本当の気持ち | 夢を運ぶ虹色くじら☆アートセラピー Cosmic art Mira

夢を運ぶ虹色くじら☆アートセラピー Cosmic art Mira

アートセラピーを取り入たアート教室の開催など、アートで人々の心の自由、そして生活を豊かにする活動を行っています☆

{2E7E2E50-E06D-4B4B-A5AA-395B937DCDD6}

残り17日となりました!
応援いただいた皆さま、本当にありがとうございます!

そして、最後まで、一人でも多くの方にこの活動を支えてもらえるよう、最後まで頑張ります!


今回は、何故、私が、現在の活動に深く関わるようになったのか、お話ししたいと思います。


私自身、30歳までは、とにかく『人間嫌い』。人間と関わる職業なんて、絶対つきたくない! と思って生きてきました。


これでも、小さい頃は、障害児の養育に携わっていた母の影響の元に、

たくさんの障害を持つ方々と暮らしていたんですね。



でも、

そういう人達が、一生懸命働いて得るお金は、1か月、数千円。



その現状に、幼いながら、とても傷つき、世の中って、何だろうか、って苦しみました。


まあまあ健康で生まれ、普通の知的水準を持つ自分が、憎くてしょうがなかった。


そのあと、不安定な暗黒の時代を経て、自分なりに決着をつけました。


自分がもらった才能は、自分を着飾る為じゃなく、誰かの為に使おう、って。


『才能』って麻薬みたいな言葉です。


だから、今、私は子どもの現場にいて、『才能』という言葉を使うことに、かなり気を使っています。

才能って大したことないんですよ(笑)

でも、本当。

大切なのは、気持ち。


幼い頃に芸能事務所に入れられ、5歳で児童相談所の前に捨てられた子もいました。


大人の考える『才能』って何?

才能って、幸せに結びつくの?


みんな、盲目的に『才能』のトリコになってるけど、本当に考えてほしい。


子どもに何を教えるの?

子どもにどうなってほしいの?



親である大人自身が、色んな束縛の元に育ってきたから、そこから抜け出すことが、難しいんです!


私は、この十年、子ども達と関わり、本当に充実していて、中味の濃い日々を味わわせてもらいました。


この児童福祉の分野で働いた人は、

『子ども達に癒されました』

という人が少なくないんですね。



なんか、おかしいでしょ、

本当は、大人が子ども達を癒したいと思って来てるのに。

でも、私もその一人。


子ども達と、泣いたり、怒ったり、笑ったり。

1日1日が、ものすごく濃密だった。


そして、また子ども達が言うんですよね、

『先生の子どもに生まれたかった』。


なんか、じ〜ん、ときちゃいますよね。

もちろん、その子の言葉はウソじゃないと思うけど、

私は、その子が、そんな言葉を言わなくて良い環境を作りたい!

って、思いました。


だって、自分のお母さんに甘えられるのが、最高でしょ?


それが、この活動の奥に流れる、私の思いです。


本当の気持ちを表現しながら、生きていってほしい!



https://readyfor.jp/projects/afcshine-2018


アートセラピー Cosmic art Miraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス