くーらのほしいもがほしいもん!

注:面白い保証は一切いたしません


広島で大学生をやっているくーらとかいう人の日常記。将棋の話も書きたい。


テーマ:
気づけば四月も終わり。もうすぐGWですね。

どうもくーらです。ちゃっかりと社会人となり、ちゃっかりと働いております。




今回は少し近況報告と、お知らせしないといけないお話があってブログを更新します。






・近況報告

近況報告といっても支部対抗のお話だけ。
社会人スタートしたて、当然前夜祭のための休みなどとるわけにもいかず夕方までなら勤務。最初なので定時までなのが救いどころ。
当日は
予選一回戦 個人×チーム○
予選二回戦 個人○チーム○

本戦一回戦 個人×チーム×

一応一度仕事できたのでせめてもの働き。ただ直前までキリン以降駒さえ触れてなくて直前で修大にお邪魔して練習させていただいたのがなければ多分もっとひどかった。修大将棋部の皆さんありがとうございました。

とりあえず次将棋指すのはアマ名かな。中四は見に行くつもりなのでOB大会出ると思うけども。







・大事なお知らせ

今日までダラダラと更新してきた「ほしいもがほしいもん!」ですが、本日のこの記事をもちまして更新を終了することにしました。
といってもブログをやめるわけではなく単なるお引越し。


↓こちら

blue-horizon.hatenablog.com
(なんかリンク飛ばすやつちゃんと機能しないから適当にコピペしてください)

 
理由は色々とありますが一言に纏めるなら気持ちを新たにする、といったところでしょうか。まぁでも多分やることは今までと変わらない。許してね。
このブログの今後ですが週末あたりに過去記事を削除、そのうちここも消すことにしようと思ってます。勿体無い気もするけど昔を引きずってもね。バックアップ的なの一応とったけど取れてるかも不明() まぁ問題ないでしょう。


気づけばこのブログを始めて7年。 様々な出会いがありました。このブログを見て知ってくれたって人も結構居てありがたい限りでした。そんな見てくれた方々に感謝。今までありがとうございました。また次の地でも見ていただける方がいらっしゃればよろしくお願いします。


くーら


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日常」 の記事

テーマ:
書こうと思って気づいたら1ヶ月くらい経ってた()


というわけでこの前の支部対抗の話でも。

結局中国職域はメンバー各位が忙しくて集まれず、ほしいもマスター3ならずという結果に。自分はお昼から少し観戦に行きました。


という感じで自分の卒論の方も大詰めという状況で2切れですらあまり指してなかったので前日指しましたがボロボロ。周りの子(特に小学生)も強くなってるし、「今年はちょっと厳しいかな」という認識で臨みました。



一回戦 O田くん

顔は見たことあるけど、指すのは初めてかな。
戦型は相手の嘘矢倉に適当な右四間。いや真面目には指してるんですけどね。25突き越して右四間やってるから千田流っていうんですかね?
攻撃態勢整えてたら真っ向からどすこいされたので叩き潰しに行った結果、最終的に攻めを切らして反撃して勝ち。ガン攻め戦法使っててもいつの間にか受けてるのなんでなんだろ…



二回戦 K谷くん

彼も指すの初めてですかね。
四間vs鳥刺しになり、駒組みの不備を咎めて飛車先交換+一方的に角を打たせることに成功したのですがそこで気が緩み明快によくする順を逃した挙句逆にその角筋で攻められそうだったので焦って動きに行ったら角が丸死にする変化に突っ込んで行ってることに気づくという(実際は途中で気づいて止むを得ず角桂交換に出た)ね。以下一生懸命捲りに出たものの丁寧に指され完敗。弱すぎましたね…


結果的に見ればここで負けて開き直れたのが良かったのかもしれません。


三回戦 F岡さん

話したことはあると思いますが、なんやかんや指すのは初めてかな。二回戦でT中祐さんを倒してるので調子良さそう。油断ならぬ相手です。
戦型は自分が後手の角換わりからの桂ポン。実は形的に桂ポンしたのはやりすぎだった気もしますが一度負けて開き直ったのもあって思い切りがよかったです(笑)その気合いが通ったのか銀を上がってくれたのでまずまずの進行に。難しいやりとりが続きましたが、最後は一手差を活かして勝ちきることができました。


