復旧へむけて一週間~応急対応ひとまず終了。すぐ出来そうなこと。時間のかかること。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

あの事故から1週間と1日が経過しました。

 

共用部分の電気がほぼ全開通。「暗い廊下」がなくなりました。

被害の比較的少ないお部屋のテレビとネットの回復が完了。

居住が可能になりましたが、引き続き「エレベーターのない」6階建てマンションです。

 

昨日、捜査関係者の方とお会いしました。

原因特定まで急いでくださっていることと、同時に時間がかかることも分かりました。

引き続き、公表が許されるまで憶測を含めて一切ここには書きません。警察なのか消防なのかも書きません。

 

ここを踏まえてご近所の被害のあった方にご説明を開始。

「時間がかかる、即ちこちらが加害者なのか被害者なのかが不明の状態が続くこと。

大変恐縮なご提案だけど、ご自分の火災保険を使って修復するのが早い。

一日も早い復旧はこちらも同じ気持ち。」

自分の保険で修復しろっていうのは、本当に厚かましい提案なのです。

しかしながら現実を考えるといちばん早い解決策です。

 

ホテルに避難された方々に宿泊代を支払うべく、ポストに説明書きと振込先の記入用紙を投函。

被害長期化する7部屋の方には、マンスリーマンションへの契約を済ませました。

「ご迷惑おかけ料」として取り急ぎ、家賃の減額を予定。

文章を作成して、ポストに投函します。

 

いかにも自分がやったように書いていますが、ほぼ管理会社アースウィンドさんの

全員対応の成果です。こんなの自分一人できません。

感謝しかないし、頼りにせざるをえない。

自分がやっているのは主に即断即決。捜査協力。

 

ここから時間のかかりそうなこととして。

被害が大きく、電気系統が事故現場と同じで電気の通じていないお部屋の復旧(最長3か月)

4階事故現場の撤去・清掃・お部屋として使えるまでの修復(完了時期不明)

特に撤去と清掃は現時点での最優先課題です。4階事故現場はなんというか異臭が漂う。なんの臭いかわかんない。

 

エレベーターの破損部分の撤去と再構築(完了未定)

ここは感情的にも我慢の必要な作業になりそうです。

保守会社で対応不可能。既存メーカーさんも対応不可。

撤去を伴うエレベーター工事なんてできる「エレベーターメーカー」がいないことも判明。

撤去は撤去のプロにお願いし、その上でエレベータメーカーに見てもらうことになりそう。

時間かかりそうです。本当に残念です。今いる入居者さんには足腰を鍛えてもらうと言うしかないのか。。。

 

突如、目まぐるしい1週間でした。

入居者さんにとっても住環境に大きな支障のあった1週間。

眠れなかったと不安をおっしゃる方もいました。無理もないです。

 

今後、このブログで、本件については「進捗があり次第の公開」になります。

全てが正常になるのを心待ちにしているみなさま。

私もその一人です。

どうか心を強くもって。

自分にも言い聞かせています。