コロナテレビ出演1位の二木芳人氏はファイザーから多額謝礼。他にも。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"
新型コロナウイルスに関する情報について

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.


Newsポストセブンの記事が秀逸でした。

 

ワクチン会社から謝礼を受け取っていた番組コメンテイター医師の実名

 

コロナ出演No.1の昭和大学客員教授の二木さんは、ざっと700万円の謝礼をファイザーから受けておられます。

「お抱え学者」ですね。

 

愛知医科大学の三鴨廣繁教授も出演回数は10位ながら、ファイザーから500万円の謝礼。

 

出演数5位の東京歯科大学の寺島毅教授はアストラゼネカから140万受け取っておられます。

 

コロナに限らずこれが現実です。

お金は大事だから、みなさんも「商売」で動く。

 

テレビは、ボランティアでなく営利を追求する私企業なのです。

煽る人を見つけるには、スポンサーであるファイザーやアストラゼネカさんからお医者さんを紹介

してもらえばいいのです。

台本通りにやってくれます。

 

なんの根拠もないけど、普通の公務員からのし上がった尾身会長がクリーンでいられる確率は

そうとう低いです。

現在は、独立行政法人地域医療機能推進機構の理事長です。

政治家ではないので、政治資金報告しなくていい。

独立行政法人に公務員倫理規定が当てはまる?

例え、厳しい倫理規定をこの独立法人が掲げていたとしても、個人のコンサル会社でもあれば、

余裕でクリアです。

よっぽどの聖人君子でないと務まりません。

相当の誘惑があると考えるのが普通。

 

だって、菅総理でさえファイザーに懇願するわけですよ。ワクチンくださいって。

ファイザーが推す尾身会長って筋書も書けないわけじゃない。

根拠はないけど、その線が怪しいと考えるのが常識です。

 

世のなかの仕組みを理解して快適に過ごしましょう。

製薬会社だけってわけじゃないし。