minus(-) TOUR 2017_minus(-)☓Jugendgedenkenの事。 | 残念僕の人生:Corobox.com

残念僕の人生:Corobox.com

努力すれば綺麗な人生を歩めた筈が、そんな物糞くらえとばかりに進んだらこうなりました。人生が適当です。むしろ、残念人生です。


テーマ:

minus(-) TOUR 2017_minus(-)☓Jugendgedenken

の追加公演 東京2daysを見に行ってきました。

 

2daysを2日間見に行く事って、基本したことがないです。

どっちかでいいかーなんて今まで思って、1日しかチケット取らなかったんですよね。

 

 

なのですが、今回は珍しく2日間とも行ってきた。

 

 

行って良かった。

 

 

藤井麻輝氏に関して、「私、こんなに好きだったっけ!?」ってくらい追いかけている自分がいます。

 

なんなんでしょうね。

 

 

恐らく、藤井さんが割とファンとの距離を近くとってくれている気がして

それが追いかけるのを加速させてくれている気がします。

 

 

 

今のところ東京公演以外は行かないようにしていますが

いつか地方巡業に出るようになってしまうかもしれない…という恐怖!!

 

何故恐怖を抱くのか。

それは地方巡業するとお金と家庭円満を失う可能性があるからだよ!!

 

 

 

肝心のライブ自体ですが、内容については色んなサイトに記事載ってるだろうから、大体そんな感じで

 

私が言いたいことは

とにかく距離ちけーーーーーーーーーーー!!!!!

って事です。

 

1日目なんぞは下手側の前から2列目で見れたのですが

(これも人生初くらいの、あんなに余裕持って見れる2列目)

普段は上手側にポジションとっている藤井氏が下手側にまで来てくれて

なんなの!?色んな意味で殺しにきたの!?と、もう大興奮ですよ。

 

そして、上から白目で見下ろされ

もうこれはきっと目を外したら呪われて死ぬやつに違いない。と、

根性比べか!?と、

ずっと藤井氏の目を同じくらい目を見開いて見つめ続けました。

至福でした。

 

 

 

本当に、藤井氏がどうしちゃったの?なんか本当にありがとう。ってくらいのサービス精神の塊になられていて、生きていて良かったです。

 

 

ただ、一番の目玉は

 

柵に足をかける藤井氏!!

目の間にいるファン!!

触れる距離!!

しかし、ファンは遠慮して触りそうで触らない!!

 

という絶妙な距離感でした。

 

藤井氏が手を客席に差し出した時だけファンが手を掴むという…

 

犬の「待て」と「ヨシ」かな!?

 

 

 

恐らく、我々は飼いならされたペットなのです。

 

 

藤井氏の作り上げる繊細な音を1音1音聞き取る耳は残念ながら持っておりませんが、藤井氏の作り出す音が響く魂は持っているのです。

 

 

 

わぁ、私、キモチワルイですね。

 

 

という訳で、来週4/16もR-JAM ‘17でminus(-)見れます。

AA=も見れます。

幸せ過ぎて車に撥ねられても気付けなさそうなので、気を付けます。

 

 

 

もうちょっと音楽自体の事も書こうかと思いましたが、更に気持ち悪くなるので、ここら辺でやめておきます。

 

あさきちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス