溺れる者は我を掴め!

ブログなんて面倒くさいよ


テーマ:

片づけのできない部屋の主がいなくなり、残ったものを整理整頓、今まで出来なかった窓拭き、掃除に精を出す。

物が溢れ床が見えなかったこの家で一番いい部屋を、これからはいごこちのいい空間にしたいと思う。

新しい住まい、素敵な彼女、かわいいわんこ、そして新しい命。

縁に恵まれ一度に手に入れた彼は、これからも私たちに幸せを分けてくれるはず。

私たちも遠くから、余裕の気持ちで愛を注げる。

大量の洗濯物、出しっぱなしの私物、イライラの種、食べ物の心配等の気がかりがなくなり、代わりに大きな喜びが手に入るから、親業は最高だ。

独立おめでとう♪

 

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

だらだらと、はっきりしない天気で人の予定の邪魔をした台風5号もようやく通りすぎた気持ちのいい午後!

夏に出遅れた感じはあるが、柔軟な精神と行動力が身についたのはこの台風のおかげだ。
雨でアウトドアの予定がダメになっても、都度払いのスポーツジム&プールでのんびり過ごし、出かけるのと同じくらいの充実感。不安定な空模様でバイクに乗るのが不安ならば傘持って電車で波乗り。曇天でも台風の影響で波はあるし、電車で行くと、途中のタイ料理の店に寄れるしビールが飲める。やっと晴れ間が見えたのに午後仕事が入ってるという不運は、サイクリングがてら1時間かけて通勤し、途中の景色を楽しむことで解消。友達と約束してた小旅行に不安な天気予報なら、早めに諦めてスパで過ごし、スッピン、岩盤着で心からリラックス。台風が過ぎるまでの怪しい空の下万全の虫よけ対策をして庭仕事。これ今のうちにやっておけば、次の休みは心置きなく遊べる!そしてやっと通りすぎた台風5号。

気持ち良く晴れているが同居の義母と甲子園に鎖で繋がっているtomが動かないなら、Wi-Fiが使えるとこでのんびりネット。普段ゆっくり見られない友達のウォールを覗いたり、blogに思いを綴ったり。

残りの夏休みもこんなふうに、努力と工夫で充実の日々にしよ!

とりあえず明日は安心して数年ぶりの初島へ行けるはず。シュノーケリングとアジアンガーデン、海鮮と海を臨むお風呂が楽しめるはず♪

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もボードをショップに持っていく。夏の間遊ばせてもらう海と関わる人たちに感謝しながらのビーチクリーン。

今年も楽しい夏を一緒にここで過ごす友達のことを思う。

イカの甲を見つけインコを飼ってる友達を思い出しお土産にする。

去年思い切って入ったハワイアンフードの店でスパムおにぎりとガーリックシュリンプを食べさせてもらい、ハワイ好きの友達のことを思う。

「ワイン飲み放題」の看板を見て、しばらく会ってない同期の友達に連絡しなきゃと思う。

オフシーズンには、何かにつけてここの海を思う。

そして来年も、再来年も・・・・・!!

とりあえず、今年も、よろしく!!

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の父は、黒いネクタイを持っての散歩だった。

昭和20年5月29日 横浜大空襲

関東学院の本館にいた父は助かったが、中里の家まで、死体の山を跨いで帰ったという。

中学生の男の子が一人で・・・子どもの頃にこの聞いて、単純に恐ろしい気持ちになったのを覚えているが、もし父が、駅からの通学途中だったりしたら、私もこの世にいなかったと思うと、もっと恐ろしい。

学校の下にある普門院に、この空襲で亡くなった人たちを供養する地蔵尊があり、父はそこへお参りに行ってきたのだ。

普段戦争の話などすることもないが、特別な日の散歩の帰りにちょうどばったり会い、話を聞くなんて何かある。

昨日は、防災ボランティアの野外訓練で、けが人の手当や運搬等の練習をしてきたけど、きっと父のような経験してたら、わざわざそんなこと、やろうと思えないだろうな。

今の時代に生きていることに感謝。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/virtual/memorialsite/kanagawa_yokohama_city004/index.html

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

川崎のなんちゃら商店街へ行って、AED体験のお手伝いをする予定が、前夜の確認で別の日だったとわかり、急に暇になった休日。

休む予定のテニスに顔を出し、ラケット持ったままポタリング。

初夏の太陽と風が気持ち良いいたち川沿いを走り、本郷台の国際交流フェスタでタヒチのビールにペルーの焼き鳥、民族音楽を楽しみ、柏尾川へ。

戸塚から坂をのぼったご褒美、車でいつも気になっていてなかなか寄れなかったこの店は、何の店だったでしょう?

COOが「くう」で「ふぉふぉあ焼き」のお土産を買う。

2時間半もあればこんな充実感。

のどかな田舎道を過ぎ、だらだら坂をのぼりつめればあとはずーっとくだりで我が家まで。

休む予定だった手話サークルにも参加でき、連絡ミスに感謝♪

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めて自分のお小遣いで買ったアルバムはイルカ。

「サラダの国から来た娘」「片思いの少女へ」「いつか冷たい雨が」「十九の春に」「君は悲しみの」「あの頃のぼくは」・・・・・

レコード時代に好きだった歌も、CDやデータで手に入れてまた聴く、ということもなく、記憶の彼方へすっかり消えていた。

中学の頃、ボーイフレンドのギターを借りてチャレンジしたものの、指先にできたタコがいたくてピアノが弾けなくなり、あきらめた思い出がよみがえる。

30年ぶりのイルカのライブで、心に響いたイルカ&イルカパパ(88歳!!)のコラボ

「Any Key OK!」

アルトサックス奏者のイルカのパパが、セッションの時に言った言葉をひろい、作ったイルカのオリジナルジャズナンバー。

同じことを繰り返す羽目になりそうな、憂鬱なできごとを吹き飛ばす。原因は間違いなく自分の中にある。

どんなキーでも大丈夫!

