なぜ、「英語教育」が実を結ばないのか | 夢を運ぶ虹色くじら☆アートセラピー Cosmic art Mira

夢を運ぶ虹色くじら☆アートセラピー Cosmic art Mira

アートセラピーを取り入たアート教室の開催など、アートで人々の心の自由、そして生活を豊かにする活動を行っています☆


テーマ:

今や、乳幼児期からの英語教育ブームが加熱し、一向に衰える気配をみせません。

 

私は、この傾向に、ずっと以前から、かなり疑問を感じていました。

 

英語教育に多額の金額を投じ、英語をとにかく身につけさせなきゃという焦りに対し、乳幼児の研究者は、しっかりと見解を述べていくべきだと考えていました。

 

①「親が英語が喋れない」 成功しない理由

英語を熱心に習わそうとする親の多くは、「自分が英語が喋れないから」。自分は、適切な英語教育を受けて来なかったから、英語ができないんだ、こう思うわけです。これは、英語に限りませんが、「親が成しえなかったことを子どもにさせよう」という行為のほとんどは成功しません。それは、動機が、「恐れ」に基づいており、本当に子どもに向いているのか、子どもの個性を考えていないからです。

 

物事が一番早く身につく理由は、「楽しい」から。私は、英語を話しますが、小さいころからインターナショナル幼稚園みたいなところに入れられて育てられたらと思うと、ぞっとします。もともと、引っ込み思案で、話すのが苦手だったので、もっと話すことに恐怖を覚えることとなったと思います。自分から、外にでてみたいと思った十代で、海外に行き初め、英語を取得しました。

 

要するに、「英語を話してみたい!」という心の中からの欲求が必要なんです。それを、「英語は話せなきゃいけない」となったとき、みなさん、心はどう思うと思いますか?

 

②本当のインターナショナルとは?

英語を習わせる親のほとんどは、「これからは英語の時代だから」、「国際社会になるから」と言います。でも、この言葉、30年以上も前にも言われていたんです。そして、今の子育て世代の人たちも、少なからず、このための教育を受けてきたんです。

 

でも、30年後の今、日本はインターナショナルになったでしょうか。そうではないですよね。

 

じゃあ、インターナショナルスクールに通わせれば、インターナショナルな人になるのでしょうか。

 

英語が話せる=インターナショナル、これは大きな間違いです。

インターナショナルとは、多様な文化を理解し、多様な人間とつきあいのできる人のことを言うのです。

 

その心の土台が必要なのだと思います。

インターナショナルスクールに通っている子で、既に語学が嫌いになってしまっている子、排他的な子、目が死んでいる子、いっぱい見てきました。

 

そういう子たちを見ると、これは本当に大人の意識を変えなきゃいけない!と感じます。

 

ずばり、親が英語が話せない理由、その第1の理由は「使う機会がない」からです。

英語教育がダメだったからではないのです。

 

世界の観光地に行くと、英語教育を受けていない人がバンバン英語を喋っています。

単純に、英語を話す機会が多いからです。

そして、間違っていたって、気にしてなんかいません。

 

私は、今でも覚えています。イギリスに留学中のこと。

Oxford 大学で、とあるスペイン人の研究者がスピーチをしたのです。

独特の英語で、会場の多くの人は、「う~ん」という表情をして、理解できないこともあったのですが、とにかく、自信をもって、自分の考えを話しているのです。その情熱に、最後は大拍手。だれも、英語が間違っていたからって、批判する人なんていません。国際舞台に立つには、このくらいの自信と情熱が必要なんだ、と心から感じた瞬間でした!

アートセラピー Cosmic art Miraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス