脳と体に刻まれたトラウマを完了する脳内覚醒メソッド

脳と体に刻まれたトラウマを完了する脳内覚醒メソッド

いくら努力しても解決できない悩みの根源を解消。
他の誰かが望む人生ではなく、あなたが心の底から望む人生を再始動させるためのメソッドです。


NEW !
テーマ:

こんにちは!増田真弓です。

 

 

 

昨日は技術向上のため、

キネシオロジーの講座を

再受講してきました!

 

 

 

今回、受講したのはアガペクエスト

日本語に訳すと「愛の探求」です(//∇//)

 

 

 

とはいえ、学ぶことは
生理学、筋肉、筋反射テスト、
陰陽五行をバージョンアップ
させた陰陽七行論など、

結構、頭を使う内容です。

 

 

 

(写真上が私、下が講師の小堀先生)

 

 

 

私事ではありますが、2月に

精神保健福祉士の試験が終わってから、

思考がストップしてます。

 

 

 

その前は大学にも行ってたので、

ここ4年は頭がフル回転。

 
 
 
そろそろ、休みたいよ〜!
という脳の声を無視したところ、
見事に思考がストップして
しまったわけです脳みそもやもや
 
 
 
 
でもね、思考がストップして、
いい事もあったんですよ。
 
 
 
何だと思います?

 

 

 

 
 
それは・・・
 
 
 
頭の中のおしゃべりが止むので
自然体でいられるということ。
 
 
 
 
何て言うんでしょうか。
自分も他人も客観的に見られるし、
人の目が気にならないから
すごく楽ちんな自分でいられるのです。
 
 
 
 
私の場合は、講座に参加する時に、
周りにお医者さんとか権威のある人が
いたりすると、こんな思いが
頭の中を駆け巡ります。
 
 
 
「できるかな?覚えられるかな?
 できない人だと思われたら嫌だな」
 
 
 
そして、そういう人とペアを組むと
ちょっとばかし焦ったりして、
ぎこちなくなってしまうのです。
 
 
 
これはおそらく、私の中に、
「特別性」にとらわれている部分が
まだまだあるんでしょうね。
 
 
 
権威のある人を崇めるとか、
その人の言う通りにしてしまうとか、
そんな事はありませんが、
人を上に見たり下に見たりと
いうことを無意識にやっているのかも
しれません。
 
 
 
 
でも、
今回は思考がストップしていたので、
"特別性"とか"自己否定"といった
フィルターを通すことが
なかったのだと思います。
 
 
 
 
「出来なくてもいいやん。
 前よりは良くなってる」
 
 
 
 
という前向きな考え方が出来たし、
最後までリラックスして講座を
受講することができたのです。
 
 
 
とはいえ、
私みたいに勉強を沢山して
思考を止めろとは言いません(笑)
 
 
 
 
勉強が好きで、勉強してると
時間を忘れるくらい楽しいんです!
という人は全く問題ありませんが、
そうでない人にとっては苦行でしか
ありません。
 
 
 
では、どのようにして
思考を止めたらいいのかというと、
 
 
 
 
時間を忘れるくらい没頭できることをする。
 
 
 
です。
 
 

 
好きなことをしてる時って、
あっという間に時間が経ちますよね。



 
 
 
お友達と話している時、
ペットと過ごしている時、
本を読んでいる時、
自然の中で温泉に入っている時、
好きなことを学んでいる時、
お菓子を作っている時、
ゲームをしている時・・・
 
 
 
誰でも何かひとつは夢中になれる事が
あると思います。
 
 
 
完全に思考を止める事が目的ではなく、
自分に対しての否定的な声を止める
事が目的なので、
 
 
 
「無になれない!」
と嘆くことはありません。
 
 
 
好きなことをしている時間が増えると
幸福度が増し、自己肯定感も
少しずつ上がってきますよ。
 
 
 

 

それでは、今日も素敵な一日をキラキラ
 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!増田真弓です。
 
 

 

「スピリチュアルや心理学を

 学ばなければよかった・・・」
 
 
 
これは、あるお客様が
ポツリと言った言葉ですが、
最近そういう方が多いです。
 
 
(※ご本人の許可を頂いて掲載しています)
 
 
 
心のことを学んで
気持ちが楽になればいいのですが、
余計に苦しくなっている人が
増えているのが現状です。
 
 
 
 
溢れる情報に振り回されて、
何が自分にとって正しいのかが
わからなくなり、
身動きが取れなくなってしまう
という人もよく見かけますね。
 
 
 
