即位礼正殿の儀が行われた10月22日、

大阪和泉市の佐竹ガラス(株)様に、工場見学&トンボ玉体験でお邪魔いたしました。

 

 

 

瓦屋根からのっぽの煙突が立っている工場は、

昭和初期の建造で、国の登録有形文化財です。

(画像:佐竹ガラス(株)様HP http://www.satake-glass.comより)

 

 

 

外周は、焼き板と煉瓦の作り。

戦前から続く唯一のガラス製造の歴史を物語ります。

 

 

 

一日かけて、徐々に1300℃という高温になった炉からは、

離れていても熱気が伝わって来ます。

 

 

 

水飴状に溶けたガラスを、「棒引き」という作業で細く長く伸ばします。

一定の早さで歩かないと、太さが変わってしまうとのこと。

 

 

 

 

冷えて硬くなったら、長さを揃えてカット。

リズミカルな音が心地よく響きます。

 

 

 

工場見学の後は、併設の工房で、トンボ玉を作りました。

楽しいだろうと想像はしていましたが、こんなに夢中になれるとは!

バーナーで熱せられて、とろりとルビー色に変化したときのガラス棒の美しさや、

じんわりと冷えて、元の色に戻っていく様は、何度見ても飽きることがありません。

 

 

 

トンボ玉が冷えるのを待つ間、販売所でお買い物を楽しんで頂きましたが、

職人さんたちの超絶技巧な作品に目を奪われました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、コレクションのひとつで、イタリアのベネチア製。

 

 

 

 

トンボ玉体験の後だったので、このような作品を形にすることが、

どれだけ難しいことか、想像すると気が遠くなります。

また、今回の見学と体験を通して、普段、何気なく使っているビーズが、

多くの方の手を通して生み出されていることを体感し、

より思いが深まりました。

 

 

 

貴重な機会を作ってくださいました佐竹ガラス様に、心より感謝申し上げます。

 

 

 

ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

一人ではなかなか行けない場所へ、皆で行く企画を、

今後も、開催したいと考えています。
リクエスト、大歓迎です!

 

 

【お問合せ先】

日本コスチュームジュエリー協会 

jcja.info@gmail.com