四回戦 K広くん

成長著しい若手。今回代表取るの厳しいなと思ってた理由は彼の存在にあります。彼はここまでただ一人全勝。彼に負けるなら仕方なしと対局に臨みました。
戦型は自分が先手で角換わりの4五の位取るやつ。最近桂ポン△6二金型めっちゃやってましたが元々受け棋風なのでこちらの方が性に合ってる気がします。思えば昨年やった時もこの戦型でした。
堅陣を活かしてガンガンこられて風前の灯火でしたが、こちらものらりくらりと右辺に逃げて行って持ち味が出しやすい展開にはなったと思います。それでも現実的には負けだったかと思いますが秒読み合戦でなんとか逃げ切ることができました。


五回戦 H尾さん

四回戦終了時点で3-1が四人、自然と3-1同士の対決になり、勝った方は代表決定、負ければプレーオフという状況に。自分はH尾さんと。高校時代から度々戦ってきた相手ですが一度も勝ったことがありません。
戦型はこちらの居飛車急戦に向こうの中飛車。速攻狙いだったので隙ができたと思った瞬間に仕掛けることに。結果的に攻めは成功していたようです。以下は危ないとこもありましたがなんとか勝ち。




というわけで今年もなんとか代表を取ることができました。二回戦負けた時はどうなるのかと思いましたが()  今年は社会人なので勝手が違うかもしれませんが、出れたら頑張りたいと思います。





2月末にはクラブカップに出てきました。結果はなんとも言えない感じでしたが、内容が酷いわけではなかったのでよかったかなと。初めて組むメンバーで団体戦出れたのは楽しかったですね。


3月末は学生選手権。いよいよ学生真の最後の大会ということでなんかしみじみとしてしまいますね。精一杯楽しみたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今更感ありますがあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


さて、今回は先日出場した朝日アマ将棋名人戦の事でも書こうかなと思います。

確か昨年はバイトあるとか眠いとかで参加しなかったこの大会。前日の夕方くらいまでは「高須もつい最近だったし別に出なくていいかな〜」とか思ってたのですが21時頃過ぎて「ここんとこゲームばっかやってるし出るのもいいか」ってなって出る事にしました。動機が不純すぎる。決めてからは余った梅酒消化に励んでました。年をとったなぁ。

という感じでゆるく参加したので、予選抜けれればいいかなーくらいの気持ちで参加しました。


予選1回戦 S木さん

一時大会出るたびに当たってたイメージでしたが、最近は自分が大会ご無沙汰なので久しぶり。実は大学の友人のお父様だったりします(笑)
戦型は中飛車に対し一直線穴熊を採用。ここのとこ穴熊はあまり指してませんでしたが高須で指して楽しかったので採用に至りました。
抑え込みを狙って駒を押し上げてきたとこでそうはさせまいと動かれましたが、結果的に少し無理筋だったようで優勢になり迎えた図1。

図1

{C5AEF040-07CA-4D00-A5E3-91FF28DD8B1B}


ここから▲7四歩△同銀▲7二馬△同金▲同龍△7一歩▲8二龍△同玉▲7五歩と進行。
銀を釣り上げて▲7二馬がスピードアップの筋。当然の精算からの△7一歩には7四に目もくれずバッサリと切り落として▲7五歩が次に▲7四歩の詰めろになります。△6三銀には▲6四歩から追撃していく感じです。以下は一直線に進んで勝ち。あまり指してない割にはまぁまぁ冴えてました。




予選二回戦 K角さん
あまり大会には出てなかった方ですが、昨年からちょいちょい出てるイメージ。よく話したりはしましたが当たるのはおそらく初めてです。
戦型は向こうの中飛車にこちらが角道を開けない超速みたいな感じ。巷では居抜き超速っていうみたいですね。感覚的に鳥刺しに近い面があるので結構好きです。
互いになんとなく出た感じで気軽にやろうということ(暗黙の)で思い切りのいい指し手で斬り合って最終的には勝ち。ただ早い寄せがわからなくて結局稼いだ手数を消費してギリギリになってしまったのは反省点。





というわけで久々の一般大会予選通過。まぁ予選のある大会に出たの自体が久々ですが…(確か2015年のアマ名以来) とりあえずの目標は超えれたので一安心。





本戦一回戦 M瀬賢
最近成長著しいけんしんくんちゃんと。T取くんが凄まじすぎてやや目立ってない気もしますがここ最近かなり強くなっている印象です。昨年ついに初負けを喫したので(親睦団体戦)、個人的にも油断なりません。
戦型は向こうの先手中飛車に一直線穴熊を見せたら早めに3五歩を突かれる形になったので銀冠に。高須の際も銀冠にして勝った(その時は銀冠穴熊でしたが)ので、今回も採用してみました。
一枚剥がされた状態で仕掛けられやや自信がありませんでしたが、向こうにも緩い手が出てこちらの攻めが先に刺さり迎えた図2。