自分の好きな事は何だとか
自分の使命は何だろう?とか
考えているうちに、
自分を見失ってしまう事も。
 
 
 
スピリチュアルや心理学を
生活にうまく取り入れられれば
いいのですが、それが足枷に
なっているのだとしたら
一旦離れてみるのも手です。
 
 
 
最近、心のことを学ぶ人が
増えてきましたが、
 
 
 
頼んでもいないのに勝手に
アドバイスしてきたり、
「あなたはこうよ」と
決めつけてくるような人も
増えてきました。
 
 
 
これはある意味、
土足で人の心の中に踏み込む
行為だと言えますが、
他人の言動に振り回されやすい人ほど
相手の言う言葉を鵜呑みにして
しまう傾向にあります。
 
 
 
私はある時、
自称神の使いだと言う人から
こんなことを言われました。
 
 
 
「あなたの守護霊が私のとこに来たの。
 "旦那さんがあなたの足枷になってるから
 別れなさい"って言ってるわ」
 
 
 
私が即座に、
 
 
 
「自分の事は自分で決めるし!
 守護霊さんそんな事言わへんし!」
 
 
 
 
と切り返すと、その人はそれ以来
私に連絡してこなくなりました。
 
 
 
怖くないですか?
 
 
 
私と数回しか会った事ないのに
よくそんなこと言えるわ〜
と思ったのを覚えています。
 
 
 
ちょっと話がそれましたが、
スピリチュアルや心理学を学んで
余計にこじれた人にはこんな
特徴があるように思いました。
 
 
 
・頭で色々考えてしまう
・「正しい」ことを突き詰める
・他人の意見に振り回される
 
 
 
あなたはどうですか?
 
 
 
見えない世界を学んでいる人だけが
そのような特徴があるとは
言い切れませんが、
やはり、自分の信念がころころと
変わる人は注意が必要かもしれません。




正しいことを求め続けて、
セッションやセミナーをジプシー
してしまう可能性があるからです。





自分のことは自分が一番よく知っています。
自分の中に答えはあります。





それを導き出すには自分を信頼すること。
揺れてもいいから、ブレない
自分軸を構築することが必要です。



 
 
 
他人に振り回されない自分軸を
構築する手っ取り早い方法は、
 
 
体幹を鍛えること
思考にとらわれないこと
 
 
です。
 
 
 
その具体的な方法は
来月半ば過ぎに開催する講座で
お伝えしますが、このブログで
紹介しているエクササイズを
行うことも有効な方法です。
 
 
 
 
 
 
講座の日程や内容については、
追ってお知らせしますね!
 
 
 

 

それでは、今日も素敵な一日をキラキラ

 

 

 

 

 

 

公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として、

「5分で出来る!脳と体に刻まれたトラウマを癒すワーク」

を差し上げています。

また、私、増田と1対1トークもできますので、
是非、ご登録ください。

 

line://ti/p/@exe8641j

 

 

 

あん子のつぶやき唇

フォローしてね!

 

 

 

 

 

 


テーマ:
こんにちは!増田真弓です。
 
 
 
今日はトラウマの話はちょっと
横に置いといて、
 
 
 
昨日の記事、
で触れていたお化けの話です!
 
 
 
本当の話なので、怖がりの人は
このページを閉じた方が
いいかもしれません(>o<)
 
 
 
 
 

 

私は小学校2年生から成人するまで
築40年以上の今にも壊れそうな
2階建の文化住宅に住んでいました。
 
 
 
 
1階から2階へ続く階段は錆びていて
今にも外れそうだったので、
結構スリリングでしたよ(ToT)
 
 
 
そんな感じなので、
頻繁にゴキと対面していましたが、
それ以上に遭遇率が高かったのは
この世にはもういない人達。
 
 
 
とはいえ、
私はその類の人達を一度たりとも
見たことはありません。
 
 
 
私以外の家族(母、妹、弟)は
見えるにも関わらずです。
 
 
 
 
私たちが住んでいた部屋の間取りは、
部屋がふたつ、その間に狭い廊下、
突き当たりはトイレとお風呂。
 
 
 
 
私からすると、特にお化けが
出そうな怪しいポイントは無いように
思えたのですが、母達からすると
その辺のお化け屋敷に負けないくらい
お化けポイントがあったそうです。
 
 
 
 
ちょっと想像しにくいと思うので、
間取り図を紹介しましょう。
 
 
 
 
赤い丸の付いている場所は
常にお化けがいるところ。
お化けポイントです。
 
 
 
赤い斜線が引いてある場所は
お化けの通り道です。
 
 
 
