鬼平犯科帳 夜鷹殺し | ベルのブログ

ベルのブログ

観た映画や、読んだ小説などの感想を勝手気ままに書いてます。

七夕の季節になると

 

 

そこかしこで

笹の葉に短冊が飾られている光景を

よく目にします。

 

 

 

先日も見かけたので

 

 

短冊に書かれた願いをチラッと

見てみると…

 

 

『プリキュアになれますように』

 

『バイキンマンを倒せますように』

 

『さか上がりが出来ますように』

 

 

などなど

かわいらしいものがいっぱい。

 

 

思わずホッコリしちゃう。

(´∀`*)ホッコリ

 

 

 

中には

 

『痩せますように!!』

やら

『仕事が辞められますように!』

などと

 

ガチなお願いもあったり…。

 

 

が、がんばれ!p(゜∀゜;)q

 

 

 

そんな中で

 

とっても気になる短冊を発見。

 

 

 

 

 

『のび太が』

で、終わってるんです。

 

 

 

 

 

…。

 

 

 

……。

 

 

 

 

 

 

どした(゜Д゜;)?!

 

 

 

まるでダイイングメッセージのよーな

一言が書き記してあるのみ。

 

 

 

のび太が一体!!

 

 

 

 

てか、のび太の何を

お願いしたかったのでしょーか!!!!

 

 

 

あんた

のび太のなんなのさ?!

 

 

 

そして書いてる途中で

筆者に何があったのでしょーか?!

 

 

 

 

 

まるで梅雨空のよーに

私の心をモヤっとさせる短冊。

 

 

 

 

そんなモヤっとした日は

鬼平を観てスッキリしよう!

 

 

ってことで

 

 

本日は

「鬼平犯科帳 夜鷹殺し」いきましょー!

まあちゃんの美しさが神ってる回です。

 

 

 

今回は捕り物ではなく

 

長谷川長官が

 

夜鷹を狙う

シリアルキラーを追い詰めるお話し。

 

 

 

江戸市中で、夜毎 

夜鷹たちが殺害される事件発生。

 

 

 

殺し方も残忍で

 

陰部を刀でえぐったり

指や鼻を斬りおとされたりと

陰惨な手口。

 

 

 

コワイ!!!

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

 

切り裂きジャックのよーな手口。

 

 

 

犯人は心に漆黒の闇を

抱えている模様…。

 

 

 

 

きっとシスの暗黒卿に違いない!

こんなん出るハズ!

 

 

シスの暗黒卿の中で

ダース・モールが1番顔こえーな…。

 

 

 

 

夜鷹は、公では禁止されている

私娼なので

 

 

町方は犯人探しに一向に

身を入れません。

 

 

それどころか

「夜鷹が減ってよかった!」

なぞと言い出す始末。

 

 

そこへ

 

彦十のお友達のおつねも犠牲に。

風車を売りながら

副業で夜鷹もこなすおつねさん。

 

 

苦労人です。

 

 

 

おつねさんは

病床の夫と幼い子供を抱え

生きて行くために夜鷹をしていました。

 

 

 

 

そんな

心優しいおつねさんにまで

手をかけるなんて許せん!!!!

 

っと

怒り心頭の彦十は

 

 

むかしなじみの銕っつぁんと

犯人探しをすることにします。

 

 

怒っちゃったんだからね!

彦十はっ。ヽ(`Д´#)ノ ムキー!

 

 

 

 

犯人探索は

サイコな犯人を誘き出すため

おとり捜査となります。

 

 

 

 

危険を

伴うおとりに抜擢されたのが…

 

 

 

 

 

密偵イチの美貌を誇る、まあちゃん!

キタ―――― d(゚∀゚)b ――――♪

 

 

夜鷹に化けた

まあちゃんを見て

 

おトキちゃんも私も

ポヘーーッと見とれちゃう!

 

 

 

おトキちゃん!

 

まあちゃん美しいねー!

( ´・∀・)(・∀・` )ネー

 

 

 

 

平蔵に

「おまさぁ、すまんな!とんだ役目だ」

と、謝られると

 

 

 

「いいえ!(キッパリ)

長谷川さまのお声掛かり

喜んで命を張らせていただきます!」

 

 

 

健気な乙女のまあちゃんです。

わっ!目がつぶれそうなほど美しい!

 

 

 

彦十、まあちゃん、平蔵の

3人だけで犯人探し開始!

 

 

毎晩、3人で江戸市中を

夜廻りします。

 

 

でも

サイコな奴は用心深いので

なかなか姿を現しません。

 

 

 

 

そのうち

 

同心たちが

「最近、なんかお頭の動き怪しくね?」

と、ザワつき始めます。

 

 

 

「お頭に彼女が出来たんじゃね?!」

妄想がどんどん広がる同心たち。

 

 

 

仕事しろっ!!!

 

 

 

 

同心イチのお調子モン

木村忠吾が

 

「私がお頭を尾行します!

