昨日の朝、今晩は仕事で遅くなる可能性があるので、夕飯は要らないよと言って出勤した旦那。夕飯を作らなくて済むのは助かるけれど、そうすると絶対に、帰宅してからからラーメンやスナック菓子、食パンのドカ食いをする旦那。滝汗

 

 

なので、帰宅してから摘まめるような、冷たくなっても美味しいものを準備しておくことにしました。チョキ

 

 

先日業スーで大きな束の菜の花がたった150円だったの!爆笑 菜の花のほろっと苦みのあるところが私、大好き!使えない分は冷凍も出来るし、とりあえず破格の菜の花を買って来ました。昨日はそれを使い、春が味わえる一品を旦那のお夜食に作りましたよん。桜**

 

 

菜の花のキッシュ

 

 

大きな束の菜の花。一部は酢味噌和えにするつもりなんだけれど、なんかもっと斬新な、定番じゃないものが作れないかしら...と考えました。したら、昔、昔に菜の花を使いキッシュを作ったのを思い出したのね。ニコニコ (その時の記事はこちらから...)

 

 

今回はツナ缶と併せてキッシュにしてみようと一旦は考えたのだけれど、あと少しすると満開になる桜の色にちなんで、ピンク色の鮭と組み合わせ、より春らしいキッシュに仕上げてみることにしました。桜**桜**桜**

 

 

基本の作り方はこちらのキッシュです。ほうれん草の代わりにさっと茹でて硬く絞った菜の花を使いました。茹でた菜の花の茎の部分は細かく刻み、葉や花はざっくり切り。鮭はオリーブオイルで焼き、身を大きく割きました。

 

 

細かく刻んだ茎の部分と鮭、チーズを混ぜ合わせ、塩、ブラックペッパー、少々のナツメグで味を調えました。それをブラインドベイクしたタルト型の底に広げ、葉と花を上にトッピング。

 

 

卵液を流し入れ、190度のオーブンで35分ほど焼きました。

 

 

焼き上がったキッシュがこれ!バターたっぷり使ったタルトは、本当、いい香り!以前にキッシュプリマヴェーラと言う、春のキッシュを焼きましたが(その時の記事はこちらから...)、昨日私が焼いたのは日本版キッシュプリマヴェーラ。チュー

 

 

前夜ブロスに投じて食べるのにたくさんボイルしたポテト。猿のパンが美味しすぎて食べ過ぎたもんで、ポテトはたくさん残っていました。ゲラゲラ

 

 

それを旦那の自慢のレシピでジャーマンポテトサラダにしちゃいました。OK

 

 

ベーコンとたまねぎを炒め、そこにボイルしたじゃがいもも加えて数分炒めたら、ホワイトワインビネガーと砂糖(6:4くらいの割合?)、粒マスタード、塩少々を加え、酢を煮切りながらトロッとシロップ上になるまで煮詰めます。

 

 

旦那が私のお弁当用にと、じゃがいもやパスタでよくこのサラダを作ってくれるの。朝のうちにそのレシピを聞いておき、初めて作ってみましたワン。なかなか美味しく出来た。合格

 

 

取りあえずお腹の空き具合でスープも啜らせようと思い、カリフラワーのポタージュスープも作っておきました。カリフラワー、高価な野菜だけれど、これも大きなのが業スーでたった150円だったの。わーい

 

 

キッシュは実に美味しかったです。菜の花の苦味もナツメグの風味で和らげられ、上品な味に仕上がっていました。ラブラブ

 

 

また安い菜の花が目についたら、短い春が行ってしまう前に、今度はツナ缶と併せてキッシュにしてみたいと思っています。ニコニコ

 

  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