季節を結んで、また開いて。 | 「ちゃんと食べてる?」

「ちゃんと食べてる?」

『食卓デザイナー』石橋直樹のブログ。
HappyDiningComposer , Ishibashi Naoki 's blog.


テーマ:

 

こんにちは。

あっと言う間に

桜も散りはじめ、

新緑が深くなっていこう

としています。

 

動きの中にこそ真理があると、

武道の師も

お伝えくださっていますが、

 

季節の移ろいの中からも、

それがどういうことなのか

を深めるため、

 

あらゆることから

感じ続けたいと

草木たちを眺めています。

 

 

今は色々と山菜が

せわしくなっていますが、

季節を体で感じながら

暮らすのに、

山菜の佃煮など、簡単で便利です。

 

 

写真の一番上はつくしの佃煮、

隣がわらび味噌づけの叩きです。

 

 

旬の素材で

こういうちょっとした

お惣菜を多めに創って

蓄えておくと

保存も応用も利くし、

その素材の旬の間、

 

季節を閉じ込めて

好きな時にいただける。

 

むすんで、ひらいて。

そういう行為に感じます。

 

 

 

 

毎度の食事の支度も

効率的になります。

 

写真のように、

細長いお皿に数種あると、

それだけで、

メインのおかずがなくても、

山菜御膳として楽しめますし、

 

卵とじやお吸い物に

ちょっと入れたり、

丼にしてみたりと、

形を変えて楽しめます。

 

 

レシピというものは

あまり応用が利かず

ディテールに

こだわりすぎな

傾向になってしまいがち

という考えなので、

 

ざっくりと作り方を。

 

 

【佃煮の考え方】

 

自分の好みの油で強火で炒めて、

表面に焼き色がつくまで炒まったら、

歯応えを残すことを意識して、

味醂、醤油を1:1で加える。

(量は全体に味が絡まる程度)

 

 

【わらび的な山菜ものの味噌和えの

考え方】

 

好みの歯応えを残し、

湯通し

 

そのままで食べれる状態の

素材を粗く叩いて、

歯応えをばらけさせる。

 

味噌を好みの塩加減で混ぜ、

全体の味が

均一になったら

ごま油を最低限全体を覆う

量入れて、絡めて、

和え物をコーティングする。

 

卵黄でユッケ風にすると、

またこれが絶品です。

 

季節を

むすんで、ひらいてを

楽しんでみてくださいね。

 

 

今日も「ちゃんと」食べてますか?

 

あなたがたった今、

この瞬間を、

残さずに

味わえていますように。

 

「いただきます。」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■せかいとつながりをとりもどし、

たいせつなひととわかちあう

そんな食卓をつくれるひとにかわる

 

【料理教室に通う前の料理教室】

 

2018年4月8日(日)13時〜

6期生メンバー、あと限定1名募集中。

 

(東京での提供はおそらく最後になります。)

 

https://ameblo.jp/cophonic0611/entry-12317753701.html

 

 

食のデザイン工房ニジノハシ

「食卓デザイナー 石橋直樹」 

WEBサイト

 

http://happy-dining-composer.net/

 

出張料理・ケータリング・料理教室の講座企画など

ご相談・お問い合わせはこちら

 

食のデザイン工房ニジノハシ

cophonic@gmail.com

 

 

 

Naoki Ishibashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。