富田れいこです。

 

 

 

今日は、久しぶりにお悩み相談にお答えしたいと思いますニコニコ

 

 

私はバイトをはじめて1ヶ月です。

年下の先輩なんですが、すごく仕事ができない人がいるんです。

接客も棒読みで声が小さく、作業も遅くて見ててすごくイライラします。

〇〇やってくださいと言ってもやってくれてないし、やり方がわからなかったら聞けばいいのに、うろうろして結局放置して私がやるはめです。

今では私の方ができることが多いです。

でも先輩なので言えないし…

このイライラ、なんとかなりませんか?

その人とうまくやっていく方法はないですか?

 

 

 

年下だけど先輩・・・なかなか微妙な関係ですね。

 

 

そりゃイライラしますよね。

遊びじゃないですもん。

しっかりして欲しいなぁって思って当然だと思います。

 

 

A子さんの素敵なところは、そんな先輩ともうまくやっていく方法がないかを考えておられるところですラブラブ

 

 

昔の私だったら潰しますね。

 

仕事的に追い詰めて、立場を乗っ取るかもしれません。

(というか、若かりし頃の実話です・・・。恥)

 

 

 

・・・こういう場面を経験された方、結構いるんじゃないでしょうか?

 

 

 

また、このご相談者さんと逆の立場、つまり、「仕事ができない先輩」になったことがある人も多いのでは?

 

ちなみに私は仕事ができない先輩側の悩みを持ってた事もあります。

 

ですが、そこは公平に、

 

先輩側の肩を持つことなくお話させて頂ければと思いますウインク

 

 

 

今回も、相談者さんの事を「A子さん」と呼ばせて頂きますね。

 

 

A子さんは、とっても頑張り屋さんなんだなぁという印象を受けました。

 

頑張る事は、とっても良い事です。全然悪い事ではありません。

 

 

でも、その頑張り、ちょっと無理していませんか・・・?

 

 

 

「先輩よりも早く仕事が出来るようになった自分」

 

 

この立ち位置に息苦しさを感じていない人は、その先輩に対してイライラはしないはずなんです。

 

 

「私ってすごいじゃん!この仕事向いてるのかも?音譜

 

 

で、終わる話だと思うんですよね。

 

 

もしくは、

「先輩、仕事出来なくて可哀想だなぁ」

と、同情の気持ちが湧くとか。

 

 

中には、

「先輩を追い抜いてしまって申し訳ない」

って感じる人もいるかもしれません。

 

(それはそれで、別の意味でカウンセリングの対象ですが。汗)

 

 

 

 

でも、A子さんは、仕事の出来ない先輩に攻撃的な感情を抱いてしまっています。

 

 

A子さんは、少なからず、その先輩に嫉妬しているのではないでしょうか・・・?

 

 

「仕事が出来なくても居場所がある先輩」に。

 

 

 

 

前向きに取り組める範囲以上の頑張りを続けていませんか?

 

 

 

そんな自分でないと、誰も認めてくれないと思っていませんか?

 

 

 

もっと楽に生きたいなって、心のどこかで思っていませんか・・・?

 

 

 

 

 

「私も誰かを頼りたい・・・。」

 

 

 

 

こんな気持ちも隠れているかもしれませんね。

 

 

 

 

 

カウンセリングの現場ではこういう時、

 

「頑張らないと、自分は愛されない」

「結果を出さないと居場所がない」

 

この思考をいつから持っておられるのかをお聞きします。

 

 

 

おそらくは、小さい頃のご両親との関係や、兄弟姉妹での「親の愛情争奪戦」の中で育ってしまった心のクセなんだと思います。

 

 

※ もしかしたら「頑張らないとダメ」ではなく、年下兄弟に対して何かしらの感情があるのかもしれません。

 

 

 

「心のクセ」に気づき、少しずつでも緩めていくことで、先輩に対するイライラが軽くなっていきます。

 

 

自分の限界以上の部分は人に頼る事。

 

限界が来ていることを素直に伝えることが出来るようになる事。

 

 

そんな事を自分に許可できるように、お手伝いをしていきます。

 

 

文面から、A子さんは、リーダーシップを発揮する才能をお持ちの方だなぁという印象を受けました。

 

 

A子さんが、人を頼る事が出来るようになり、人の弱さを理解できるようになると、人間としての深みが増して、ますます仕事の幅が広がります。

 

 

人の先頭に立って、周りの人をまとめていくことで大きな結果を残せる人になるのではないでしょうか(^^)

 

 

 

 

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン 心理カウンセリングメニュー
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