私、尾行がちょぉー得意ですからっ!」

 

 

 

平蔵の尾行をドヤ顔でかって出ます。

どやさっ(‐∀‐)

 

 

 

たぶんダメだろうなぁ…。

 

ってゆー視聴者の予想通り

 

まんまとダメでした。

 

 

 

 

ターゲットの平蔵に

尾行してるの気づかれるし。

忠吾をまいてニヤつく平蔵。

 

 

 

挙句の果ては

 

 

尾行している真っ最中に

夜鷹のまあちゃんにメロメロしちゃうし。

 

 

 

 

ある意味

期待を裏切らない男・木村忠吾です。

「夜鷹にはまれな美形…いくらだ?」

まあちゃんを買おうとする忠吾。

 

 

 

 

バカなのかなぁ?

 

 

 

 

 

木村君

お頭を尾行してたんでそ?

 

夜鷹を買ってるバヤイじゃないでそ?

 

 

 

 

 

まあちゃんも

最初は「犯人か?!」と緊張するけど…

 

 

 

「あ、この声はアホな木村様だ」っつって

呆れて女豹顔出る寸前です。

 

 

 

 

ちょっとアレだよ。忠吾。

 

まあちゃんにさ、ほらっ。

かるぅーく、かんざしで片目刺してもらいな。

 

 

サクッと。

あんまり痛くしないでっつって。

 

 

 

 

 

 

忠吾が

アホなことしてる間に

 

 

 

 

 

彦十は

まあちゃんと2人で

 

おつねさんの初七日に

自宅へお線香あげに行きます。

 

 

 

 

 

おつねさんのお家へ行くと…

 

 

 

 

先行きを悲観した旦那さんと

ムスメちゃんが

 

無理心中をしておりました。

変わり果てた姿の2人…。(;Д;)

 

 

 

 

 

「おつねさんが亡くなった後

すぐ様子を見に行けばよかった!」

と、ヘコむ彦十…。

 

 

 

絶対に犯人を捕まえてやるっ!

 

改めて心に誓う彦十です。

 

 

 

 

彦十が決意を新たにした矢先…

 

 

 

平蔵から

 

『今宵は火急の用事があってゆけぬ

2人とも家に帰って休んでくれ』

 

こんなお手紙が届きますが…

 

 

 

 

やる気スイッチの入った彦十は

お家で休む気にはなれません。

 

 

 

 

「まあちゃん

今夜は2人でやってみねえか?」

と、言い出します。

 

 

 

 

「どんな外道野郎が現れたって

まあちゃんに指一本ふれさせやしねえ!

このオレが、喉笛に喰らいついてやる!!」

 

とっても威勢のいい彦十。

 

 

 

 

「おじさんが犯人の喉笛に

喰らいつくなら…」

 

と、まあちゃんもやる気スイッチが

入ります。

 

 

 

 

ついでに

勘働きも冴え渡ります。

 

 

 

 

「おじさん…今夜はきっと出る

そんな気がしてならないの」

まあちゃんの言葉に寒気がする彦十。

 

 

 

 

えっΣ(゜Д゜;)

 

 

 

寒気?!

 

あの威勢の良さはいずこへ?!

 

 

 

 

 

まあちゃんの勘働き通り

 

 

「遊んでくれぬか?」

怪しい頭巾男が声をかけてきます。

 

 

 

 

あ、こいつサイコパスだわ。

 

 

ピーン!とくる まあちゃん。

えぇ。こいつです。

 

 

 

ヤベえわ、コイツ…。

と、間合いを取ろうとした矢先に

 

 

 

 

グイッと懐に入られ

あっとゆー間に羽交い絞めに!

ちょ!ちょ!ちょっ!!

 

 

ひこじゅーーーーーーーーう!!!

(゜Д゜;≡;゜Д゜)アタフタ

 

 

 

はやく!はやくっ!!

喉笛に喰らいついてっ!!!!

 

 

 

まあちゃんがぁーーーー!

ヾ(゚д゚;)コッチコッチ

 

 

 

 

彦十がグズグズしていたので

 

 

斬りつけられるまあちゃん!

えーんo(;△;)o

 

 

 

 

やっとこ、草むらから飛び出す彦十。

「わぁー!人殺しぃーーーーー!」

 

 

あれ?ひこじゅう…?

のど…ぶえ…の件は?

 

 

 

 

彦十が現れたので

サッと逃げるサイコパス。

 

 

 

犯人を追いかけて

居所を突き止めなきゃなんだけど…

 

 

 

「まあちゃん!だいじょうぶか?!」

オロオロする彦十。

「おじさん、あたしなんか放っておいて

早くアイツの後を!」

 

 

って言われてんのに

 

 

 

「そうなんだけどよぉ…。

オメエが心配でおらぁ、どーにもこーにも…」

 

オロオロするばかりの彦十。

 

 

 

まあちゃん斬られ損です。

 

 

 

「ばかっ!おじさんのばかっっ!!」

まあちゃんに叱られる彦十。

 

 

 

 

「このことは…

長谷川さまには死んでも内緒だよ!」

 

と、固く口止めされますが…

 

 

 

 

ペロッと

平蔵に全てを打ち明ける彦十。

 

 

彦十の口は綿毛より軽い!

