2017年観劇まとめ

テーマ:

今年も今日で終わりですね。

みなさまは、どんな1年をお過ごしでしたか?

私は、今年も充実した観劇ライフを送ることができました。

2017年は、67本の作品を観ました。(2016年が62本だったのでまた増えました

 

2017年に観たのは・・・

 

1・ミュージカル「わたしは真悟」

2・20歳の国「花園RED」

3・カクシンハン「マクベス」

4・マイケル・メイヤー演出「お気に召すまま」

5・野田MAP「足跡姫 時代錯誤冬幽霊」

6・ケラリーノ・サンドロヴィッチ「陥没」

7・M&Oplaysプロデュース「皆、シンデレラがやりたい。」

8・シスカンパニー「お勢登場」

9・ベッド&メイキングス「あたらしいエクスプロージョン」

10・オフィス鹿プロデュース「親愛ならざる人へ」

11・シスカンパニー「令嬢ジュリー」

12・三谷幸喜「不信~彼女が嘘をつく理由」

13・アガリスクエンターテイメント「時をかける稽古場2.0」

14・シスカンパニー「死の舞踏」

15・りゅーとぴあプロデュース「エレクトラ」

16・悪い芝居「罠々」

17・劇団チョコレートケーキ「60’sエレジー」

18・劇団☆新感線「髑髏城の七人Season花」

19・MCR「不謹慎な家/佐藤さんは殴れない」

20・イキウメ「天の敵」

21・匿名劇壇「レモンキャンディ」

22・MU「GIRLS めんどくさい人/スーパーアニマル」

23・iaku「粛々と運針」

24・Voyantroupe「偏執狂短編集Ⅲ」

25・吉田大八作「クヒオ大佐の妻」

26・パラドックス定数「九回裏、二死満塁。」

27・カムカムミニキーナ「狼狽」

28・壱劇屋「新しい生活の提案」

29・ウォーキングスタッフプロデュース「怪人21面相」

30・シスカンパニー「子供の事情」

31・劇団☆新感線「髑髏城の七人Season鳥」

32・風琴工房「penalty killing remix ver.」

33・来日版「ウエストサイドストーリー」

34・オフィスコットーネプロデュース「怪談 牡丹燈籠」

35・アガリスクエンターテイメント「新宿コントレックスVol.

36・M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、腹におさめる」

37・大人計画「業音」

38・前川知大「プレイヤー」

39・Mrs.fictions presents「15Minutes Made Anniversary」

40・ドリルチョコレート「私が漫画家になっても」

41・シスカンパニー「ワーニャ伯父さん」

42・アガリスクエンターテイメント「その企画、共謀につき~怒涛の伏線回収」

43・川村毅「エフェメラル・エレメンツ」

44・さいたまゴールドシアター「薄い桃色のかたまり」

45・シンクロ少女「LOVE Chapter1」

46・寺十吾演出「関数ドミノ」

47・日本のラジオ「カーテン」

48・劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season風」

49・ヨーロッパ企画「出てこようとしてるトロンプルイユ」

50・白井晃演出「オーランドー」

51・野田秀樹「表に出ろいっ!One Green Bottle」

52・イキウメ「散歩する侵略者」

53・シスカンパニー「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

54・庭劇団ぺ二ノ「地獄谷温泉 無明ノ宿」

55・MCR「墓堀人と無駄骨」

56・アガリスクエンターテイメント「新宿コントレックス Vol・17

57・黄金のコメディフェスティバル/MU/ピヨピヨレボルーション」

58・ナイロン100℃「ちょっと、まってください」

59・森新太郎演出「管理人」

60・モチロンプロデュース「クラウドナイン」

61・劇団チョコレートケーキ「あの記憶の記録」

62・劇団チョコレートケーキ「熱狂」

63・ブス会「男女逆転版・痴人の愛」

64・M&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」

65・彩の国シェイクスピアシリーズ「アテネのタイモン」

66・シンクロ少女「This is 30 /LOVE Chapter1 再放送」

67・おしゃれ紳士×梅棒「オシャレ紳士と梅棒のソラノ/カナタノ/セカイ」

 

この中で、ベスト5は・・・

 

1・iaku「粛々と運針」

小さな劇場でひっそりと上演された作品ですが、大きく胸を打ちました。来年、再演があるのでぜひ観ていただきたい。

 

2・庭劇団ぺ二ノ「地獄谷温泉 無明ノ宿」

今もあの胡弓の切ない音色が蘇ります。

 

3・三谷幸喜「子供の事情」

三谷さんの作品で、久々の(私的)クリーンヒット!

 

4・大人計画「業音」

頭で考えるとよくわからないけどなぜか胸をうたれました。

 

5・劇団チョコレートケーキ「あの記憶の記録」

いろいろな意味で衝撃的な作品でした。

 

今年は小劇場の作品を観ることが多かったですね。あと、シスカンパニーも多い(笑)

イキウメの「天の敵」「散歩する侵略者」も安定した素晴らしさだったし、MCRの「佐藤さんは殴れない」は笑って、泣いた。ゴールドシアターの「薄い桃色のかたまり」もよかった。「牡丹燈籠」も心に残ったし、MUの、「めんどくさい人」も好きでした。ねもしゅーの「みんな、シンデレラがやりたい。」も楽しかった。

アガリスクエンターテイメントのハイテンションコメディは相変わらず楽しかったし、新感線の髑髏城シリーズはこれぞエンタメ!という感じで大いに楽しみました。鳥が一番好きかな。

パラドックス定数の新作も、さすがの演技力で大いに楽しみましたし、来年のシアター風姿花伝のシリーズも楽しみです。

 

そして、12月の後半は、芝居ではないですが「4Stars」というミュージカルコンサートに通いつめ、頭の中で常に音楽が鳴っている状態に。実は今でもロス状態にあります(笑)あの、国際フォーラムのホールが愛と音楽で満たされた大千穐楽は、忘れることのできない珠玉の体験でした。

 

相変わらず、観るジャンルもバラバラで、カオスな状態のブログですが、お読みくださったみなさま、どうもありがとうございました。

来年も、素敵な作品に出会えますように。

どうぞ、よいお年をお迎えください。

 

 

FullSizeRender.jpg