図2
{F48E56EA-A2BA-4441-822B-7C5D4FAED95D}

戦い始まる前に端玉にしたのは結果的に好判断でしたね。このような角が歩成で王手にならないのはかなり大きい印象です。
本譜は△5八龍▲同歩△5六角と進行。
龍がお荷物になりそうだったので今のうちに叩き切りました。後だと△5八龍に▲同飛と取られる可能性があります。そして△5六角(後で思いましたが4七の方が優りそうですね)が結構受けにくい。後手は三筋に歩が利くのが大きいです。以下は難しいとこもありましたが、なんとか勝ちきることができました。





本戦二回戦 F高さん
何歳になっても元気に代表取ったりするおじいちゃんと。指すのは二回目でしょうか。
戦型は自分が先手で角換わりで右玉にされました。対右玉は割と得意な戦型(だと思いつつよくコテンパンにされてるけど)なのである程度は形になるかなー的な事を思ってました。
うまく戦機を捉えたと思いましたが秒読みに追われたのもあり攻めあぐね劣勢で迎えた図3。

図3
{0252C4BB-2337-4D18-962C-C9A09D6D991C}

普通に指すならば▲6九歩とかですがそうすると攻め味が無くなりジリ貧とみました。というわけで本譜は▲6四歩と勝負に。以下△7九銀▲7八玉△6八銀成▲同金に△6七歩が筋に見えて緩手。代えて△2三馬とされるとどこかしらに一枚使わざるを得ずそこで手を戻すなどで完敗模様だったようです。本譜は△6七歩以下▲6二金△8三玉▲6三歩成となり逆転模様です。以下王手ラッシュが来ましたが詰まずに投了。ここら辺で負けて適当に帰る予定だったのでビックリでした()




決勝 U原さん
一時期よく当たってましたが最近は自分が大会ご無沙汰なので一年ぶり。しかも最後の対局は勝っててむしろそれ以外全部負けなので油断してくれなさそう(決勝なので当たり前なんだけど)。とりあえず全力は尽くそうと思いました。
戦型は角換わり腰掛け銀で今流行りの△8一飛・△6二金型。ちゃんと研究はしてないけどクエストで練習はしてたのである程度はなんとかしたいなぁ的な感じでした。

図4
{AA85A8B0-83A9-4ABA-80C3-E68549C19C66}

超お恥ずかしいウッカリしたのであまり載せる気はなかったのですが今後の反省も兼ねて。
図から▲6七銀と引いてしまったため、△8六歩で将棋が終わってしまいました(-終-NHK)




というわけで結果は望外の準優勝でした。我ながらよくできたなぁ。社会人なってもこんな感じでゆるくいきたいですね。









次はおそらく支部対抗。今年も頑張ります。



p.s. 書き始めて10日かかった()



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
好い加減そろそろかけという電波を受信したので書こうかなと。



卒論やらなんやらでバタバタしてたらあっという間に年末でした。気づいたら12月になってたし、気づいたら22歳になってたし、気づいたらもう30日ですね。



前回の更新から特に変わったこともなく、割と平穏な日々を過ごしてます。強いて言えば26〜29で卒論をほっぽり出して王座戦の観戦兼ラーメン巡りをしたことでしょうか。一応ちゃんと冬休みだったからサボってるわけではないヨ。
今年は理事長でもなんでもないので完全実費ということで少し悩みましたが、学生最後の年ですし思い出作りということで応援も兼ねて行きました。今年もいろんな人と会えたり熱戦もたくさん見ることができよい刺激になりました。後ろ2日で名古屋や京都に行ったりして4日中計5回麺を食べてました。どれもおいしかったけどしばらく麺はいいかな(小声)。



将棋の方は前回書いたのと少し変わってクエストを一層指すようになってしまいました。無制限だからね、しょうがないね。七段ワンチャン見えそうなとこで脱落マンしてます。先は遠い。大会には睡眠不足で死んでたり出なかったりとかですが新年の高須は出るので頑張ります。


そんなとこですね。今年もあまり記事を更新しませんでしたが、様々な方々にお世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。

それではよいお年を。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回が少し真面目すぎたので今回は軽めでいこうかなと思います。どうもくーらです。
突然肌寒い季節になりましたね。しばらく前に着る物を一枚増やしたばかりなのにそれでも寒い。11月なので当たり前といえば当たり前なのですが今年は10月頭まで暖かったので突然という気がします。
就活も終わり、残るは卒業だけ…といえば簡単ですが、大学生なので当然卒論が(といってもないとこもあるのかな?)あってぼちぼち忙しい日々を過ごしています。

