重篤副反応6170件→「重大な懸念なし!」オミ株陽性1268人→「感染懸念強まる!」 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"
新型コロナウイルスに関する情報について

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

オミ株陽性者拡大懸念を、予想通り新聞テレビが叫び始めました。

1月4日国内コロナ「第6波懸念強まる」:共同通信

 

一歩先を行く海外の例を見ると、確かに陽性者数は多そう。

デルタ越えしている国もあります。

米国のコロナ感染者1日100万人超え 死者急増はなし

 

コロナ感染、イギリス20万人越:毎日新聞

 

ただ、報告の早かった南アフリカを含めて、死者数の増加につながっておりません。

タダの風邪患者を必死でカウントしている様相です。

 

最新の厚生労働ワクチン副反応検討部会は12月24日。

ここでは、接種当初からの「副反応疑い」の件数が明示されています。

副反応疑いの医療機関からの状況

 

ファイザー・モデルナ・アストラゼネカの重篤な副反応は累計6170件。

こんな「ワクチン」見たことないです。

 

ちなみに。

2018年シーズンのインフルワクチンの重篤件数131件。

薬事日報

 

こんな副反応には反応しない。

リスクベネフィットで接種が正しいとするのが「勇敢」な厚生労働省。

一方で、オミ株拡大懸念を大騒ぎするのも厚生労働省です。

勇者と臆病者が混在する行政さん。

 

このステージこそ、日本国民の大半がおかしいと気づく重要な局面です。

楽しみにしてすごそう!