すっかり御無沙汰しておりますが、
久々にオーダーのご紹介です。

今回は大量※です! (※ 当社比)
{D0E32667-FED5-4C1C-AFD7-5A98B7A7E785:01}


オーダー頂いたのは、隣町にあります
高鍋観光協会」様!
以前、はんこオーダーで御紹介致しました「おはりこtsun」さんがご縁となりました。
※tsunさんのオーダーはんこ→

内容は、高鍋町にある「高鍋大使」をテーマにしたものということで…

まずは高鍋大使について、触り程度にご紹介致します。


まずは   ズン!
{C9B3462D-C886-4531-9D30-C8E47BEBB442:01}



裏から見ると↓ズズン!
{D6FCE587-A331-4A09-9D42-811BD8EC017F:01}


ちなみに2人とも、ほぼ真下にいます。

成人(参考180cm)は加工していないので、目線を追って頂ければれば分かりますが、軽く4mくらいあります。

こういう石像が、大小さまざま合わせて約700基あまり…

見晴らしの良い高台に立てられています。
{1204AF6E-1118-4049-9574-C3767D06C7EE:01}


↑海岸線のある東に向かって、町が一望できます。

それもその筈、ここは192基もの古墳があると言われる高鍋町でも、85基を有する「持田古墳群」にあるのです。

しかも驚きなのは、これらの石像が、ほぼ全て

いち個人作ということです。

岩岡保吉さんという方が、四国巡礼の経験から、高鍋町に八十八カ所の霊場を再現することを決意し
大分から招いた石工仏師の仕事を見ながら自らも学び

なんと、その後の700基余りを87歳で鬼籍に入られるまで作り続けたという…。


…。


凄すぎるんで、説明が追いつかないでし。

今回の説明は、高鍋大使に置いてあるパンフレットを参考にさせて頂きました。
{8C4F3D66-1BEA-4400-933F-1BD8813A9CA0:01}


実はこの高鍋大使、たいへん面白い場所なのですが…周囲の道路事情や、小さいお子様の安全性など鑑み、景観も含めて改善しようという動きがあります。

植樹をしたり、階段などの施設を作り直したりと、10年20年という長期計画を「花守山プロジェクト」と銘打ち進行中です。

そこで、大使をアピールするような工芸品を作ろうということになり、私も、お声を頂いた訳です。
陶芸家の方や、木彫り作家さんも参加されている様です。
最近は色々なイベントもやっているようなので、興味を持って下さった方は、高鍋観光協会のブログをチェックしてみて下さいね~!
ブログ→
HP→

で、一枚目の写真とほぼ同サイズの巨石像をモデルにしました

その名も
「大石像シリーズ」
{1B2C8844-AC72-4215-871E-050840087A03:01}

向かって左から
スサノオノミコト
アマテラスオオミカミ
正一位稲荷
風神
雷神

あとは、色々あるんですが…
{DC654EE1-894F-4D4A-B998-4E273B10E317:01}



高鍋大使の説明で、既に皆さんお腹いっぱいだと思いますので、詳細はまた機会を改め御紹介したいと思います!

長文になりましたが、お付き合い頂き有難うございました。

m(__)m