私は何も感じませんでしたが、
「あそこはヤバかった」と、
怪しいものを一切信じない弟が
言ってたくらいなので、
よっぽどだったんでしょうね・・・
 
 
 
 
そういえば、
夜寝る前に妹がよくこんな事を
言っていました。
 
 
 
「お姉ちゃん、廊下のとこの
 カーテンは隙間なく閉めといて!」
 
 
 

 

正直、私は妹が言っていることの
意味がわかりませんでした(^^;
 
 
 
 
「なんでそんなにカーテンの
隙間にこだわるんやろ?
ちょっとくらい開いててもええやん。」
 
 
 
 
ところが、他の家族にとって
カーテンが開いてるか閉まってるかは

とても大切なことだったようで、

 
 
 
夜中にうっかり、
カーテンを閉め忘れようものなら
次の日の朝にえらく怒られました。
 
 
 
 
その理由は何かというと・・・
 
 
 
 
特に夜中は、お化けの通り道が
オープンするらしく、
 
 

 

廊下と和室を仕切っている
カーテンが少しでも開いていると、
その隙間からお化けが入ってくる
のだそうです。
 
 
 
その時によって出てくるお化けは
違うらしいのですが、
私が聞いた中で一番怖かったのは、
 
 
 
妹が寝ていると、布団の隙間から
爺さんがのぞいていた・・・
という話でした。
 
 
 
怖いですね〜ガーン
 
 
 
そして、もうひとつ不思議だったのは、
妹がお風呂に入る時には必ず
ラジカセで音楽をかけていることでした。
 
 
 
なんで、音楽かけながら歌いながら
お風呂入ってんねやろ?
 
 
 
よっぽど音楽が好きなんやな〜
と思っていたのですが、
別に理由があったのです。
 
 
 
実は、浴室にもお化けが2人
常にいたらしく・・・
 
 
 
小さな男の子が笑っていたり、
大人の女性が泣いていたり、、、
 
 
 
毎晩、訴えかけてくるので
怖かったのだそうですドクロガーン
 
 
 
 
で、
 
 
 
この家を引っ越した後に
妹に聞いた話なんですが、
 
 
 
和室1のお化けポイント近くが
私の指定席だったのですが、
いつも知らないおじさんの霊が
私のことを見下ろしていたらしいのです。
 
 
 
ヒェ〜!!!笑い泣き
全然知らんかった!
 
 
 
妹や弟は私より小さいのに、
私が怖がるといけないと思って
必要以上にお化けの話を
することはありませんでした。
 
 
 
母もです。
 
 
 
みんな、優しいですね(T-T)キラキラ
 
 
 
 
他にも不思議な話は沢山ありますが、
長くなったのでこの辺にしておきますね。
 
 
 
 

 

それでは、今日も素敵な一日をキラキラ

 

 

 

 

 

 

公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として、

「5分で出来る!脳と体に刻まれたトラウマを癒すワーク」

を差し上げています。

また、私、増田と1対1トークもできますので、
是非、ご登録ください。

 

line://ti/p/@exe8641j

 

 

 

あん子のつぶやき唇

フォローしてね!

 

 

 

 

 

 

こんにちは!増田真弓です。
 
 
 

今日のブログ記事のタイトルは

ちょっと衝撃的な感じがしますが、

お金のことで悩んでいる人の参考に

なればいいな〜と勝手に思っています。

 

 

 

 

私が小さい時に父が蒸発してから

母と妹弟の4人で暮らしていましたが、
生活はギリギリ。
 
 
 
ゴキだけでなくお化けも出るという
年期の入ったアパートに
住んでいました。
 
 
 
お化けの話はなかなか面白いので
次回お話しますね。
 
 
 
 
そして、食事は大体
もやしと卵炒めにご飯。
 
 
 
 
麒麟の田村さんよりは
いい生活をしていましたが、
その頃は同級生と比べて
「なんでうちは貧乏なんやろう」
と嘆いていました。
 
 
 
 
 
そして、高校生になって
アルバイトを始めたくらいから
自分で自由に使えるお金ができて、
 
 
 
社会人になると
親にいくらか渡せるようになり、
 
 
 

お金に困ることはなくなりました。

 

 

 

だけど、20代前半で

鬱になってまともに働けなくなり、

お金が無いどころか

借金までしてしまいました。

 

 

 

 

この頃の私は、

父のことも母のことも許せなくて

他の人のことも信じられない

人間不信に陥っていました。

 

 

 

心のシャッターは閉まりっぱなし。

閉店ガラガラ〜です。

 

 

 

 

働こうにも気力がない。

体が言うことをきかない。

 

 

 

でも誰も頼る人はいないし、

自力でなんとかするしかない。

 

 

 

だけど、たいしたスキルも無い

私が社会で通用するのだろうか?

