回想

テーマ:

お家に帰ってまいりました家音譜


昨日で自然布展も終わり、いろんな方達と交流ができ、とても充実した2週間となりました。



そして、教科書や本では勉強できないいろいろなお話も聞くことが出来、

今回の参加で、自分自身少しだけ成長できたのかな?

と思うのでした。

思ったこと、発見。いろいろ、すこしずつ皆様にもご紹介していきたいと思います。


期間中いろいろ紹介したかったのですが、出来ずにいましたので、あ~・・・みなさんに紹介したかった~・・・

なんて出来事を今更ながら撮っていた写真をアップしたりしながら紹介したいとおもいます。


そうそう、あまり展示会と関係ないのですが、池袋駅の近くでおいしい中国料理のお店があると、連れて行ってもらったのです。

中華料理というよりも、中国料理。


中国人の留学生に通訳をおねがいし、いざ出陣!


ひなたぼっこに雲の糸

メニュー的には、日本人には少し抵抗のあるような食材もあったのですが、私はけっこう大抵のものは大丈夫。

中国では家庭料理として普通にでるものなのだそうです。

実は羊の肉が私は苦手だったのですが、ここのお店のはとてもおいしかったです。

豚のタンも以外においしかったり、鳥の足も以外においしい!

私達が辛いと思っているものでも、中国人留学生の子にはぜんぜん辛くなかったり、う~ん・・・こればかりは

やはり、環境で舌もちがうのだなぁ・・・。

ゲテモノ嫌いの方すみません。

これより先はごらんにならないでくださいね。












さてこれ!なんでしょう?


ひなたぼっこに雲の糸

ん?


・・・びっくりでした!

なんと、お蚕さん!

親指ほどの大きさがありました。

天蚕?それとも食用に?

大きさにもびっくり!


話には聞いたことがありましたが、本物を見ると少したじろぎますね・・・

5匹ぐらい連なって串刺しに・・・そして炭火でこんがりと・・・


すこし残酷に思うのですが、でも日本でもお蚕さんから糸を頂き、蛹も食べていたと聞いたことがあります。

命というものを考えさせられます。


以前大阪のとある小学校で豚を飼って飼育をしたあと食べる?なんていう映画にもなった実話がありました。

賛否両論意見はあったものの・・・

本当に真剣に命について考えさせられたお話でした。

そんなことを思い出しました。


私は木綿を専門としてやっていますが、やはりいろんな繊維の勉強もしたいので、すこしずつかじっています。

なので、お蚕さんも食べるという経験もしてみたかったのです。


以前、繭を煮出して蛹を取り出すお手伝いをしたことがあります。

食べた感じは、独特のお蚕さんのにおいがしました。

・・・・う~ん・・・けしておいしいものではなかったですよ・・・

あまり、リアルな感想は・・・控えておきましょうか・・・