 

 

そだった!

 

彦十は狐火でもペロッと白状しちゃってた!

平蔵に「年甲斐もなく!」と叱られるの図。

 

 

 

「おまさのような女の血は

人一倍激しい!!!」

 

「いざとなったら

何をしでかすか知れたものではない!」

 

 

まあちゃん

ずいぶんな言われよーです。

 

 

 

 

 

 

 

平蔵もけっこー

ゆうよねぇーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

そこへ

傷を負ったまあちゃんが

 

 

 

 

 

ひょっこりはん!

と、五鉄へ姿を現します。

 

 

 

 

 

彦十が

平蔵に全部言っちゃったので…

 

 

 

 

「おじさんのいくじなし!!!」

彦十、まあちゃんに叱られるの図。

 

 

 

叱られっぱなしの彦十です。

 

 

 

おまさの傷が回復してから

夜廻りを再開しよう!

 

ってことになった3人。

 

 

 

 

 

「こうなったら

地獄の底までつき合うぜ!」

 

 

平蔵の言葉に

 

 

 

「嬉しゅうございます…」

乙女顔炸裂のまあちゃんです。

 

 

きゃわゆいんだじょ。

(*´∀`*)ハフン

 

 

 

まあちゃんが本復して

夜廻りを再開する3人。

 

 

 

何日かが過ぎたある日の夜…

 

 

 

またもや

「遊んでくれぬか?」

と現れる頭巾男。

 

 

 

今度は平蔵がいるので

観てるこっちも、安心☆安心!

 

 

 

サッと逃げる頭巾男を

追いかけて、お家を突き止める彦十。

 

 

 

ひこじゅうー!

今回はグッジョブだよー(‘∀‘)b

 

 

 

 

 

犯人は

 

書物奉行を務める川田長兵衛

っとゆーお侍。

役職についてる偉い人が何故?!

 

 

書物奉行とは→コチラ

 

 

 

 

 

理由は…

 

 

 

息子が

岡場所の女と心中したからでした。

あ、そこは夜鷹とじゃないんだ…。

 

 

 

夜鷹カンケーなくね?

 

 

って疑問はいーのです!

この際。

 

 

 

川田長兵衛にとって

夜鷹も遊女も同じ汚らわしい女。

 

 

 

夜鷹も、憎悪の炎を

燃やす対象なのです。

 

 

 

 

 

 

長兵衛を誘き出すため

 

 

三度

夜鷹に化けるまあちゃん。

妖艶な美しさに目がつぶれる!キャッ(/д\*)

 

 

 

 

 

夜鷹を殺したい衝動を

抑えきれない

サイコキラー長兵衛、またも現る。

 

 

 

 

平蔵に

「川田長兵衛殿、潔く腹を切れっ!」

と、言われるも

 

 

 

外道野郎に堕ちた長兵衛は

 

 

無謀にも平蔵に刃を向けます。

ちょっ!やめとけ!やめとけ!!

 

 

 

 

 

私の心配通り…

 

 

 

 

 

ズバッシュ

 

 

 

 

平蔵に叩っ斬られるサイコキラー。

ね?ゆったじゃん。

 

 

 

 

主君がシリアルキラーだと

公儀に知られたら

 

川田家は

お家断絶になってしまうので

 

 

 

「この事は一切他言無用だぞ」

3人の胸の内にしまうことに。

 

 

心優しい3人でよかったね!

川田家。

 

 

 

 

事件解決を祝って

五鉄で慰労会を開く3人。

 

 

 

 

 

おつねさんに事件解決を報告する彦十。

彦十に優しく寄り添うまあちゃん。

 

 

 

外は

おつねさんの涙雨が降っています。

 

 

 

 

 

そんな2人を残し…

 

 

 

「心ゆくまで呑ましてやってくれ」

三次郎に告げ、ソッと帰る平蔵。

 

 

へいぞぉーーー!

 

やぁーーさぁーしぃーいぃーー!!

 

 

 

 

 

五鉄を出たところで

 

 

夜鷹を見かけた平蔵は

 

 

 

 

「風邪を引くぜ。今夜は早く帰えんな」

傘を渡して温かい言葉をかけます。

 

 

へいぞぉーー!!

 

やぁーーさぁーしぃーいぃーー!!

 

 

 

 

 

ananの理想の上司特集に

そろそろ長谷川平蔵の名前が

ランクインすると思います。

 

 

 

 

 

あーあ。

 

うちの所長と平蔵

取っ替えてくれないかなー!

 

っと

短冊に書けばよかった…。