全力でやって初めて一歩一歩進める。一歩一歩進もうと思ってると停滞してる件。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

2014年5月に初めて土浦に「ほねつぎ」接骨院を始めてそろそろ丸7年。

特に開始の最初の1年は衝撃的な話でいっぱいでした。

地元の業界の警戒感が凄くて、レセプト大量に返却。

採用したと思った人が失踪。

面接をブッチする人。

 

今ではなんともないことですが、当時は「こんな人もいるんだ」ってとても衝撃的だったのです。

貸しビルで実業やってるつもりでしたが、雇用するって断然世界が違う。

 

思い切り学んだこととして、接骨院の商品は「人」。

いい人をしっかり採用するに尽きます。

いい人が殺到するには、ある程度の規模が必要なのだと認識しています。

県下で6院やってる接骨院はないので、この近辺で就職・転職する人はたいてい、うちを訪問するようになりました。

 

やっとです。

採用体制確立まで5年かかっちゃいましたが、なんとか今に至る。

ここまでの道のりはもう必死。

手を抜いた日などありませぬ。

 

人材がある程度集まるようになると、ようやくそこから磨きをかけることができる。

土台ができた感覚。

なんとなく光が見えた→さらに課題を発見→光が見えた→さらに課題を発見。

 

この7年間、全力でやって初めてはたからみて「一歩一歩前進」してるのです。

ぼちぼちやってたら、こんな風にはならないとも思う。

 

本当は一歩一歩じゃなくて、一発解決したいのですよ。

一発解決を目指すと結果、一歩一歩になる感覚。

 

これが世の中だと思って今日も一発解決を目指します(笑。