心理カウンセリングでは、自己嫌悪、自己否定、人見知り、職場の人間関係、親子問題、思春期 など、あらゆるお悩みの相談を頂いています。

 

 

 

こんにちは。

心理カウンセラーの富田れいこです。

 

 

先日、メッセージでご相談をいただきました。

 

 

カウンセリングの現場でもよく登場するご相談内容でしたので、頂いたメッセージを一般的な内容にアレンジして、シェアさせて頂きますね。


 

私は、空気の読み方、人付き合いと感情の使い方が下手です。

テンションが上がるとタメ口を使ったり、調子に乗って変な事を言ってしまったり・・・。

 

相手を傷つけて、怒らせてしまいました。

前にも注意をされてて、気をつけてるのにも関わらず、同じことを何度もしてしまう自分に苛立ってます。 どうしたらよいでしょうか?

 

 

 

私も、同じように悩んでいる時期がありました。

 

 

 

職場の人、4~5人とランチに行った時の事です。

 

「仲良くなりたい、この場の人たちを笑わせたい」

 

という一心で、何気なく言った言葉にドン引きされてしまい、その場を沈黙で凍り付かせた事がありますあせる

 

 

 

他人との距離感がつかめなくて、失敗するのが怖くて、こういう体験をする度に、人見知りがひどくなっていきました。

 

 

その分、少しでも仲良くなると、今まで押さえつけていた感情が止まらなくなって、ブワーーっと溢れ出してしまいました。

 

 

自分でも、わけがわからない状態になって、後から自己嫌悪・・・。

 

 

傷つくのが怖くて、もう失敗したくなくて。

 

 

どんどん、どんどん、カラにこもって行きました。

 

 

 

 

そんな私が、人づきあいで苦しまないでいられるようになったのは、

 

 

「みんなと仲良くなりたい」 という、自分の願望を手放してからでした。

 

 

人とうまく付き合えない自分

職場の中で疎外感を感じている自分

欠点だらけの自分・・・。

 

 

そんな、自分の全部にオッケーを出したんです。

 

 

「まあ、いっか」って。

 

 

そんな欠点だらけの自分を、「可愛いヤツ」って思うようにしたんです。

 

 

ここで言う、「可愛いヤツ」は、見た目のかわいらしさではなくてですね。笑

 

 

小さい子が、ドンくさい事したり、おバカな事したりするのって、可愛いじゃないですか。

 

 

愛おしい・・・って言うんですかね。

 

 

そういう意味で、自分のイケてない部分を可愛いと思うようにしたんです。

 

 

 

 

そう考えるようになったら、今まで悩んでいた事、直したいと思っていた欠点が、どうでもよくなりました。

 

 

「生きてるだけで丸もうけ」

 

 

って、心の底から思えるようになった時、今まで「怖い」と思っていたことが、怖くなくなったんです。

 

 

そのうち、今まで自己嫌悪していたような失敗(?)自体、ほとんどしなくなっていきました。

 

 

もし、失敗したとしても、自己嫌悪しなくなったんです。

 

 

肩の力が抜けた・・・って言うんですかね。

 

 

そうやって、

 

「人と仲良くしたい」

「寂しい状態を避けたい」

 

を、手放したとき、今まで欲しくて欲しくてたまらなかった、のびのびした気持ちで働ける職場や、緊張しないで話せる同僚が、私にも出来たんです。

 

 

 

 

 

有名な話なんですけど

 

 

「ピンクの象を想像しないでください」

 

 

って言われると、ソッコーでピンクの象が頭に思い浮かぶじゃないですか。笑

 

 

「失敗したくない、空気読めない状態になりたくない」

 

 

って思ってる時って、その事がアリアリと頭にイメージ出来ちゃってるんですよね。汗

 

 

かえって、その状況を強く引き寄せてしまう結果になるんじゃないかなぁと思うんです。

 

 

 

今、のどから手が出るほど欲しいと思っている状況を、一旦、手放してみると良いかもしれません。

 

 

参考になれば嬉しいです(^^)

 

 

 

現在受付中のサービス
【 心理カウンセリング 】
リボン スキルアップしなくても快適に働ける職場を作るカウンセリング
  生きにくさ、自己否定の苦しさからの解放を、あなたに。

【 別ブログのご紹介 】
花 心理カウンセラーが教えるネット集客のコツ

【 お問合せ 】
お手紙 すべてのお問合せはこちらからお願いします

 

心理カウンセリングでは、自己嫌悪、自己否定、人見知り、職場の人間関係、親子問題、思春期 など、あらゆるお悩みの相談を頂いています。