デベロッパー自身も戸惑う~首都圏マンションが続々売れるワケ。 | どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"
新型コロナウイルスに関する情報について

どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ ・ Takashi Goto" the smug face"

貸しビル・接骨院経営を頑張る東京の社長のブログ。世界のみんなをどや顔にします~!
Making many "smug face" from Tokyo.
Sending various message from one President in Tokyo.

昨日は、ちょっとしたご縁でとあるマンションデベロッパーの人をお話ししました。

とても興味深いことに、マンションの売れ行きが意外に好調だという話。

会社でも分析中で理由がよくわからないそうです。

 

検索するとこの記事をみつけました。

 

ここからは推測ですが、「テレワークで今の自宅が意外に狭かったことが分かった」のが大きな理由ではないか。

と考えます。

郊外が人気とかそういう新聞記事も見かけますが、通勤時間を短縮を考える人も多いようで、

意外にも都心のマンションが人気。

このデベロッパーさんは、新築マンションには必ずテレワークの部屋を作るそうです。

コロナみたいな騒ぎはまだあるだろうと考える人は多いとのこと。

 

自宅で仕事して夫婦ケンカしたなんてのも多そう。

「それならマンション買おう」が夫婦の合意になったってのも理解できます。

 

ちなみに。

茨城県に住むうちの会社の従業員の間でもなぜか「持ち家」ブーム。

聞いてる限り、4件の新築戸建てに引っ越し。

これは、同じ理由ではないですが、単にそういう年齢の人が多いってだけだと思います。

 

やっぱり「安定した雇用」って大事だと思う。

雇用が家庭をつくり、新しい生命が生まれる。

このまんま好循環になっていくのを祈る。