先日、いつものように熱帯魚の水槽の掃除をしていました。

 

掃除をしてから1週間程立つと見た目はきれいな水でも、魚に有害な成分が

 

蓄積してくるので定期的に水槽の半分ほど水替え。が必要なのです。

 

そして水替えをする時に水を温めるヒーターなるものが存在します。

 

熱帯魚なので常時水温25度近くを保っていなければ、魚が死んでしまうのです。

 

そして水温を調節するサーモスタットなるものがあり、水の温度が下がりすぎたり

 

上がりすぎたりするのを防ぎます。両方使い方は簡単で、水中に沈めておくだけです。

 

 

ところが僕は掃除の後、ヒーターだけを入れ、サーモを入れるのを忘れてしまったのです。

 

2時間後ふと水槽を見ると 湯気がもくもくと上がっているではありませんか!

 

何が起こったのかわからず、水温を見ると38度!人間でいうと60度の熱湯に入っているようなものです。

 

幸い超絶スピーディな対応で魚は元気を取り戻しましたが、これって気づかずにいたら、火災にまで発展する

 

自体だったかもと猛反省でした。

 

魚元気でよかった!