先日、吉祥寺のギャラリーfeveさんで
スタイリストの高橋みどりさんの新刊「おいしい時間」の出版イベントへ行ってきました。


そのときゲッツしたグラス


3週間ほど前に松庵文庫さんでランチしたとき、このイベント告知のポストカードが店内に置いてあったので行きたいなって思っていました。


高橋みどりさん

昔からステキだな〜と思うスタイリングの料理本の後ろのページを見ると大体、高橋みどりさんがされている。


平日は予定が入っており土日は夫が出張で不在なので子供たちをお願いできないし、

絶対、割れ物等もろもろ置いてあるだろうから子供連れでなんて行けないしな〜

と諦めていた。



そんなわけでこのイベントの事は
頭の片隅に…どころかすっかり忘れていたのだけど

予定が無くなった7月4日、
なんとなく吉祥寺のUNIQLOに行こうかなと自転車を走らせた。


なんだかプチプラでオシャレな方が
この

マーセライズコットンT(ノースリーブ)マーセライズコットンT(ノースリーブ)
1,000円+消費税
※価格は時期によって変更する可能性がございます。
UNIQLO


マーセライズのノースリーブがめちゃ使えるとの事だったので
近場のUNIQLOに買いに行ったら「申し訳ございません、売り切れです」
って。

ネットで調べたらどこも在庫なしだったけど、
吉祥寺店は白以外、ネイビーもブラックもネット上「在庫あり」だったので自転車漕いで行ってみたら


ゴーン…実際は白だけしか無かった。

でも白があるだけでいいやと2枚同じ物を買い(←オシャレできない人間の買い方)


せっかく来たんだからと
吉祥寺東急周辺を自転車で徘徊してみた。


昔あった雑貨屋さんはあるかな…
家具屋さんが靴屋さんになってる。
ビレッジバンガードがなくなってベターホームになってる!ショック…(←ビレバン好き)

なんてフラフラ。


お気に入りのサンクさんも健在。

そして近くのダンディゾンでパン買って帰ろうかなと思ったら


2階のfeveさんで高橋みどりさんのイベントを思い出した。
このとき7月4日11時半。



この張り紙が貼ってあって

あと30分後。


しとしと雨の中待って12時に一番乗りで入る。

なんだか張り切ってきた感じの客になってしまった。

階段を上がると、あの高橋みどりさんが笑顔で

いらっしゃい

と。
オシャレな空間にみどりさんのセレクトしたものが置いてあって更にオシャ!


実は高橋みどりさんご本人にお会いするのはこれで2度目。
初めてみどりさんにお会いしたのは偶然で
昔、黒磯でレンタカー借りようと夫が手続きしているときに
なんとなく他とは雰囲気の違う建物が目に入って


フラフラ近付いて覗いてみた私。


アアルトのスツールがいくつも置かれてあって古い良い感じのテーブルにハシゴのようなものが。
カフェ?ギャラリーかな?と思っているところに潔いショートカットの女性が現れた。

「何かご用ですか?」と笑顔で。

トレードマークのメガネといつも本や雑誌で見ていたので直ぐにみどりさんご本人だとわかった。

「こちらは…カフェか何かですか?」

と尋ねると

「ううん、お家だよ。まだ引越してきたばかりで改装中なの。」


と笑ったみどりさん。


ってか、これが普通のお家なのか!
オシャ!

それがその時のお家。
写真がfeveさんに飾られてた。




ってか、わたし
他所様の普通のお宅を覗いてんのか!

す、すいません…

という私に終始さわやかな笑顔でみどりさんのイエイエと答えてくれた。


それ以来、みどりさんは私の中で自然体でステキな人と思い出に刻まれているのだが

ほかに山手線で偶然にも某有名なスタイリストI藤Mこさんもお見かけしたことがあり、実物と本の中の違いに
みどりさんってやっぱりありのままでステキなんだなとますますファンになってしまったのです。



そんな高橋みどりさんがセレクトしたペッパーミルやら片口が並べられたテーブルの中でわたひが一際目立って見えたのが


このグラス。

ラインがスッと上に伸びて美しく、
なんとも良い。


ずーっとグラスを睨みつけている私にギャラリーfeveのオーナーの引田ターセンさんが

「そのグラス、ステキでしょう?

熱いものも冷たい飲み物もどちらにも使えるんですよ」


と。

色々と考えて6客購入。

高橋みどりさんが好きなカミツレも一緒に購入。







爽やかな香りが鼻から抜けてカモミールが得意でない私でも美味しいと感じれるお茶でした。



しかし、ありのままでステキでいられる自然体の人は素晴らしいですね。

こないだ、初めて息子の園ママ5人を我が家に呼んでたこ焼きランチしたんですが
なにせまだそんなに肩叩き合えるほどの関係でもないし、
初めて家に招き入れるもんだから
結構緊張。

ええ顔しいの私は、キッチンの引き出しやら見えない戸棚にブルトーザー方式で散らかった物を隠したったわ。


そんなリビングを見て
「片付けてるね。」
と言われて、みんなを騙してる気分…

罪悪感が込み上げて
ごっちゃごちゃのキッチンの引き出し開けながら
「見て見て!本当のわたしは片付けられない人間なのだ!」

とお披露目してしまうという。

一体何をしたいんだ…わたしは。