というわけで今回はここ最近の自分が将棋に関して何をしているのか、ということを書こうかなと思います。最近こういう系書いてなかったですしね。と言っても別に「実力をもっと伸ばそう!」といった意識高い系ではなく、最低限の棋力維持をしよう、といった程度の物です。あまりたくさん時間が取れないのもありますけどね。



〜〜していること〜〜

・将棋ウォーズを1日3局(弾丸)、毎日真面目に指す

「何が3切れで真面目に指すだよ」と思われる方も多いと思いますが、これが割と大真面目に最近自分がやってることの大部分を占めます()
今まで将棋ウォーズには何回か課金してきましたが、なにぶん飽き性な故、最初の数日は一気に100局くらい指したりするのですが残りの27日はほとんど指さないというパターンがほとんどでした。内容も雑になりがちですしね。
そこで課金は一切やめて(実は趣味への投資には一切抵抗がなかったりするので特に我慢しているというわけではないのですが)、1日3局、無課金分を真面目に指して結果をツイートする、ということを習慣付けました。いつから始めたかは忘れましたw(追記:7月頭でした) 
弾丸は将棋じゃないという人も結構多く見ましたが3分は意外と考えられ(?)、十分に将棋として成り立つと思います。最後叩き合いとかにならない限りはちゃんと将棋で負けてるわけだし、そこそこ意味はあるのではないかなと。当然叩き合いになる事はあるので、そういうときはその結果は気にしない程度です。
その日指した3局は軽く検討したりします。移動中とかにですけどね。気になったやつは纏まった時間が取れる日(例えば部活の日とか)にじっくり調べてみたりします。


しかし日によっては将棋ウォーズでは消化不良だ、物足りない、という日もあります。そこで次の方法で補います。



・将棋クエスト(2切れ)を指す

こちらは息抜きの意味も結構大きいです。やっぱり我々所詮アマチュア、楽しくやる事も大事なわけですよ。
当然弾丸より将棋にならない率が高くなるわけなんですけど、そこも含めて完全にお遊びモードです。戦型とかは真面目ですけどね。
ちなみになんですけど最近割とレート上がっててちょっと真剣になってたりする。悪影響与えなきゃいいけどw



・ケータイ棋譜中継を見る

近年定跡の勉強を全く勉強しなくなった自分にとって、プロの将棋はとても参考になります。といってもわざわざおうちで盤を出して並べたりはしません(そもそも家で盤駒出したのおそらく高校生が最後)。せいぜい脳内で色々動かすといったところです。感想戦コメントなど見てるとめっちゃ勉強になります。書いて思ったけど擬似棋譜並べってとこですかね(並べてないけどね)。




・月一の将棋世界を'''買う'''

買う←ここ重要  
最近は将棋世界も電子書籍化してますが、基本的にアナログ人間なので紙媒体で購入します。一応読むのですが、ちょっとずつしか読んでないため、半分くらい読み進めたところで次の月が来た、ということも時々あります。時間と気が向いたときにガーッと読んでます。一応これが定跡の勉強しない代わりみたいな感じ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



というわけで自分がここのところ将棋に関してやってることです。全然やってないと思ってたけど書き留めてみたらそれなりにしてる気がした… 高校生の頃よりしてないのは確かですけどね。でもこれってだいたいスマホで片手間で出来るんですよ。時代も進歩したものですねぇ。とらわれすぎるのもよくないけど、うまく使っていきたいものです。




最近将棋界がある件で揺れてます。実際にやったかどうかというのは僕にはわかりませんし特に推測するのも意味がないと思っています。時代がそういうものになったのではといった認識です。滅びなければよいのですが。
ですがこの件を経て自分の中で少し変わったことがあります。


・将棋ソフト系統を取り入れる

基本的にアナログ人間と先ほども言いましたが、個人的にあまりコンピューター将棋ソフトというものがあまり好きではないので取り入れて来ませんでした。しかし今日かなり強いソフトが無料で手に入る時代になり、検討にも便利に使えるようになりました。今の自分は「序中盤はある程度コケても終盤でまくればいい」というタイプで(特に中盤が)結構ガバガバなので、そういう部分を補えればよいかなと思っています。



というわけで改めて今のマイ将棋事情についてお話しました。今このブログをまだ見てる人はそんなにいない気はしますが、誰かの参考になったりすることがあれば嬉しいなぁ。


次回はなんか対局を振り返るとかしたいですね。







おまけ:結局真面目な感じになってしまった
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。