望みは「手書きする」のが重要な理由 | 「魂が喜ぶ成功へのナビゲーション」

「魂が喜ぶ成功へのナビゲーション」

見えない世界 X 見える世界 = ∞の可能性

こんにちは。

相馬玲子です。

 

先の記事、

「超凄い今日(1月2日)にやるといい事」で、

 

「自分が心から本当に望む事」

のリストを作って、

 

それを

「手書きする」

といいですよ、って事も書きました。

 

 

その理由ですが、

 

まず、紙に書くとなんでいいかと言うと、

頭の中でだけで考えていると、

ゴチャゴチャになって、ちゃんと形になりませんよね。

 

例えば、

「海のそばに住む」って考えると、

でも、山もいいよね、どうしよう・・・とか、

 

「年収一億円」って考えると、

でも、凄く働かなきゃだよね、それは嫌だな・・・とか、

 

次から次へと考えが出て来て、

気づくとあらぬ方向へ思考が行っている事も。

 

「紙に書く」事で、

ひとつひとつが形になり、

実現化が早くなります。

 

そして、なぜ、「手書き」なのか。

 

これは、

マシューズという心理学の教授が

267人の参加者で、目標の達成率に

関する実験を行ったのだそうです。

 

目標を手書きした時の達成率と

キーボードでタイプした時の達成率を

較べると、

 

手書きするだけで、達成率は42%も

上がる、という事がわかったとか。

 

これは、キーボードでタイプする時

必要な指の動作は8種類。

なので、脳でも、その8種類の動作

に対応する神経しか働かない。

 

一方、手書きする時に必要な指の

動作は、1万種類もある。

そのため、脳で働く神経もずっと多くなる。

(「ブレイン・プログラミング」という

本から情報を頂きました。)

 

要は、「脳」の働きがより強まる、

っていう事みたいです。

 

この実験がどの程度科学的に

認められるかどうかは、

異論があるかもしれませんが、

 

「紙に手書きする」と

目標が叶いやすい」、

っていう設定を自分にしちゃえばいい

って、思います。

 

というわけで、私も

「望む事」のリストを

ノートに書きました。

 

そしたらね、

 

「自分が心から本当に望む事」

が意外にシンプルだという事が

よくわかりました。

 

よかったら、やってみてくださいね。

 

2018 新年オシャベリ会

2018年は2020年以降の

全く違う世界(!?)に向けて、

本当に重要な年になりそうですよ。

というわけで、

こんな年になる事が予想される、とか

こういう事に気を付けるといいよ、とか

これ、やりましょう!、とか、そんな事を喋る会を開きます。

●日時:2018年1月20日(土)11:00-13:00
●場所:東京 目黒駅近辺
詳細はこちらをご覧ください。