 

 

 

こんな思いが渦巻いていました。

 

 

 

だけどもう鬱歴も10年を

過ぎようとしている。

 

 

 

このままだと、

私は間違いなく廃人になってしまう・・・

 

 

 

 
 
 
何度か自殺を試みるも死ねないし、
生きることしか選択肢がなかった
私は遂に目覚めます。
 
 
 
 
今の生活を続けるのはもう無理や!
絶対、幸せになってやる!
 
 
 
 
こんな気持ちが腹の底から
湧いてきたのです。
 
 
 
 
とりあえずヘルパーの資格を取って
介護の仕事をしよう!
そのためには日銭を稼がねば!

 

 

 

この日から私はものすごい

スピードで変化していきます。

 

 

 

日銭を稼ぎながら介護の仕事に就き、

一年も経たないうちに社員になって

十分な金額の収入を得られるように
なりました。
 
 
 
この後、試練がありましたが、
その試練を乗り越えたことで
さらに収入が増えます。
 
 
 
そして、収入が増えただけでなく、
大切な仲間も沢山できて、
毎朝ウキウキしながら目を覚まし、
ワクワクした毎日を過ごすまでに
進化したのです。

 
 
 
(詳細を書くと10日位かかるので省きますが、
もう少しでメールマガジンができるので、
そちらでお話しますね)
 
 
 
貧乏のどん底で鬱だった時は
本当に苦しかったけど、
これが無かったら私は今でも
不幸な人生を送っていたでしょう。
 
 
 
なぜなら、
お金が沢山あっても、
心が豊かでなければ幸せを感じられない
ことに気づいたからです。
 
 
 
もちろん、生活するお金と
プチ贅沢するくらいのお金が無いと
心に余裕はできませんが、
あまりにもお金にとらわれてしまうと
気持ちにゆとりがなくなります。
 
 
 
今、手元にあるお金に感謝せずに
「お金が無い無い」と言っていると
手元にあるお金が拗ねてどこかに
行ってしまうかもしれません。
 
 
 
 
 
 

私達の脳からは微弱な電気が出ていて、

その思いが宇宙に発信されると
言われています。
 
 
 
そして、
発信した思いや言葉は
もれなく自分に返ってきます。
 
 
 
 
ですから、
お金が無い無いばかり言っていると、
何が起こるかというと・・・
 
 
 
 
お金が無い状態が実現されるのです。
 
 
 
 
口癖って怖いですよね(^o^;
 
 
 
 
「お金が無い」が口癖だとしたら、
次のように変えてみるといいかも
しれません。
 
 
 
 
必要な支払いがある時には、
「また、お金が減っていく・・・」
と思いがちですが、
 
 
同じ使うなら、
使われるお金の気持ちになって
言葉を変えてみる。
 
 
 
お金を友達だと思って扱うこと。




寝る前に、
お金にまつわる良かったことを
ひとつでもいいから探してみる。
 
 
 
 
などなど、方法は色々ありますが、
この考え方を実践して、
実際に収入が上がった人もいます。
 
 
 
 
私は小さい時に貧乏だったことが
すごく嫌でしたが、今考えると
いい事も沢山ありました。
 
 
 
臨時収入があった時に、
母が嬉しそうな顔をして
ショッピングモールで
洋服を買ってくれた事。
 
 
 
質素な食事だったけど、
いつも手作りだった事。
 
 
 
枚方パーク(遊園地)に
連れて行ってくれた事。
 
 
 
限られたお金の中で
楽しみを見つける事。
 
 

 
他にも沢山ありますが、
お金を通して色々な学びがありました。

 
 
 
 
物事には良い面、悪い面が必ずあるので、
その両面を見ていくことで
新たな発見があるかもしれません。




お金の悩みを減らしたい人は、
まずはお金に感謝することから
始めるといいですよ(^-^)

 
 
 
 

 

それでは、今日も素敵な一日をキラキラ

 

 

 

 

 

 

公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として、

「5分で出来る!脳と体に刻まれたトラウマを癒すワーク」

を差し上げています。

また、私、増田と1対1トークもできますので、
是非、ご登録ください。

 

line://ti/p/@exe8641j

 

 

 

あん子のつぶやき唇

フォローしてね!

 

 

 

 

 

 

は〜い、あん子よ唇

 

 

 
 
 
 
最近、気温差が激しいけど、
体調はどうかしら?
 
