強制はできないけど「必死の努力」ができるというのはチャンスなのだ。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

ホワイトな職場でありたいし、そうしています。

ムダな残業もさせない。

これは企業側が整えるべきインフラであって、個人の努力とは別物です。

 

望む結果を得たいなら、ホワイトなオシゴトぶりでは到達できません。

個人的な経験です。強制するものではないです。

ボクは、もう自分でもいやなくらい凡人であることはわかっています。

努力でカバーするしかないのです。

 

素晴らしい思い付き、アイデアも必死の努力の中からしか生まれてきませんでした。

ふわふわしてる時ではなかったのです。

 

ただ、目的地までは絶対にたどり着きます。

この意志だけは捨てませんでした。

今でもそうです。

ここはこだわります。

あきらめない。

 

冷や汗かくくらいに必死だったので、「不動産事業」にたどり着いた。

シェアオフィスという解決策にも。

そして接骨院事業にも。

 

今、所有物件が大きく棄損しています。

災難だけど、諦めてないです。

必死の努力が必要な時というのは、大きなチャンスでもあるのです。

なにがなんでも、「素晴らしい結果」にしてしまいます。

 

これまでは、そうだったのです。

なので、これからも絶対にそう。

 

何度も訪れるピンチが、自分への信頼に変わっていくのを知っている。