個人的にうまくいかないと「反会社」になっちゃう病気を退治する。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

会社の嫌なところが見つかった。

合理的に考えるなら、とことん上司と議論して解決するのが正しい。

上司が逃げるなら、そこは自分の居場所じゃない。

転職するのが正しい人生です。

 

ところが、この「議論する」を自分から逃げてしまって、こそこそ会社の悪口を広める。

管理職だったりすると、それは結構影響してしまって、「腐った現場」が出来上がる。

完全に腐ってしまうのにそんなに時間はかからないのだ。

 

腐ってしまっているのは、すぐわかる。

スタッフが目を合わさない。

受け答えがなんだか批判的。

あっという間にいろんな数字に表れてきます。

 

サラリーマン時代、

そういう人って意外にいっぱいいました。

なんでそこの会社にいるのか、本人もわかっておりません。

上手に会社批判して得意になってる感じ。

 

中小企業では、これは許されない。

すぐに芽を摘まないと、大量退職につながる恐れさえある。

解決策は「とことん議論する」以外にありません。

残念ながら、納得いかなければ転職します。

これでもいい。

むしろ、現場全体が腐るのを防ぐほうが優先です。

 

うまくいかないと反会社になる。

よくかかる病気だから、とっとと治療しよう。