 
 
そろそろ、
あんまんの季節だわねと思ってたら
また暑くなってきちゃって
ビックリだわよ。
 
 
 
風邪引いてる人も多いみたいだから
あなたも気をつけるのよ。
 
 
 
 
 
ところで、あなたは、
自分ばかりが損をしていると
感じることはないかしら?
 
 
 
例えば、職場なんかで
自分だけ忙しくて目が回っているのに
他の人はのんびり仕事をしているとか、
 
 
 
他の人が気づかないようなことに
先に気づくから仕事が増えるとか・・・
 
 
 
これが負担になってなければ
いいんだけど、
 
 
 
「どいつもこいつも動けよ、コラ〜!!」
 
 
 
と思うくらい疲弊しているのだとしたら、
何とかしたいわよねぇ。

 

 

 

こういう人は、職場でも家庭でも
ハードワークになりがちなんだけどね、
どうしてそうなるのかというと、
 
 
 
①人より繊細な感覚を持っている
②小さい頃から人の目を気にしていた
 
 
 
という事が考えられるわね。
 
 
 
①については前にもお話したけど、
HSP(High sencitive person)である
可能性が高いってこと。
 
 
 
HSPは心理学者の
エレイン・N・アーロンさんが
提唱した言葉でね、文字通り
「繊細すぎる人達」のことよ。
 
 
 

 

HSPは10人に1〜2人いると

 

言われているんだけど、
それ以外の人の割合の方が多いから、
HSP独特の感覚の敏感さや
空気が読めすぎて疲れるっていう
感覚は理解してもらいにくいわよね。

 

 

 

 
 
そして、②については、
人の目を気にしないといけないような
環境で育ってきた人が多いわ。
 
 
 
親が怒らないよういい子にしてたとか、
父親が昭和の頑固親父だったとか、
母親が過干渉だったとか、
原因は色々だと思うけど、
 
 
 
 
子供の頃って、親しか頼れないから
見捨てられると困るし、
少なからず、親の顔色を伺いながら
行動してしまうわよね。
 
 
 
 
 
だけど、
その行動パターンが染み付くと、
大人になって社会に出てからも、
 
 
 
他人からどう見られているのか?
自分は嫌われるような事をしていないか?
 
 
 
が気になっちゃうわよね。
 
 
 
家庭では、
「いい妻、いい親でいなきゃ」
職場では、
「いい上司(いい部下)でいたい」
 
 
 
 
そういう思いが土台にあるから、
すべての行動が他人基準になる。
 
 
 
 
そうすると、
人がいる場所では常に緊張状態だし、
気が休まる暇もないわよね。
 
 
 
 
あなたはどうかしら?
 
 
 
もしかしたら、①②どちらの要素も
持ってる人もいるかもしれないわね。
 
 
 
 
この要素がいい方向に
働いていれば問題ないんだけど、
 
 
 
 
頑張りすぎて燃え尽きていたり、
被害者意識に陥ってしまうことが
あるのなら、
この先を読み進めてみてね。
 
 
 
 
まず、
繊細な感覚や空気が読めるのは
悪いことではないわ。
 
 
 
そういう特性を持った人が
一定数いないと逆に困るくらいよ。
 
 
 
もし、この世の中の
すべての人が大雑把だったら
どうなるかしら?
 
 
 
 
極端な例かもしれないけど、
家を建てる時に、
 
 
 
 
「柱曲がってるけどいいか!
 何となく家っぽくなったし!」
 
 
 
な〜んてこともありえるわよね。
 
 
 
 
だから、繊細なところは
自分の良さとして受け入れるの。
 
 
 
ここまで、オッケーかしら?
 
 
 
そしてもうひとつ、
あなたが何かしようとする時に、
 
 
それは、本当にあなたが
やるべき事なのか?
 
 
誰かの評価を過剰に気にして
やっていないか?
 
 
見返りを期待してやっていないか?
 
 
 
一度立ち止まって考えてみて。
 
 
 
そしたら、本当の自分の気持ちが
見えてくるわ。
 
 
 
自分ばかりが犠牲になると
あなただけでなく、
周りにいる人も苦しくなるから
助けを求めることも大切よ。
 

 

 

 

それでは、今日も素敵な一日をキラキラ

 

 

 

 

 

 

公式LINE@にご登録頂きますと、
登録特典として、

「5分で出来る!脳と体に刻まれたトラウマを癒すワーク」

を差し上げています。

また、私、増田と1対1トークもできますので、
是非、ご登録ください。

 

line://ti/p/@exe8641j

 

 

 

あん子のつぶやき唇

フォローしてね!

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス