あけましておめでとうございます。

 

ブログをはじめてから、このご挨拶をするのは3回目になりました。

拙い文章を綴っているブログですが、読んでくださる方がいるのを励みに、続けてくることができました。

今年もまた、観たお芝居の感想を自由に書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、もう今年の初観劇を済まされた方もいらっしゃると思いますが、私は1月はスロースタートで、中旬に観る『近松心中物語』が観劇はじめとなります。

その後は、お初の「関村と浅野」の短編集、次はシンクロ少女の『LOVE Chapter2』と続き、

 

2月が、岩松了さんの若手ユニット、iaku+小松台東、ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』、ハイバイ、オフィスコットーネ、アガリスクエンターテイメント、MU、と盛りだくさん、というかこんなに大丈夫なのか?という感じなんですが、(小劇場は、上演時期が重なるし、期間が短いし、でタイヘン・・)

 

3月以降も小劇場に限らず、楽しみな演目が控えているし、

そうそう、7月にはなんとラミン・カリムルーが、『エビータ』でチェ役で出演!

ブロードウェイやウエストエンドには行かない(行けない)私は、今までラミンが来日するたびにコンサートで彼の声を聞いてきたんですが、ついに、役を演じるラミンを観れる!(感涙)

『エビータ』の作品自体も、観れるのが楽しみです!

 

と、こんな感じで相変わらず、自分の気の向くままに劇場に足を運ぼうと思っていますので、今年もお気軽にお立ち寄りくださると嬉しいです。

私の今年の目標は、

“芝居からもらった感動やエネルギーを、「人に優しくする」ことに還元する”です(笑)

少しでも、「優しい人」になれたらいいなあ、と思って。難しいけど、心がけたいな、と思います。

 

今年も、心弾む、素敵な作品に出会えますように。

そして、みなさまにとって、素敵な1年になりますように。

 

FullSizeRender.jpg

クッキー 14歳 もう目が見えなくなってしまったんですが、元気です♪♪