「失敗」をトラウマにしちゃうのが一番もったいない~財産は「失敗」から生まれるのだ。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

自社保有のマンション火災を受けて、「やっぱり不動産経営なんてリスクが高すぎる」。

こんな声を頂きます。

素人がやるもんじゃないと。

 

たしかに「自分のマンションが爆発する」なんてのは、投資の採算見るうえで

想定していることではないです。

統計をみると、例えば都市ガスで死亡するケースは、2010年代から1年1名。

ほとんどないと考えていいリスクです。

統計上ほとんどないとはいえ、あるんだからだれかが引き起こす。

 

普通に歩いててクルマにひかれるのを想定して歩いてるかということ。

ほとんど起こらないことだけど、数字としては存在するリスクです。

 

今回、理由は「都市ガス」なのかなんなのかは依然として不明です。

ただ、不幸なことが起こってしまいました。

こんなのはめったに体験することではないのです。

 

だからこそ、この失敗を糧にする。

火災保険の法律上の知識がめっちゃ強化されました。

クレーム処理に必要な法律知識。

税法の観点から、どこまで補償が通用するのかも、理解できました。

 

今後、自分の不動産賃貸経営に大きな力になります。

 

もうこりごりなんて思わない。

むしろ、経営安定の強化になります。

 

今回の騒動で、自社物件全部売却なのか?

ありえないです。

結果的に「よかった」と思ってもらえるように全力で取り組む。

サービスのクオリティを向上させる覚悟があります。

 

仮のこの物件を今売却すると、所有者が変わる。

今の入居者さんはどう思うでしょう。

工事も停滞するでしょう。

ありえないです。

 

別に事業だけじゃない。

人生だって生活だって、人間は失敗ばかりするのです。

そこから学ぶのか。トラウマにして一切近づかないのか。

2択だとしてどっちを選ぶのか。

 

財産は失敗から生まれる。それ以外に発生源はない。這い上がる道のみ存在するのです。