1月25日、武田みはるさんを講師にお迎えして、

色についての茶話会を開催いたしました。

 

 

 

「色って面白い!」

「もっと早く知りたかった!」

そんなお声が飛び交う2時間半でした。

 

 

 

肌や瞳、髪の毛の色で診断する

パーソナルカラーを受けられて、

「似合う色」が嫌いな色の場合、

色が自分の味方にならないようで、

ガッカリしたことはありませんか?

 

 

 

武田さんによりますと、

「パーソナルカラーで診断された似合う色を身に着けたほうが、

好感度も上がり、プラスになるのは間違いのないことですが、

素直に受け入れられる”こころの色”を取り入れることで、

より、色を味方につけることができます。」とのこと。

 

 

 

 

色と心の関係にフォーカスして開発されたのが、

「カラータイプ🄬」という性格診断システムです。

(ご参加の皆様、ありがとうございました。)

 

 

 

「カラータイプ🄬」は、

日常の様々な行動の基準になっている価値観を

赤・黒・オレンジ・ターコイズ・紫・黄・青・緑・茶・ピンク・水色・グレー・白

の13色に統合して、さらに4つのタイプに図表化しています。

 

 

 

茶話会では、簡易バージョンで「カラータイプ🄬診断」を体験しました。

36問に〇△×で答えて集計の結果、

自分のタイプに、全員が、「当たってる!」「その通り~!」と大盛り上がり!

 

 

 

タイプ別コミュニケーションの取り方のアドバイスも、

大変勉強になりました。

 

 

 

例えば、「創造タイプ」の人には、

「変わってる」「面白い」が、最大の誉め言葉ですが、

物事を順序だててキチンと進める「堅実タイプ」さんには、NGワード。

 

 

 

この「カラータイプ🄬」は、

どのタイプがいい、悪い、優れている、ということではなく、

人それぞれ違うということを理解して、

人間関係を円滑にするツールにもなると思いました。

 

 

 

色の持つ意味やメッセージ性を知っておくことは、

創作活動を含めた日常生活に大きく役立ちます。

 

 

 

お詫びにいらした方が、ピンクのネクタイ姿で現れたら、

「本当に、お詫びする気持ちがあるのかしら?」となりますね。

 

 

 

それは、ピンクという色が持つ

「甘え上手」「依頼心」のメッセージを

無意識に感じているからだそうです。

 

 

 

「カラー講座」第1回(4/18、5/16開催)では、

正規版の「カラータイプ🄬診断」で、

より深く「自分」の理解に繋げます。

 

 

 

色の持つ意味とメッセージを学び、

創作や日々のコミュニケーションへ、

ぜひ、お役立てください。

 

 

 

カラー講座の詳細は、こちらをご覧ください。

【募集】4月スタート「カラー講座」

 

 

 

【お問合せ先】

日本コスチュームジュエリー協会 

jcja.info@gmail.com