東京都のRSウイルスの異常な増加~「自然免疫の獲得機会を失った子供たち」を守る。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"
新型コロナウイルスに関する情報について

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

まだまだコロナ祭りで盛り上がってる日本ですが、小さなお子さん中心に起こってる現象に注意がいります。

東京ではRSウイルスの感染症が例年になく増加しています。

東京都感染症情報センター:RSウイルスの感染状況

画像

 

2歳までに全員がかかる「風邪」のようなもんです。

鼻水めっちゃ出て、熱がでる。自分の子供もちいさいときになんどかそうなってました。

お医者さんに行くと、風邪ひいたみたいだから、安静にと言われるものです。

 

グラフでもわかるように今年はめちゃめちゃ多いのが各医療機関から報告されています。

 

常識的に考えて、この異様な感染症対策。

施設に入るごとにアルコール消毒・外出控え・マスク着用。

これが結局幼児の自然免疫獲得の機会を奪っていると考えられます。

 

毎日コロナはいうけど、こっちのほうが異常です。

東京都感染情報センターは、さらに手洗いっていうけど、これ以上無理。

むしろ、天気のいい日は積極的に外出することです。

幼児にマスクは不要。どころか害悪とも言えます。

 

コロナ含めて、自分の免疫力でのみ感染症に勝てる。

ワクチンは免疫を獲得するために存在するのです。

なるべく自然な状態で過ごすのがいいのという結論になります。

 

日光浴でビタミンDを獲得する。

運動して血液を体中にぐるぐる回す。

罹っちゃったら安静にして免疫力の向上にカラダが全力を出せるように安静にする。

古来からなんにも変わっておりません。

今日も元気に動きまわるべし!