街道のグルメ ローカル&昭和な味わい巡り 関東版 | 昭和80年代クロニクル

昭和80年代クロニクル

古き良き昭和が続いてれば現在(ブログ開始当時)80年代。昭和テイストが地味に放つサブカル、ラーメン、温泉、事件その他日々の出来事を綴るE級ジャーナルブログ。表現ミリシアの厭世エンタ-テイメント少数派主義ロスジェネ随筆集。

 

 

数年前の話になるが、職場で同僚の人たちが「ヒコバンバンが」と、ヒコバンバンなる

ワードを連発した会話をしていた。

 

世にも奇妙な物語の「ズンドコベロンチョ」の草刈正雄みたいにオレはそのヒコバンバン

というのがなんなのか皆目見当もつかなかったので、それはなにか?という質問を

したら、「え?ヒコバンバンしらないんですか!?」と驚かれた。

 

ヒコバンバン。

孫悟空一派を殺すためにレッドリボン軍が雇った長髪の殺し屋の名前みたいに小気味良い

響きの名前だが、やはりオレはしらん。

なので、そこはヘタにしったかせず、素直にそのヒコバンバンなるものがなんなのか

改めて訊いた。

 

どうやら大型焼肉チェーン店らしい。

やはり初耳だ。

世の中にはまだまだしらない店があるが、オレがしらなかっただけでどうやら

それなりにポピュラーな店舗のようだ。

東京以外の郊外型??

 

ヒコバンバンについては名前をきいてもわからなったし、都内に今でもあるのか、

もしくはあったのか?も不明だけれど、ランキング番組などを観てその存在と

名前程度はしっている郊外チェーンはいくつかある。

東京でない関東をメインとして展開しているロードサイド店のことである。

 

実際にいったことはないが、是非一度いって食べてみたいチェーンは、

「フライング・ガーデン」

など。

バクダン・ハンバーグはガッツリと喰いごたえありそう。

 

上に張り付けた「街道のグルメ」という本には、そういった有名店から隠れたロードサイドの

個人経営店などがたくさん掲載されている。

 

オレの記憶違いじゃなかったらこの版元の辰巳出版って、もともとエロ系の雑誌社じゃ

なかったっけか?

違ったら申し訳ないが、もしそうだとしたら見事に舵をきった路線変更だと尊敬する。

 

こういう本て、ついつい興味ある店の情報と写真だけ読みがちだけど、なにげに文字も

多いので、しっかり読めばヨミモノとしてかなり時間を費やせることにみなさんお気づきだろうか?

 

興味ない店、または食べたいと思わないジャンルのフードが紹介されているページの

記事ってとばしている人多いと推測するけれど、じっくり読んでみると実は隠れた

豆知識とかが店名の由来が書かれてたりするのだ。

(たぶん、オレの小説記事とかにおいてもあらすじ紹介文とかはトバして読んでいる

人多そう。なので意図的に東京マラソンの当落結果もそこに紛れ込ませたら、案の定

揃ってみな「どこにも書いてない!」と自信満々にいっていた。しっかり書いているのにw)

 

郊外に限らず、道を歩いたり車やバイクで走ったりしていれば、かなりの確率で見かける

「ラーメンショップ」や「どさん娘」の赤い看板。

これらのヒストリーもヨミモノとしてか書かれいる。

 

ラーメンショップはチェーン店なのに味もメニューもクロリティもバラバラ。

フランチャイズにしてその自由度の高さについてもしっかりとつっこまれている。

経営やメニューの自由度が高い割には、枝分かれした店舗でも「ラーメンショップ」

という名前の使用が許されない店もあるという。

本部である会社名に「椿」という漢字が入っているので、屋号に「椿」という文字が

入っているラーメンショップは認められている店舗のケースが多いとか。

 

 

群馬県関係で盛り上がれる読者さんも多いので、本に掲載されていたその一店を

挙げると、「シャンゴ 倉賀野バイパス店」のトンカツのパスタはすごく美味そう。

これは是非食べたい一品。

 

それとこの本では紹介されていなかったが「さわやか」。

そこのハンバーグも食べてみたい。

 

魅力的な店はほぼ郊外。

オレは車持っていないけれど、こういう情報をしったときだけは車がある人が

羨ましい。

10年以上前に壊れて廃車になったけれど、愛用していた原付HondaのスーパーDio

がまたオレの元に戻ってきてくれないかとすらも思えてくる。

 

友人の車とかで旅やスキーにいったその帰りに立ち寄ったレストランの料理が美味すぎて、

旅の想い出自体が忘れかけてくるようなこともあった気がする。

 

旅の目的地もいいけれど、その途中の食事や休憩で立ち寄るこういう店もまた旅の醍醐味だ。

そういえば、高速のSAをひたすらめぐるふかわりょうの「アーガイルの憂鬱」というDVDを

TSUTAYAに入るたびに調べているのだけど、まったく見当たらない。