そんな人にならないと。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

急なシフト延長を快く承諾し、気持ち良くラストまで仕事したGWのはじまり。一ヶ月以上間があいたお風呂の王様で、心身ともにリラックス。初めての場所で久しぶりの友達と過ごした一日、いい空気に包まれた森の散歩と素敵なカップル誕生の喜び。間の平日は頑張るママたちのため保育のスタッフとして元気に動き、夏を思わせる混んだプールで、余計な思惑に邪魔されず自分らしく働き、やっぱりどっちの仕事も好きだなあと思う。同級生とちょい飲みカラオケ、それぞれの未来。tomと過ごした一日、自転車でMM21から本牧埠頭をぐるり、途中のビアフェスと屋台フード、心引かれたオリーブの大木仕立て。実家からたくさん届いたと友人からもらった大量のイカを大汗かいてさばき、遅くなった気ままな夕食。連休といえど、同居の親のサポート、病院の付き合い、伸びてきた庭の木の手入れや枯れ葉の片付け雑草取り。やることやって、たくさん楽しんだ。つまらないことが入る隙間のない日々、それでも入り込んで来るのなら、忘れた携帯のように心から締め出せばOK。明日は先祖の墓参りで、今年のGWは終わる。

来月になれば、海のことを考え、ソワソワする私だ。

前向いていこ!

コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
伯母が亡くなった。
芳子おばちゃん→よしこおば→よっこば
で、「よっこば」の愛称。
8人兄弟の母のすぐ上の姉で、長生き家系の初めての別れだ。
10年以上お会いしてないが、子供の頃からの思い出はたくさん。
寂しいが、人生の道程。
あといくつ乗り越えるのか、別離のとき、悔いのないような人との関わり方をしていきたいと思う。
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月から幼稚園も保育一体となるため、最後の春休みとなる今年、恒例の母子三代旅行にモルディブを押したのはハナ。

海は、安・近・短のグアムで十分だよ。きれいな場所も知ってるし。

と思う私に、水上コテージとそこの海の魅力を訴え、何とか出費可能かなというツアーを探してきた。

1000以上の島からなる国モルディブ、空港だけの島がある、というのだけが私の知識。そこに100以上の小さな島がひとつひとつのリゾートとしてあり、私たちが滞在したのは空港からスピードボートで45分の一周1キロほどの島。レストランやバーでは、バイキング形式の豊富な料理とアルコールを含めた飲み物が自由。担当のウエイターがついてくれ、飲み物の好みも把握してくれたり植物で作ったものをプレゼントしてくれたりと心遣いが嬉しい。水上コテージは、テラスから階段を下りると珊瑚の海。部屋が岸から離れているため、そこまで泳ぐ労力が要らず、100メートルも泳ぐとすばらしいドロップオフ。これか!

流れもない安全な珊瑚礁、美しい珊瑚と熱帯魚を見ながら、泳いで島を一周することもできた。初めて見る海の青。部屋からイルカの姿が見え、桟橋のしたをエイのグループがくぐる・・・モルディブは、お土産に困るところ。と聞いた。確かに、気の利いたお土産はなく、乗り継ぎのスリランカで紅茶を選ぶのがせいいっぱいだったが、プライスレスの思い出と経験がお土産のすべてだと知った。

ありがとう「アダーラン・クラブ・ランナリ」

 

 

https://www.maldives.cx

http://www.wtp.co.jp/sp/

次も、ここ↑↑

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

赤十字防災ボランティア、という団体に入ったのは、愛犬が死んで、その分余裕の時間ができたから。そこで自分を生かす時間を見つけ、団体のメンバーとして赤十字救急法競技会に参加するようになって今回で3度目。

救急法競技会への参加は、プールスタッフでチームを作り、毎年のようにしてきたことだが、2010年の二競技8位が最後で最高の思い出。

小学生からシニアまで、同じことを同じ条件で競えるこの競技への参加が毎年増え、そのためかけられる時間やできる内容が少しずつ変わり、競技会への意気込みや覚悟がすこ~し薄れてきたところ。

今年一緒に参加したメンバーは、救急法を夏に取ったばかりのフレッシュ二人と去年の経験者二人。練習のため、週一回の休日に場所を確保するが、皆社会人、それぞれの予定もある。

当日まで全員揃うことはなく、仲間のチームとやりくりして練習してきたが、やり残した事がたくさんあるような気持のまま。

本結びリレー、三角巾リレー、総合実技すべての競技で反省ばかり。

「練習で出来ない事は、間違いなく本番でできない」という、かつての上司の言葉が響く。

でも、仕事でも部活でもない、義務も、背負ってるものもないが、同じ反省をして、次回に臨む仲間がいるという初めての経験。それだけで十分!

と思っていたら、表彰式の最後になってチーム名を呼ばれた。

各競技の上位、各特別賞に納得し、拍手を送ったそのあとだ。

「総合6位」「えっ?」「えっ?」顔を見合わせる私たち。

参加90チームの中の、6位!

一緒に練習してきた仲間のチームも、「壮年の部(平均年齢65歳以上)」で同じく6位。

皆で互いの健闘を喜び、来年の事を考えながらのビール。

来年、といっても、何にも縛られない関係は危うい。

でも、大人になっても、挑戦する場があるっていいな。

同じ目標に向かって努力する仲間にめぐり合わせてくれる赤十字のボランティア活動に感謝し、また一からの気持ち。

明日からまた私は、自分の場所で頑張る。

今日の経験が、ずっと私を応援してくれる!

 

 

 

コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。