親子の癒し 詠むヒーリング

親子の癒し 詠むヒーリング

親子でも尊重しあってこそ
母が私にしてくれたように 全身全霊子育てにささげてきた
それが 本当は子供には負担だったことに気づいた
そんな体験もつづっていきます
お母さんも お子さんも ほっと安らげる癒しの時間を

オンラインおしゃべりルームのご紹介

 

こんにちは胎内記憶教育協会講師 なかしまふきえです

 

二人の娘の母であり4人の孫の祖母です

今も小1と年少の孫のお世話を楽しむ日々です。

 

今でこそ楽しめていますが

孫育てがはじまったころは 育児経験はあったものの

夜泣き

離乳食を食べない

歩かない

トイレトレーニング

こだわりの洋服しか着ない  などなど悩みました。

 

もちろん私自身の子育ての時ははじめてのことばかりで

もっともっと悩みの連続でした。

ほんと色々悩みをかかえながらの育児生活でした

幸い同居でしたので 義母が色々助けてくださり本当にあらがたい日々でした。

 

孫育てをきっかけに

子供の個性にあった子育て

胎内記憶

色んな育児メソッドにも出会いました。

 

子供たちは

お空の上でお母さんを選んで生まれてきたよ

名前も生まれる日も選んで生まれてきたよ

という胎内記憶教育🄬にであって本当に心が軽くなりました。

 

ひとりで奮闘するお母さんがほっとする気楽な場を作りたい!

そんな思いから

オンラインおしゃべりルーム を始めました。

 

 

 

不定期ですが 月一回開催しています。

リクエスト開催もしています。

 

公式LINEにて開催情報のほか 

・子育てのお話

・胎内記憶教育基礎講座のご案内

・こんな楽しいセミナーありますよ

・興味深い講座がありますよ などなど発信していきます。
お友達登録よろしくお願いします

 

 

 

 

胎内記憶教育R 基礎講座のご紹介

 

胎内記憶教育協会の理事 産婦人科医池川明先生は 

子ども達が語る胎内記憶を3000名以上のお子さんから聞き取り調査

されてきました。

また副理事である 土橋優子先生は ご自身も胎内記憶をお持ちで

経営される保育園のお子様に寄り添う教育をされてきました。

そんなお二人が

赤ちゃん、お子さん目線つくられた教育メソッドです。

 

『胎内記憶』とはどういうことか?など

胎内記憶研究そのものについてのみを学んで頂くのではなく、

人間の基礎を築くといわれる、母親の胎内にいのちが宿す前から

いのちの始まりまでの期間を4つに分け、それぞれの期間に

起きている事柄やその意味などを、子ども達が語る胎内記憶に

基づいた赤ちゃんの視点から伝えています。

 

  胎内記憶教育協会HPより 一部抜粋

 

♡講座の内容

ブーケ2 胎内記憶の意義

ブーケ2 どうして生まれてきたの(ブループリント)

ブーケ2 使命って何?

ブーケ2 赤ちゃんが欲しい、オーダーバースって?

ブーケ2 出産について
ブーケ2 よいお産って?

ブーケ2 母性と愛について
ブーケ2 お腹にいた時を思い出してみよう(ワーク)

 

☆3時間×4回 又は6時間×2回 12時間の講座になります。

 

  受講料   60,000円

 


☆開催リクエスト 随時受け付けております。

 

私が胎内記憶教育に出会い 講師になるまでを

未来プロフィールとして動画にしています。

伝えたい そんな熱い思いから 講師になりました。 

ご覧になってください。

 

 

ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」上映会 in 大垣

 

昨年のべ1000人の方がご参加された

胎内記憶教育フォーラム3daysを 今年も開催いたします。

今年は全国各地の講師がリアル開催することになりました。

愛知、岐阜在住の講師5名の中部チームは

ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」上映会+お話し会など開催いたします。

 

6月25日(金)愛知県みよし市(満席)

6月26日(土)愛知県岡崎市 (満席)

6月27日(日)岐阜県大垣市(満席)

 

私たち中部チームの岐阜チーム3人は

映画上映と 感想シェア、胎内記憶教育🄬のお話し会をさせていただきます。

 

「かみさかとのやくそく上映会」in大垣+お話し会
    (胎内記憶教育🄬フォーラム3days)
日時 2021年6月27日(日)
    13時00分開場 13時15分上映
会場 イオンタウン大垣2F コミュニティホール
会費 大人 3000円 中高生1000円 
    小学生以下は無料
お申込・お問い合わせ こちら  
         

 

ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」ってどんな映画?

 

以下 熊猫堂さんのHPより一部抜粋させていただきました。

 

の映画には音楽も、ナレーションもありません。

子どもと向き合うスペシャリストたちの現場を、カメラは丁寧に見つめます。

先入観なく、研究者、教育者が、子どもたちと真剣に向き合う姿を、
対話(ダイアローグ)の息遣いを、感じ取ってください。

 

監督のメッセージ

「かみさまとのやくそく」この作品は、私が作った気がしないのです。
なにか、大いなる力によって導かれ、完成させていただいたとしか思えないのです。

すべての人に思い出してほしいのです。
あなたは皆に愛され、祝福されて生まれてきたのだということを。

そしてあなたは、あなたが選んだお母さんを助けるために、
人の役に立つために生まれてきたのだということを。

赤ちゃんたち、子どもたちの声に耳を傾けると、幸せへの近道が見えてきます。
自分はひとりぼっちだと思っているあなたの中にも、
実は純真な子どもが住んでいます。

だからあなたにも心躍らせて映画の中の子どもたちと共鳴してほしいのです。

そして、あなたの身近にいる子どもたちにも、あなたの中に住む子どもにも、
優しい思いをシェアして、抱きしめてあげてほしいのです。

*********以上*********

 

監督の言葉 ほんとに心に響きます

 

あなたは皆に愛され、祝福されて生まれてきたのだということを。
あなたが選んだお母さんを助けるために、
人の役に立つために生まれてきたのだということを

 

みんな祝福されて生まれてきて

そして自分の人生を今歩んでいるのですね

 

ふと何かにぶつかって落ち込んだり

うまくいかなくて 誰かのせい、親のせいにしたり。

 

もう一度振り返ってみませんか

幼いころのあったかいぬくもりを。

 

自分の原点に帰るような映画かもしれません。

映画の中で胎内記憶 という言葉がでてきますが

あるとかないとか まったく関係ありません。

 

私たちが自分で決めてきた人生シナリオを

楽しくワクワクできるように歩んでいくだけだと思っています。

 

コロナで上映が自粛されていましたが各地の上映されています。

熊猫堂さんのHPもご確認してみてくださいね。