正義は勝つけど、時間がかかる~あきらめるのが唯一の「不正義」 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"
新型コロナウイルスに関する情報について

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

正義っていうのは、実は人によって違う。

だから「正義」を語ると不寛容になってしまいがちです。

日本人は、それを超えて「和」こそ尊いと考えてきました。

基本的に同調します。

マスクしろっていうならする民族なのです。

自粛してっていうなら、強制的な法律なくてもやれる国。

 

ただ、最近思うにこの「和」の尊重に甘えて、例えばテレビがやりたい放題に思うのです。

発言力が劣ったとはいえ、世のなかのほとんどの人は未だにマスクをする。

これは、自分の感染症予防というより、みんなの迷惑にならないために。

同調する日本人の「優しさ」の発露だと思うんですね。

 

ちなみに、ボクは絶対入館できないスポーツジム以外はマスクをしません。

これは、自分にとっての正義。

数字で判断して、インフルエンザよりも弱毒な感染症に負けてられないから。

 

場所にもよるけど、応援してくれてるような雰囲気のところも増えました。

しょっちゅう行くコンビニでは、「いつもありがとうございます!」って店員さんが言ってくれます。

マスクしてないから顔を覚えてくれてるみたい(笑。

よくいく中華料理屋さんも、マスクなしのボクをニコニコ出迎えてくれます。

先日、思い切って新幹線もマスクなしで乗りました。

特になんにも言われなかったです。

 

日本での新型コロナの脅威は、ほとんどテレビが作ったもの。

これ気づいている人増えてますよね。

実際は、マスクしなくていいって思ってますよね。

 

だったら、マスクしないで出歩きましょう。

勇気を出す絶好のタイミングです。

 

はっきりいって和の精神に付けこんでるだけだと思うのです。

やさしい日本人は、同時に賢い日本人。

 

ボクは全力で「やさしい」つもり。

さあ、マスクしなくても大丈夫だよってアピールして出歩きます。

アンチマスクに同意してれるみなさん!

がんばりましょ~!

あきらめるのが、唯一の「不正義」。